アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

学生は授業中、ラップトップを利用して抗議のメモを取ることが一般的になっている。10年前に比較し、クラスでのノート.パソコンの使用は圧倒的に普及した。しかし、複数の研究者は記憶、学習効果、機能性の観点から比較し、抗議内容を手書する学生はラップトップを利用する学生より、学業がもっと良好であるとの研究結果を発表した。手書きの学生は、タイプよりスロー.テンポであるが、沢山の情報をタイプするラップトップ使用者より、もっと学習方法が効率的であることを示唆した。

最近の研究は、従業中の集中力散漫を管理することが可能であったとしても、ラップトップは教室でのマナーおよびノートを取る質を低下させることを指摘した。プリンストン大学のパム.ミューラーとUCLAのダニエル.オッペンハイマー2人の研究者は、ラップトップまたは手書きによるメモが学ぶことにどのような影響を及ぼすかを調査し、その研究結果をPsychological Scienceに17日発表した。実験は3回行なわれ、最初の実験ではプリストン大学33人の男性、33人の女性および性別不明の1人が参加したが、データーのエラーおよび他の理由により2名は除外された。抗議の題材はTED Talksを利用し、一般的には知られていない興味深い5つの のテーマが選択された。

この最初の実験で、ラップトップを使用した学生は、手書きの学生より語数が多いことが判明した。単なる事実に関する質問ではいずれのグループも成果は良好であったが、概念の説明になると、ラップトップを使用した学生は手書きの学生よりはるかに劣ったことが判明した。第二の実験には35人のUCLAの学生が参加したが、2人はデーターのエラーにより除去された。この試験ではラップトップを利用してメモを取る事、および逐語的(原文の一語一語に即して忠実に解釈する)にタイプしないことを指示されたが、学生は逐語的なメモを避けることは不可能であり、そのようなメモを取った学生の試験結果は平均的に悪かったことが判明。3回目の実験で、学生は試験の前に彼らのノートを復習する機会を与えられたが、ラップトップでタイプし語数の多い学生より、語数の少ない手書きの学生の試験結果はもっと良好であった 。

複数の大学で、一定の条件および規定下で行なわれたこれらの実験は「ラップトップを使用した参加者は手書きの参加者よりも逐語的にメモを取る傾向があるため、学習に害を及ぼすことを指摘した。また、学生に逐語的にノートを取らないよう指示することはこの有害な行為を防ぐことにはならなかった」と研究者は述べている。手書きの参加者は、ラップトップでノートを取った参加者より概念的な質問に対する試験結果が良好であった。視聴した情報を手書きする人は、より重要な情報をノートに書き込むため選択能力を養い、情報の内容をより効率的に勉強する可能性があると分析されている。一般的に、キーボードでのタイプはペンを利用して書くより早い学生が多いため、そのような機能的側面だけでコンピューターが利用される場合、ラップトップの使用は教育評価の学業に否定的な影響があることを示唆した。

研究者は、ノートを取ることは2つの方法があると説明し、原文の一語一語に即して、単にコピーするだけのノートの取り方と、要約及び別の表現で概念をまとめる方法があると述べている。参加したほとんどの学生はキーボードでのタイプは手書きよりスピードが迅速であり、多数の情報をタイプすることに専念する傾向がある。一方、手書きのノート取りはタイプよりスローである為、概念および要点をメモする傾向がある。手書きに従事する学生は、結局学習効果をもっと高めていることを示唆した。2005年頃から、学生がクラスにラップトップを持ち込み、抗議内容をタイプするトレンドが台頭した。当時、伝統的な手書きによるノート取りが主流であった。ラップトップを使う生徒の中には授業中、メールやオンライン.ショッピングに没頭する生徒もいて、集中力散漫であると感じていた講師が多く、教室内でのラップトップ使用は論争的であった。従って、一部の大学は教室にラップトップ持ち込みを禁止した。その後、この論争的問題はほぼ放置されていたが、ミューラーとオッペンハイマー両氏は「ペンはキーボードより強い」と結論づけた。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。