アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

2月9 日 マンチェスター、NHの投票場近辺

今日、ニューハンプシャー(NH)で予備選が行なわれている。一部の地域では降雪模様であるが、投票参加率は記録的に高いと言われている。共和党候補者ではドナルド.トランプが勝利し、民主党候補者ではバーニー.サンダースの勝利が予測されている。しかし、投票当日も40%以上の有権者は誰に投票するか未定である。NHは経済的および政治的に貢献している移民人口が増えている州であり、 同州の市民は移民問題に強い関心を持っている為、全ての共和党候補者は彼らの移民政策について質問を受ける機会が多かったと言われている。移民に影響を受けている有権者は、同州で最近キャンペーンを実施したマルコ.ルビオに不法移民の問題について語った。

2010年の国勢調査によると、小さな州であるNHの人口は約133万人、そのうち 93.9%は白人で構成されているが、移民に影響を受けている人が多い。アメリカ移民協議会によると、ラテン系およびアジア系移民は同州の経済と有権者の増大に貢献している。外国生まれの移民は5.7%を構成し、その50%以上は帰化している為、投票する資格がある。新しいアメリカ人である移民と移民の子供達は同州で投票登録有権者の5.7%を占めている。しかも、移民は労働者として州の経済に貢献しているだけでなく、税収や消費者の購買力は数十億ドルを占めている。外国生まれのラテン系及びアジア人消費者の購買力は$26億であり、彼等は企業の9.23億ドルの売上に貢献し、同州のビジネスは約6,000人のラテン系及びアジア人を雇用している。彼等はNHの「経済と税の一体」であり「全ての政治家が依存する選挙力」になっている。

従って、同州では移民改革は避けられない問題であるが、白人が圧倒的に多いこの州では不法移民が最大の懸念になっている。同州はテキサス州西部のエル.パソ郡から 2,000マイル(3,200Km)以上離れた所に位置している為、特に国境の安全性を強調する人達が多い。2011年の推定によると、NHには約15,000の不法移民が滞在している。この数値は人口の多いカリフォルニアおよびテキサス州に比較するとかなり少ないが、移民問題は同州にとって重大な課題である。トランプはメキシコとテキサス間の国境に巨大な長い壁を建設し、全ての不法移民を強制送還すると述べている。しかし、多数のNHの有権者はもっと中身のある政策を求めている。

彼等の懸念は、国土の安全性及び経済の問題を合わせて「根本的に公正なケース」として不法移民問題を懸念している。インタービューに応じた同州ブルックラインの有権者は「NHの人達は反移民だと思われているが、私達はそうではなりません」と 語った。ボブ.ベランジャー57歳は、彼の祖父はカナダ、祖母はアイルランドからの移民であり、先祖伝来の移民家族の遺産を誇りに思っていると語った。彼は、経済的観点から個人的に移民に影響を受けていると述べ、「不法に労働している移民は賃金および他の受益を引き下げる」と信じている。従って、不法移民が米国の何処で暮らしていようと「我々はグローバル経済」で生きている為「私に影響を与える」と 語った。ベランジャーを含むNHの多くの有権者は、壁を建設することや強制送還することより、もっと実体のある解決を求めている。彼は先週、ルビオとも移民問題を語り、国境を安全にする前に1,100万人の不法移民に市民権の道を与えることに反対していると伝え「議会は国境を安全にすることはありません」と述べた。

9日予備選の投票が行なわれている投票場を含め、NHの各地にヒラリー.クリントンやトランプ、ベン.カーソン、ジョン.ケイシックなどの姿が見られた。昨日まで同州のキャンペーンで、 全ての大統領候補者、特に共和党候補者はタウンホールの集会で国境の安全性および移民改革についての質問を受けた。各地で候補者を待っていたのは支持者だけではなく、移民および難民支持団体、特別な問題に関心を抱くロビー活動家、その他の活動組織の主催者などが混在している場合もある。従って、時には厳しい質問に直面する場面もあるようだ。

今日の予備選で、サーダースは大幅にクリントンに対して楽勝する可能性がある。投票分析者ネイト.シルバーのFiveThirtyEightはNHでの予備選でサンダースが99%の確率で勝利すると予測している。また、9日の同サイトは 「おそらくトランプ が勝利する」と予測し「トランプはまだ長期的な問題を抱えている。私たちは彼がNH州の 30%以下の投票を受けると予測している。それは勝利するには十分であるかもしれない」と述べている。しかし、2012年の大統領選では約50%のNH州民は無党派であり、彼等はぎりぎりまで誰に投票するか決めていなかった。投票日の9日もまだ同州44%の有権者は誰に指名投票するか決めていないと言われている。無党派を含め、突然気が変わるか又は当日に決定する人達が予備選の鍵を握っているようである。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。