アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

... view of Crystal City Internment Camp, Crystal City, Texas, 1944-45

1944-45:TX州クリスタル.シティの強制収容所

連邦捜査局(FBI)はテキサス(TX)州クリスタル.シティの公務員のほぼ全員を賄賂の罪状により先週逮捕した。FBIは同市の市長を含む複数の公職者が個人の利益を肥やすため、都市事業計画の契約を押し進めるビジネスマンを不法に援助し、賄賂を受け取った疑いで逮捕した。クリスタル.シティは第二次世界大戦中、最大規模の強制収容所があった歴史的な都市であるが、現在負債を背負い破産に直面している。汚職と衰退が表面化したこの事件は、不正行為には必ずその原因結果が伴うことを単純明快に示唆している。

米国司法省によると、FBI当局はTX州クリスタル.シティの現職および元公職者の5人および1人 の実業家を都市事業計画の契約に関連した連邦贈収賄罪で4日に逮捕した。起訴された人物は市のマネージャー兼弁護士ウィリアム.ジェームズ.ジョナス54歳、市長リカルド.ロペス40歳、市会議員ロエル.マタ 44歳、および元市会議員のギルバート.ウラバゾ45歳を含む合計6人であり、連邦政府のプログラムを通して、連邦資金$ 10,000の賄賂を受け取っていた。ジョナスは実質的な3 つの連邦政府のプログラムの贈収賄の罪状で、及び他の被告はそれぞれ実質的な連邦プログラムの賄賂罪で逮捕された。クリスタル.シティで計画しているビジネス利益のため、5人の市の役員を賄賂で勧誘し、賄賂を受けた公務員らに対する起訴に関する調査は2015年2月から開始された。5人は市のビジネスの契約を成就するための投票、および他の事務的な援助をすることで、2015年から合計18,000ドル以上の 賄賂を受けていた。

米国弁護士リチャード.ダービンは「このケースは、公正で開かれた政府のプロセスを腐敗する人々を調査し処罰するため、個人的な利益のため自身の公職と国民の信頼を売る政府関係者による腐食の影響を根絶する我々の継続的な公約を表明しています」と述べた。FBI特別捜査官のクリストファー.コムズは、「ほとんどの公務員は彼らが奉仕する地域社会の利益を忠実に促進しているが、今日の逮捕は職権を乱用する公職者は、その責任が問われることを思い起こす強力な機能性がなくてはならない。公職者の汚職は、今日私たちの社会が直面している最も狡猾な犯罪の一つである」と述べた。

この汚職事件に関与した人物は元市会議員1人、現役の市会議員2人、クリスタル.シティの市長、副市長、市のマネージャー兼弁護士である。テキサス省公安刑事捜査課およびテキサス.レンジャー(法務執行官)からの支援を受け、FBIおよびサンアントニオ警察との共同調査により、6人はテキサス州内の異なる場所で異なるスケジュールで逮捕された。有罪判決に基づき、各被告は連邦刑務所で10年までの範囲による服役および$250,000までの罰金が科せられる。ABCニュースによると、先月別の市会議員マルコ.ロッジギューズは軽トラックの後部に3人のメキシコ人不法移民を密入国させた罪状で逮捕されていた。クリスタル.シティは約7,100の人口で、米国とメキシコ国境から約50マイルに位置し、ポパイの漫画で馴染みのほうれん草の生産地である。美人コンテストとほうれん草の祭は毎年、数万人の人々が訪れる。同市はここ数カ月間、市議会での混乱と公的資金不正使用の申し立て関連のニュースに晒されていた。また、市は約200万ドルの未払いの請求書が蓄積し、破産に直面していた。

クリスタル.シティはテキサス州のザバラ郡に位置し、農家および牧場主が移住した農業地である。第二次世界大戦中、日系アメリカ人及びドイツ系米国市民が在住した最大の強制収容所の本拠地でもある。テキサス歴史委員会によると収容所の人口は1944年12月末までに約3,300人に達した。現在その市は破産に直面し、多数の公職者が汚職で逮捕されている。個人の私欲を肥やすため、小額の賄賂を受けたことで、それ以上の罰金と刑務所服役に直面した彼等は、その不正行為の罪から逃れることはできない現実に直面している。FBI特別捜査官コムズは、「政治家は腐敗し、選ばれた公職者にアクセスするための支払いが出来ない市民のニーズに政府は貢献していないと感じている一般市民から見ると皮肉なことです」と述べている。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。