アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

ヒラリー.クリントンの国内政策は、多数の側面でオバマ大統領の政策を擁護したものが多い。移民法はその典型である。バーニー.サンダースのキャンペーンはそのサイトを新たなデザインに更新し、12日には移民政策を追加したようである。サンダースの移民政策もクリントンの幾つかの政策に似ている。多数の課題において、クリントンおよびサンダースの政策提案はいずれも包括的であり、具体的で説得力がある。以下5つの国内政策および気候変動政策は非常に野心的で類似した点が多い。

移民政策:クリントンは、基本的にオバマ大統領が大統領令によって施行した全ての移民法を保護且つ促進する政策を掲げている。それらは2012年のDACAおよび2014年の DAPA措置が含まれる。完全な平等の市民権の提供を目指す包括的移民改正法の為に戦うことを公約している。現在、強制送還され、家族を米国に残した不法移民は個々の状況により3年および10年間米国に再入国することが禁止されている。クリントンはこの3年/10年の禁止法を撤廃し、不法移民の拘束を停止し、および移民収容センターを閉鎖すると公約している。また全ての移民に手頃な価格の医療保険を提供し、移民の帰化を推進すると述べている。サンダースは非人道的な国外追放プログラムおよび拘留センターを解体し、1,100万人の法的書類のない移民の為に市民権を開くため公正な法律を制定すると述べている。また、地元の地域社会を尊重しながら国境の安全性を確保し、ビザ.システムを近代化することで、将来移民の流れを規制する。また司法へのアクセスを強化し、移民の犯罪を減少させ、国土安全保障省の主な独立機関の監督の限定要素を設定すると述べている。

選挙資金改革:クリントンは2010年1月無限の選挙資金を合法化した最高裁の判定を撤廃することを公約している。その為には億万長者の権利より投票権利の価値を重視する最高裁判事を任命すると述べている。また、秘密および不透明な政治資金の流れを停止するため、上場企業の株主に対して、政治的支出の開示を求めることを可能にする法案を推進する。また、日々アメリカ人の声を反映させ、有権者は大統領選および議会選挙に参加することを目的とする小さな寄付制度に限定する。サンダースは巨額なお金を政治から排除し民主主義を回復することをスローガンに掲げている。その為には政治に多額のお金が流れることが腐敗に繋がることを理解する最高裁判事を任命し、議会および州は選挙資金を規制する権力があることを明確にし、憲法改正の成功の為に戦うと述べている。公式融資、小額の寄付者を奨励するキャンペーンの資金調達、効率的および透明性を強化し、スーパーPACおよび他の外部支出乱用を排除し、選挙資金の規制を強化するために戦うと公約している。

気候変動政策:クリントンは米国を21世紀のクリーン.エネルギーのスーパー.パワーにする事をスローガンに掲げている。その為には賢く効率的な汚染規格を擁護、導入、および拡大することである。クリーン.エネルギーに挑戦する州、都市、農村との提携に600億ドルを提供し、米国経済の競合性を高め、良い賃金の雇用およびキャリアを創造する為、クリーン.エネルギーのインフラ、技術革新、製造、労働力開発に投資する。また5億のソーラー.パネルを導入し、全家庭に充分な電力を供給する再生可能なエネルギーを生成することを目指している。また、家庭および学校や病院など公共施設のエネルギーの無駄を1/3 削減し、米国の石油消費を 1/3削減する。次の10年間で温室効果ガスの排出量を30%削減することで、気候変動の戦いで世界をリードする。

サンダースは、化石燃料業界はロビー活動を通して気候変動に関する全ての進展を阻止する為、候補者を買うことに数十億ドル使っていると述べている。従って、億万長者の化石燃料ロビーから我々の民主主義を取り戻すと述べている。科学者は化石燃料を燃やし続けると、より多くの飢餓、旱魃、海面上昇、洪水、海洋酸化、極端な気象の乱れ、人類の病気と苦闘が増加すると警告している為、化石燃料からクリーン.エネルギーの移行を加速させると述べている。又、気候変動の最大の影響を停止する為、クリーン.エネルギーの技術革命をリードすることで、雇用創出、地域社会の活性化、および再生可能エネルギーの技術開発における世界のリーダーになることが可能になる。従って、維持可能なクリーン.エネルギーに投資する。更に、米国の運輸部門における炭素排出量は26%を占め、電力部門31%の次に高い排出量である為、電気および運輸部門のインフラに革命をもたらすと述べている。気候変動は環境問題だけでなく、グローバル的な国家安全保障上の問題であり、世界中の脆弱な地域社会を脅かす国際的危機がある。従って気候変動を解決し、国際紛争を防ぐため国際社会をリードすると述べている。

高度教育の授業料:クリントンは基本的に大学のコストが障害にならず、学生が負債に苦しむことはなく、授業料が負担にならないNew College Compact (NCC)を掲げている。現存するペル.グラント法下で、連邦政府が学生を援助する融資制度を利用することで、学生は短大の無料授業を受けることが可能になる。又、学生は週10時間労働することで学費を補充し、両親は無理のない現実的な学費支払いに貢献することで、子供達の負担を軽減する努力を促している。連邦政府はNCC下で、主な投資を行い州に提供し、州は学生ローンの利息を削減することで学生の負担を抑える努力をすることを提唱している。サンダースの教育費無料計画については、3月28日に紹介した通り、公立の短大および4年大学の授業料を段階的に無料にすることを目指している。

退役軍人政策:クリントンは国の為に自らの命を危険に晒す男女の為に最良の教育および雇用機会のアクセスを可能にするプログラムを確率することをアピールしている。また、国に奉仕しているメンバーと一緒に従事している軍人家族の為のサービスとサーポートを強化することを目指している。従って、退役軍人の世話をする家族の援助を増加し、予備兵および州兵メンバーの医療保険を拡大する。また、負傷戦士たちの世話をする家族及び生存兵士を保護し、退役軍人のリハビリ.センターを構築することを目指している。更にタイムリーで質の高いケアへのアクセスを確保し、退役軍人のサービスを民営化する努力を遮断することで退役軍人のニーズを優先すると公約している。サンダースは全ての退役軍人が彼等の給与に値するケアを得る為の資金プログラム、介護プログラム、および精神健康サービスを拡大し、退役軍人の補償請求処理を実質的に改善する。更に、全ての退役軍人は包括的な歯科医療が利用可能になることを目指している。

女性の権利:クリントンは男女間の所得格差、家族の為の有給休暇、良質で手頃な価格の保育プログラム、最低賃金引き上げ、社会保障の擁護と強化、女性の健康および避妊と中絶の権利を保護する政策をアピールしている。サンダースは女性の権利と戦うことに関して性別による不平等は米国長年の問題であると指摘している。従って、男女平等の賃金支払い及び女性の中絶及び避妊の権利、及び妊娠中の女性及び乳児の為のプログラムを拡大すると公約している。また、ロー対ウェイド判決および女性の健康を維持するための選択の権利を支持する最高裁判事を指名すると述べている。

クリントンおよびサンダースはいずれも不法移民を擁護する為、包括的移民改正法の制定を推進することを公約している。気候変動に関して両氏はいずれも具体性があり、様々な角度からクリーン.エネルギーの世界のリーダーになることを目指している。また、最高裁判事の選定基準を明白にしている点は印象的である。この点で、現在共和党の圧力に直面し、最高裁判事の指名を両党から受け入れられる可能性が高い人物を選んだオバマ大統領とは大きく異なる。多少の違いが明白である課題は高度教育の授業料についてである。クリントンは、学費は州及び連邦政府、学生本人および彼等の両親による全ての方向から負担軽減の方法を促進することを提案している点で、サンダースよりもっと現実的で合理的であることを示唆している。女性権利の政策に関し、クリントンは女性の機会向上 に長年戦ってきた実績があるため、今日女性の支持基盤は圧倒的に盤石である。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。