アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

22日はアリゾナ、ユタ、及びアイダホで民主党、アイダホを除く2州で共和党の予備選が行なわれた。ヒラリー.クリントン及びドナルド.トランプはアリゾナ州で大勝利し、バーニー.サンダースはアリゾナを除く2州でクリントンに圧勝した。また、テッド.クルーズはモルモン教徒が圧倒的に多いユタ州で圧勝したが、ジョン.ケイシックは同州でトランプより幾分投票率は多かった。昨日の投票結果は何を示唆している?

アリゾナ ユタ アイダホ
民主党 票数/投票率 票数/投票率 票数/投票率
クリントン 234,713 57.8 % 12,993   19.8 % 5,065     21.2 %
サンダース 161,720 39.8 % 52,185   79.7 % 18,640   78.0 %
共和党
トランプ 248,383 47.1 % 23,984   14.0 %
クルーズ 130,762 24.8 % 118,904 69.2 %
ケイシック 52,679   10.0 % 29,015   16.9 %

*アイダホでの共和党予備選は3月8日に実施された。

アリゾナでのクリントン及びトランプの勝利は予測通りである。アリゾナは強固な反不法移民政策を掲げている州である為、不法移民を強制送還する政策を掲げるトランプは共和党有権者に支持され、市民権の道を開く包括的移民法を掲げるクリントンは民主党有権者に支持されたことを示唆した。共和党全国大会での指名プロセスを考慮しない場合、トランプは大統領候補の指名を獲得する可能性が最も高い点で、総体的に大きな変化はない。予備選での代議員数獲得が重要であるなら、トランプは指名に必要な1,237に対して約500不足しているだけである。クリントンは2,383に対して約700不足し、サンダースは約1,450不足している。その観点から、今回の予備選の3州で最も重要な州はアリゾナである。この州は共和党にとって勝利者が全ての代議員数を獲得するシステムになっている為、トランプは重要な州で勝利した。また、ユタおよびアイダホには多数の代議員は存在しない為、アリゾナで勝利し、この2州でサンダースにリードされたクリントンは多大なダメージを受けていない。

トランプはユタ州で最も投票結果が悪かった。ユタ州の市民60%以上は未日聖徒イエス.キリスト教会、つまりモルモン教会に属する圧倒的にモルモン教徒が多い州である。3 月 3日から反トランプ運動を展開しているマサチューセッツ州の元知事ミット.ロムニーは有名なモルモン教徒である。彼は同州の有権者にテッド.クルーズに投票することを促す運動を展開した。ロムニーは15日の予備選前にはオハイオ州でケイシックを援助し、数日前クルーズに投票すると公表したが、特定の候補者に対する公式支持を表明していない。また、同州ではロ ムニーに協力したと思われる幾人かのグループによる反トランプ運動が展開された。共和党3人の候補者に対するユタ州での投票結果は、トランプを阻止するロムニーの努力の成果があったことを強く示唆した。クルーズはユタで大勝利し、先月キャンペーンを辞退したフロリダ州の元知事ジェブ.ブッシュに23日公式支持を受けた為、指名獲得の望みを抱いているが、トランプに追いつくには時間的に余裕がない現状である。

ユタおよびアイダホでの民主党の投票結果は、どの候補者より真剣に米国の将来を考えている印象を与えているサンダースが敬虔なモルモン教徒に支持されていることを示唆した。ユタ州に加えて、アイダホもモルモン教徒は23%、福音派22%、カトリックは18%でモルモン教徒が最も多い州である。ユタおよびアイダホで、クリントンを圧倒的票差でリードしたサンダースは、民主党全国大会前の予備選で引き続きクリントンと接戦する可能性が高い。3月21日に公表されたCNN/ORCの世論調査は、サンダースが2月の調査に比較してクリントンとの距離を縮めたことを明白にした。2月のクリントン支持率は55%、サンダース38%であったが、3月にはそれぞれ51%対44%であり、早い勢いで接近している。これらの調査は他機関の世論調査結果とほぼ一貫性がある。

アリゾナ、ユタ、アイダホはいずれの州も過去の記録を破る投票参加率であったと言われている。また、ユタ州では24時間のオンライン投票が許可されたが、アクセスが混雑し一時的にコンピューターの交通渋滞が発生したと報告された。州毎の予備選は、有権者の政治的見解、社会的問題の懸念、および未来像など州によって微妙な違いがあることを思わせる。アリゾナのように不法移民の問題に関心の高い州では、総選挙でトランプとクリントンが接戦する可能性が高い。ユタ州のモルモン教徒は政治的関与の傾向性が高く、ロムニーの影響力は非常に強い事を示唆した。どの候補者がどの州で最も投票率が高いかを分析することで、誰が最も11月の総選挙で選出される可能性が高いかを予測することは可能である。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。