アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

9日に行なわれたニューハンプシャー(NH)の予備選の結果は、ほぼ全ての調査機関が予測した通り、ドナルド.トランプとバーニー.サンダースが圧倒的な勝利を果たした。オハイオ州知事ジョン.ケイシックはテッド.クルーズ、ジェブ.ブッシュ、マルコ.ルビオをリードし、2位の勝利を獲得した。顕著な勝利者はケイシックであり、最大の敗北者はヒラリー.クリントンとルビオであるが、それぞれ幾つかの特徴及びユニークな原因がある。今後他の州で開催される予備選は、州別の人口動態的および党派的な違いがあるため、NHの結果は今後の予備選の状況を反映しないことはほぼ確実である。

今朝判明した最終的なNH予備選の結果は下記の通りである。

民主党候補者 投票数 投票率
サンダース 146,680 60.1 %
クリントン 93,131 38.2 %
共和党候補者
トランプ 98,589 35.4 %
ケイシック 43,878 15.7 %
クルーズ 32,639 11.7 %
ブッシュ 30,681 11.0 %
ルビオ 29,292 10.5 %

NHの予備選の結果は、この州の有権者に多様性があることを示唆している。伝統や主流派をさほど重視せず、政治的経験のない億万長者のトランプ及び歴史上稀な民主社会主義者のサンダースを選んだ。トランプが圧倒的な勝利を収めた理由は約35%の無党派の有権者が彼を支持した為である。また、有権者は経済的向上を最も重視したことを示唆した。トランプ及びサンダースはそれぞれ異なる税政策を掲げているが、両氏はキャンペーンで所得格差があることを アピールした。また、アイオワでの予備選ではわずか2%でほぼ底辺であった穏健派のケイシックはNHで急速に台頭し、2位の大勝利を獲得した。彼は討論会およびキャンペーンで中産階級の向上を頻繁に力説し、オハイオ州の予算調整に成功した経験を強調し、国の経済を向上させると公約していた。ケイシックの目立った利点は、殆どライバルを攻撃せず、課題に集中した事である。

クリントンはNHで顕著な敗北を味わった。圧倒的に中産階級の白人が多く、無党派が多かったこの州で、ウォール街富裕者のイメージを植え付けられたクリントンには打撃があったことを示唆している。また、クリントンの弱点は若い女性の支持率を失った事である。予備選前のキャンペーンでの多大な失敗は、クリントンのキャンペーンで彼女を援助した元国務長官(1997年—2001年)78歳のマデレーン.オルブライトのスピーチに問題があった可能性を指摘されている。オルブライトは6日、NHコンコードでの応援スピーチで、男女平等の戦いは終っていない事を語り、「女性同士でお互いに助け合わない女性は地獄で特別な場所があります」と語った。インタビューに応じた幾人かの女性はこれを否定的に解釈し、女性が女性の候補者に投票しなくてはならないことを強調したスピーチは、政策とは無関係で性差別的であると批判した。若い女性にアピールする為には、候補者を選択する権利は彼女達にあることを強調するべきであったが、この失敗はクリントンにとって大きな教訓になったようである。

また、ルビオの壊滅的な敗北の要因は、NHのマンチェスターで6日に開催された予備選前の最後の討論会で対応につまずいた事である。彼は、それぞれ異なる論争で関連性の無い脈絡に同じ台詞を3回繰り返した。ルビオはその夜の討論会のある時点で「バラク.オバマは彼が何をやっているのか分かっていないと言われるが、彼は彼が何をやっているかまさに分かっている」とロボットが話しているように3回繰り返した。その結果、彼はスピーチの幾つかのトーキング.ポイントを暗記している印象を与えた為、実際は論議する中身がないと批判された。それ以来、かれは「ロボット」と呼ばれるようになった。投票前の同州一部の地域で、ルビオのライバル活動家は「ロボット.ルビオ」のサインを掲げて彼に抗議した。ルビオは昨日「同じ間違いを繰り返さない」と後悔の念を表明したが、投票結果はそれが手遅れであった事を示唆した。

NHの投票結果はともかく、今後開催される別の州の予備選は人口動態的および党派的に条件が異なる。2月20日はネバダ州で民主党、サウス.キャロライナ(SC)で共和党の予備選が行なわれるが、23日にはネバダで共和党、27日にはSCで民主党の予備選が開催される。ネバダ州ラスベガスは不法移民が多い州であり、クリントンは彼らの市民権を最も強く支持している。ヒスパニック系の有権者は、オバマ大統領の移民法を維持する民主党候補者に投票する可能性が高い。更に、ヒラリーはこの州で2008年大統領選の予備選で勝利し、昨年同州でのキャンペーンをサンダースより早く開始している強みもあるため、彼女はこの州で勝利すると予測されている。NHでのトランプとサンダースの圧倒的勝利を正確に予測したFiveThirtyEightの10日の報告によると、ネバダでの世論調査の平均はクリントン50.3%、サンダース28.1%である。

SC州は黒人が多く、一般的に保守派州である。従って、同州の一部有権者はオバマケア下でメディケイドを拡大し、不法移民に合法的地位を公約している穏健派のケイシックを支持しない可能性がある。彼は同州の米軍基地の閉鎖を主張しているが、同州の人達は米軍基地の強化を支持している。そのような党派的観点からケイシックがここでも2位の地位を維持するかどうか疑問である。サンダースは、クリントンほど黒人地域社会での支持を確保していない点で、SCはNHに比較して人口動態的に異なる。 27日SCで予定されている民主党予備選はクリントンが95%の確率(サンダース5%)で勝利すると予測されている。同州で共和党候補者が勝利する確率はトランプ55%、ルビオ22%、クルーズ15%である。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。