アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

6 日にはメイン州で民主党の予備選、8日にはミシガン、ミシシッピー、アイダホ、ハワイの4州で共和党の予備選及びミシガン、ミシシッピーの2州で民主党の予備選が行なわれた。ドナルド.トランプは3州で大勝利し、バーニー.サンダースはミシガン州で予想外の勝利を果たした。ミシシッピーではヒラリー.クリントンが圧倒的な投票差でサンダースをリードした。これまでの予備選結果は、共和党の過激風潮は阻止不可能であることを示唆している。

民主党の予備選結果

候補者名 サンダース クリントン
州名 投票数 投票率   投票数 投票率
メイン  2,231 64.3    1,232 35.5%
ミシガン  595,073 49.8    576,723 48.1%
ミシシッピー   36,284 16.5%    182,282 82.6

共和党の予備選結果

トランプ クルーズ ルビオ ケイシック
投票数 投票率 投票数 投票率 投票数 投票率 投票数 投票率
MI 483,487 36.5 329,855 24.9% 123,646 9.3% 321,577 24.3%
MS 191,216 47.3 146,543 36.3%  20,691 5.1%  35,717 18.8%
ID  62,478 28.1% 100,942 45.4  35,347 15.9%  16,517 7.4%
HI   5,677 42.4   4,379 32.7%   1,759 13.1%   1,413 10.6%

MI(ミシガン)、MS(ミシシッピー)、ID(アイダホ)、HI(ハワイ)

クルーズが勝利したアイダホを除きト ランプはミシガン、ミシシッピー、ハワイの3州で大勝利した。主流派による反トランプ運動は効力がないことを明白にしている。民主党寄りで白人中産階級の労働者が多いミシガン州の共和党有権者はトランプの中国に対する貿易政策、移民法などトランプを支持している可能性が高いと言われている。マルコ.ルビオとジョン.ケイシックはそれぞれ3位を競ったが、両氏はいずれも2州で3位を留めた。今回も引き続き主流派は敗北している。

民主党候補者の場合、ミシガンでの予備選はクリントンとサンダースが接戦に直面した。幾つかの世論調査でクリントンは平均15%から20%の範囲でリードしていた為、同州でのサンダースの勝利は予想外であった。サンダースは昨夜、米国のあらゆる部分で彼のキャンペーンは強いことを意味すると述べ、「もっと強い地域での勝利は終っていない」と自信を表明した。両氏は、前代未聞の水汚染に直面している同州フリント市を訪問し、討論会では危機の対応がお粗末であった共和党知事リック.スナイダーの辞職を主張した。一方、黒人の多いミシシッピー州ではクリントンが圧倒的票差でサーダースをリードした。白人労働者の人口層が多い州の民主党有権者はサンダース寄りであり、黒人および少数派人種の多い州ではクリントン寄りである。クリントンとサンダースは、今後も人種の特徴が明白な州で同様のパターンを続ける可能性がある。

15日のスーパー.チューズデイには、ルビオの出身州であるフロリダおよびケイシックの州であるオハイオを含む他複数の州で予備選が行なわれる。この二つの州は勝利者が全ての代議員数を獲得するシステムを採用しているため、両氏にとっては最も重要な戦いである。両氏がいずれも自州で敗北した場合、主流派の大統領候補者の戦いは終ったことを意味する。しかし既に、共和党の過激傾向を停止することは不可能であり、主流派はその勢いを止めることに苦戦していることを示唆している。恐らく、不法移民に反対し、イスラム教徒に抵抗のある一部の共和党有権者はトランプおよびクルーズを支持している可能性が高い。今年の大統領選は初めて、極右派の波が台頭しているが、その一因は長い間移民改革を含む多数の重要な問題を放棄した 議会にも責任がある。

共和党全国委員会(RNC)はトランプの言動は法外であり党を分裂させているとして、トランプが1,237の代議員を獲得しないことを望んでいる。しかし、RNCは2012年以降、予備選規則を変更している為、実際にはフロント.ランナーを援助する結果になっていると言われている。いずれにしても、一般的国民は国土安全保障の経験も知識もないトランプが大統領になることを願っていない。過去および最近の世論調査は過半数の共和党はトランプの指名に反対していることを示唆している。また、大半の上院議員および一般的国民は憲法の原理に反し政府閉鎖を先導した過激で野心的なクルーズを支持していない。限度は異なるものの、両氏は多数の側面で過激性を代表している異例のタイプの大統領候補者であり、極端なキャンペーンのフロント.ランナーである。一方、一部の共和党有権者は明らかにトランプの無遠慮で非正統的なアピールに魅了され、クルーズの強固な極右政策に刺激されている。これまでの予備選結果は、反トランプ運動がほぼ無力であり、共和党一部に見られる過激風潮を阻止することもほぼ不可能であることを示唆している。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。