アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

通常のシュガーに比較して、人工甘味料はカロリーがない為ダイエットとして後半に利用されている。最近はシュガー.フリーのラベルで識別された様々な人口甘味料代用食品が市場に出回っている。しかし、人工甘味料の長期的使用は体重増加の要因になるか又はメタボリック.シンドロームに貢献するかどうかの疑問が提起されている。この疑問に関して明確に答えることが可能な科学者はまだ存在しない。しかし、適度という概念がある通り、人工甘味料を長期的に多量消費し続けることには健康上影響があることを示唆する幾つかの研究が報告されている。

メタボリック.シンドロームとは腹部肥満、高血圧、空腹時の高血糖、高血中トリグリセリド、低HDLコレステロール.レベルの5つの病状のうち、少なくとも3つの集合体に言及する。メタボリック.シンドロームは米国成人の推定35%が罹患している心血管疾患および糖尿病のリスクと関連性があると言われている。その傾向は加齢とともに増加するが、メタボリック.シンドロームの医学的原因については研究段階である。

19日のニューヨーク.タイムスによると、人工甘味料の一時的または短期的な使用で体重が増加することはないが、良く企画された幾つかの試験によると、手当たり次第に分類されたグループの中で、人工甘味料入りドリンクを飲んだ参加者は、砂糖入りの飲み物を割り当てられた参加者に比較してほとんど体重増加は見られなかった。しかし、大規模な集団研究では、人工甘味料の頻繁な消費は予期しない体重増加につながることを示唆する実験結果が報告された。45歳から84歳までの6,814人のアメリカ人を対象に、少なくとも5年間の追跡調査による大規模な研究で、少なくとも1日1回ダイエット.ソーダを飲んだ人は、体重が増加したかどうかに関係なく、消費しなかった人より67%も2型糖尿病の発症の危険に晒され、36%は心臓病、脳卒中や糖尿病の前兆であることを示唆するメタボリック症候群の多大なリスクがあることが判明した。

テキサス州サンアントニオの数千人の住民を対象にした10年間の別の大規模な研究で、1週間に21回以上ダイエット.ドリンクを飲んだ人たちは、過剰な体重又は肥満になる危険性は2倍あったことが判明した。これらの大規模な観察試験は因果関係を証明していないが、体重が増えている人々はダイエット.ソーダを沢山飲んでいる可能性が最も高いかもしれないという事実を反映していると述べている。ピッツバーグ大学の教授で人工甘味料アスパルテームの製造会社味の素から支払いを受けているコンサルタントのジョン.フェルンストレーム博士は非栄養性甘味料に関する証拠を検討し、それらをメタボリック問題に結びつける証拠は「説得力がありません」と結論を下した。

しかし、他の科学者はもっと多くの研究が必要であると述べ、注意を促している。彼らは、非栄養性甘味料は腸内細菌を乱すことにより、ネズミにおける血糖に対する反応を変化させることを示している動物実験がある事を指摘している。他の科学者は、人工甘味料は消化器系全体の甘味受容体を刺激、または空腹と満腹を制御するホルモンや神経行動経路を破壊することで、血糖値を調節する身体能力を破壊する可能性があると推測している。ワシントン大学医学部の人間栄養センターの助教授ヤニナ. ペピーノは、ダイエット.ソーダは一日中飲んでいるようなものではないと指摘し「非栄養性甘味料は適度に使用する必要がある」と語った。

ダイエット.ソーダ に限らず、フルーツ.ジュース、アイス.クリーム、ヨーグルト、ゼリー、焼き菓子、ケーキ、チューインガムなど、人工甘味料が含まれる多数の食品が近年市場に出回っている。従って、「シュガー.フリー」のラベル製品に含まれる甘みの成分は何であるかを知ることで、長期的および多量の人工甘味料を摂取することを避けることが可能である。例えば、ペプシのダイエット.コークにはスクラロース及びアセスルファム.カリウム(ACE-K)の2種類の人工甘味料がふくまれているが、ACE-Kの甘味度はスクラロースの200倍高いことで知られている。FDAは特定の人工甘味料に含まれる成分が代謝困難である特定の個人に制限を促している為、特に高甘味度甘味料の安全性については意識する必要がありそうである。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。