アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

By ABC News

2016年大統領選の共和党候補者は前代未聞のほぼ最悪のキャンペーンを展開している。特に、昨年からドナルド.トランプの集会で暴力行為が目立ち、今年も数回発生している。平和的な抗議者は地元の警察官およびセキュリティ.チームに保護されるべきであるが、トランプは暴力を公式に容認している可能性がある。トランプの支持者は圧倒的に白人であり、彼の集会に平和的に参加している抗議者はほとんど黒人およびヒスパニック系である。最近、記者がトランプのキャンペーン.マネージャーを告訴したケースを含め、トランプの集会に注目しているCNNはトランプの発言が暴力を煽動していると指摘した。

一般的に集会の参加者は、その候補者の熱烈な支持者であるが、一部は猛烈に反対する抗議者が参加することも頻繁にある為、会場では候補者が不快になる怒号が飛ぶことがある。 候補者のスピーチを極端に妨害するような事態が発生した場合、その当事者は丁寧に退去を求められ、警察官または警備員にエスコートされて退場させられるが、通常サインを掲げているだけの抗議者を追放することはあまりない。しかし、トランプの集会は平和的に参加している抗議グループ、特に黒人集団を追い出しているためその民主性と常識を超えている。先週、ケンタッキー州ルイビルでのトランプの集会でトランプに反対するサインを掲げていたルイビル大学の若い黒人女性は「左翼のくず」と呼ばれ、警備員と思われる数人の白人男性に会場から強引に追放された。複数のトランプ支持者は彼女を取り巻き、侮辱的な叫び声をあげたが、白人の男性達はその騒ぎを制止する努力をしなかった。

元フォックス.ニュースの記者でヒスパニック系アメリカ人のミッシェル.フィールドは8日夜フロリダで行なわれたトランプの記者会見後、トランプのマネージャーに乱暴に扱われたと苦情を公表した。彼女のボーイフレンドは、キャンペーン.マネージャーのコーリー.レヴァンドフスキーを「刺客」と呼び、事件に関する非難をソーシャル.メディアに投稿した。また、彼女は痣になるほど乱暴に腕を掴まれたとして、ツイッターにその痣のある腕の写真を公開した。フィールドはフロリダ州ジュピターでレヴァンドフスキーに対して刑事訴状を提出したことを11日報告した。トランプのキャンペーンは彼女を攻撃した事実を否定し、被害者および目撃者が何を証言してもトランプには関係ないと主張している。

ノース.キャロライナ州フェイエットビルで9日に開催されたトランプの集会に参加していた複数の抗議者は会場からの立ち退きを命じられた。列を作って階段上にある出口に向かっていた集団の中の黒人男性は通路で待っていた高齢者の白人男性にいきなり顔を殴られた。複数の白人警察官は通路前後に他の抗議者をはさんで、殴られた男性にかなり近い距離から抗議者達をエスコートしていた。複数の警察官は暴力をふるった加害者を制止する様子はなく、被害者を狭い通路の床に倒し、彼を取り押さえた。この瞬間を一部始終録画したビデオは昨日公開された。殴った男性は「次回、彼を見たら我々は彼を殺さなくてはならないかもしれない」と更にショッキングな暴力的発言をした。

殴られたラキーム.ジョーンズは10日複数のメディアのインタビューを受け、友人とトランプの集会に参加し、トランプが演台で語り始めた数分後「偏屈者」と叫んだ為、その後すぐ彼と友人および他の抗議者は複数の警察官から出口に連れ出された。その時、出口近くで二人を待ち伏せしていた白人男性に殴られた経緯を語った。暴力の証拠を暴露したビデオは加害者の 逮捕を促進した。11日の CBS5ローカル.ニュースによると、カンバーランド郡保安当局は、ノース.キャロライナ州リンデンに住む78歳のジョン.フランクリン.マグロー(写真 )が共和党大統領候補のフロント.ランナーであるトランプのフェイエットビルでの集会後に「暴行や無秩序な行為」による罪状で10日起訴されたと報告した。集会での様々な抗議はトランプに限らず、ヒラリー.クリントン、およびテッド.クルーズなどほぼ全員が多少なりとも経験している。日常茶飯事になっている集会での抗議運動で、候補者の熱烈な支持者が抗議者を殴るような事件はほとんど発生しない。CNNの人気キャスターであるジェイク.タッパーは、最近トランプの集会で暴力が何回か発生していることを数回提起した。また、トランプ自身が駆り立てていると指摘しその煽動的な言動について追求した。

昨夜CNNの主催によりフロリダ州のマイアミ大学で開催された共和党候補者の討論会で、タッパーはトランプが暴力行為を「駆り立てるような言葉のトーンがある」からではないかと質問した。トランプは、支持者は非常に情熱的でありこの国を愛しているので、今米国で起きていることを「信じられないくらい怒っている 」と語り、「私は絶対に全てを容赦していません、ジェイク」と答えた。タッパーはこれに対して、トランプが暴力を奨励していることを示唆する彼の発言を引用した。例えば、2月23日抗議者についてトランプは「私は彼の顔を殴りたいと思います」と言ったことがあると指摘した。2月27日には「古き良き時代には、彼らは非常に速く彼を席から引き離した」と語ったと伝えた。さらに、2月1日「 殴りたかったら殴ればいい。本気ですか?いいでしょう。法的費用は私が支払うと約束します」と言ったと追求し、トランプは事実そのような暴力を擁護していることを示唆した。

昨夜の討論会でタッパーはトランプの過去の言葉を多数引用したが、トランプは彼個人の警備員ではないと語り、平和的に参加している抗議者を「警察と衝突する悪い人達である」と主張した。また、トランプは9日の集会後に逮捕されたマグローとは関係ないという態度であり、法的費用を支払う様子はない。昨年秋からトランプの集会では支持者と抗議者との間で何らかの衝突が続いている。特に移民団体の抗議は混沌たるキャンペーンの様子を頻繁に描写した。選挙キャンペーンに慣れていないトランプは、度々直面する抗議活動に厭けをさし、タッパーが指摘した通り意図的に彼の支持者の暴力を奨励している印象を受ける。他の候補者のタウン.ホール集会でも妨害はあるが、暴力に発展した事はない。恐らく、今回の大統領選でもっとも抗議運動に直面している候補者は不法移民の強制送還およびイスラム教徒の入国禁止を提案しているトランプである。驚異的なニュースを連続的に報道しているメディアはトランプに人種差別および暴力的気質があり、彼に共鳴する一部の支持者も同様の資質を備えていることを暗示している。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。