アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

20日にはネバダ州およびサウス.キャロライナ(SC)州で予備選が行なわれる。先週ネバダ州でのキャンペーンを開始したヒラリー.クリントン及び民主社会主義者のバーニー.サンダースは同州多数の住民は抵当流れで移転した為、有権者のデーターが更新されていない不都合を発見した。ネバダ州は過去40年間で著しい人口動態的変化があり、ヒスパニック人口が圧倒的に増加した。いずれの州も両氏の勝利の鍵は少数派が握っている。一方、13日SC州で開催された共和党討論会は最悪の個人攻撃が顕著であり、トランプは前大統領ジョージ.Wブッシュの外交政策を痛烈に批判した。共和党側で目立っている動きは、そのブッシュ前大統領が14日から弟ジェブ.ブッシュのキャンペーンに支援参加している事である。

MSNBCによると、SCには24歳までの若い有権者が約230,000人いる。SCは保守派州であるため、特に若い世代の共和党支持傾向は一定していない。PBSのインタビューに応じた20代前半の学生は、誰に投票するかと聞かれ、ほぼ同じような率でジェブ.ブッシュ、マルコ.ルビオ、テッド.クルーズと答えた。ヒラリーおよびサンダースはいずれも黒人を含む少数派有権者の支持を得ることを目指している。14日、両氏はラスベガスのバプティスト教会での会合に参加し、サンダースはトップ1%の富裕層に課税し、黒人が頻繁に警察のターゲットになっている現状を意識し、司法システムの改革について語った。クリントンは金融および政治改革を達成しても人種問題は自動的に解決しないと語り、仕事、住宅、教育などの向上を強調した。

20日に民主党の予備選が開催されるネバダ州は約290万の人口であり、ラスベガスの娯楽と観光で経済は成り立っている。クリントンおよびサンダースは、抵当流れで家を失った同州の有権者に連絡することが困難な状況に直面している。2007年の金融危機で住宅ローンの支払いが不可能になり、大多数の人口層は家を手放し、アパートや賃貸住宅に移動した。有権者のデーターは大統領選の年に更新される予備選の投票登録の記録に基づいているため、前回のデーター更新は4年前である。従って、2012年後に住所が変わった有権者の電話番号や住所などのデーターは更新されていない為、この州の主なキャンペーンの問題であると指摘された。民主党全国委員会および民主党選挙キャンペーン組織は、オンラインを通して支持登録した有権者または支持者のEメール.アドレスを自動的に記録し、頻繁に寄付の要請、メンバーシップの更新、投票参加を促進している。サブプライム.ローンの犠牲者は少数派に多いため、特にネバダ州では抵当流れに直面した有権者は民主党支持者に多い可能性が高い。

9日のニューハンプシャーの予備選では18歳から29歳の投票率はサンダース83%、クリントン17%で、圧倒的に若い世代はサンダースを支持した。クリントンにとって、今後の予備選で若い世代の投票を獲得できるかどうかは一つの挑戦であるが、ほぼ全ての州でヒスパニック系はオバマ大統領の移民法を保持するクリントンを支持している。特にネバダ州ではクリントンに明らかな利点がある。同州で最も人口が多い少数派人種はヒスパニックであり、特にラスベガスは30%以上がヒスパニックである。ヒスパニックはネバダ州全体の25%を占め、黒人およびアジア系を含む少数派人口は過去40年間で大幅に増加した。同州の 1970年と2010年を比較した場合、ネバダ州は驚くべき人口動態的変化がある。

白人 黒人 アジア系 ヒスパニック
1970 92% 6% 1%以下 6%以下
2010 66% 8% 7%以上 約27%

一方、13日 SC州グリーンヴィルで開催された共和党討論会で、共和党候補者6人中3人はライバル同士の次元を超えて、露骨な個人攻撃を展開した。その個人攻撃はトランプ対クルーズおよびトランプ対ブッシュ間で顕著であった。クルーズはトランプのほとんどの政策はリベラルだと主張し、連邦政府の中絶機関であるプランズ.ペーレンフッズも支持したと攻撃した。延々とトランプを批判しているクルーズを遮り、トランプは「クルーズは嘘つきだ。恐らくジェブ.ブッシュよりもっと嘘つきだ」と反撃した。次に、トランプは「イラクには大量破壊兵器はなかったが、ジョージW.ブッシュが開始したイラク戦争は間違っていた」と指摘した。これに対し、ブッシュはトランプが自身の名声を築いている時「兄はアメリカを安全にした」と反論した。トランプは「ブッシュは米国を安全にしなかった」と反撃した。ブッシュは、彼個人への攻撃は構わないが、家族を責めることは止めてほしと感情的に反発した。沈黙を続けていたジョン.ケイシックは「これは気違いじみています。全く狂気的です」と失望を表明した。

その後、クルーズはキャンペーン先で「私は世界で最悪の人間であると言われています」と嫌悪を示唆する発言をした。トランプは、クルーズが予備選の宣伝広告に利用しているトランプに関する嘘のプロパガンダを撤回しない限り、クルーズを告訴する予定であると語っている。ブッシュは、彼自身がトランプのターゲットにされていると公的に語り、16日CBSでのインタビューで「彼は操作のマスターだと思います。彼が私を常に攻撃することはある段階で面白いですが、私は彼の主なターゲットです。皆によると私の世論調査は貧弱ですが、なぜ攻撃するのですか?彼はどうして毎回、毎日私を責めているのですか? 彼は私を恐れています。私は彼に立ち向かう唯一の男だからです」と語った。

共和党候補者間の個人攻撃は益々エスカレートしているが、これは「GOP(共和党)戦争」と呼ばれている。13日の討論会でイラク戦争を提起したトランプは引き続きブッシュ兄弟を攻撃している。トランプは「イラク戦争が中東を不安定にした」為、ISIS台頭の要因になったと語り、「サダム.フセインは悪い男である。ひとつだけ言えることは、彼はテロリストを殺した」が、フセインのいない現在「イラクはテロリズムの温床である」と述べている。イラク戦争は失敗であったと一般的に認識されていたが、その事がほとんど忘れられていた現在、突然ジェブのキャンペーンに現れたブッシュ前大統領がどのような活性力になるのか疑問である。ジェブは昨年6月15日大統領選の立候補を宣言した時、彼のキャンペーンのロゴには意図的にブッシュの家族名を削除し、兄のジョージとは異なるイメージでアピールする為「ジェブ」を強調するキャンペーンを開始した。前大統領ブッシュはSCの予備選で80%以上を獲得したと言われている為、同州ではジェブのキャンペーンに参加しやすい雰囲気はあるが、今後もイラク戦争の政策を批判するトランプの攻撃を誘発しやすい要因になる。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。