アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

2015年ブリティシュ.メディカル.ジャーナル(BMJ)に公表された研究では、カルシウム摂取は特定の人口層の骨密度を向上させないということであった。最近の別の研究はビタミンK2が著しく骨を強くするとの研究が報告されている。特に日本はこの分野の研究で欧米諸国をリードしているようである。米国は日本の仮説に基づく研究を実施し、幾つかの興味深い分析結果を報告した。ビタミンK2はどのような点で健康上の問題に関連しているのか、またどのような食品源がビタミンK2を豊富に含んでいるのだろうか?

2014年12月に公表された骨粗鬆症インターナショナルの研究によると、ビタミンK2の補給が大幅に骨密度を改善し、すでに骨粗しょう症に直面している女性の骨折リスクを減少させることを発見した。K2は骨や歯にカルシウムを堆積させるための原因となるタンパク質を活性化することにより、特に、閉経後女性の強い骨を構築し、骨の破壊に関与する細胞の活性を減少させるためビタミンDを併用すると効果的であると専門家は述べている。

ビタミンK2は、日本で骨粗鬆症の予防および治療に有効であることが明らかにされているが、欧米諸国では確認されていないと専門家は指摘している。従って、米国の研究者はビタミンK2が閉経後の女性の骨粗鬆症の予防および治療における役割を果たしているという日本の研究者の仮説を検証するため、メタ分析を行ったその研究を公表している。メタ分析の結果、ビタミンK2はメンテナンスと椎骨の骨密度(BMD) の向上及び骨粗鬆症の問題を抱える閉経後女性の骨折予防における役割を果たしているという仮説を支持しているようである。しかし、骨粗しょう症のない閉経後の女性のビタミンK2の効果は確認されなかった。閉経後の女性の骨粗鬆症におけるビタミンK2の役割を確認するためには、もっと広範な研究対象者による高品質のランダム比較試験(RCT)の研究が必要であると結論づけている。

メリーランド 大学医療センターによると、ビタミンKは脂溶性ビタミンであるため、人体の脂肪組織および肝臓にそれを保存する。血液凝固を適切に助けるその役割で知られている。また、ビタミンKは骨の健康に重要な役割を果たしている。ビタミンKが欠乏することは稀である。なぜなら、緑葉野菜に豊富に含まれていて、腸内細菌はビタミンKを作るからである。時には抗生物質が細菌を殺すため、ビタミンKの摂取量が低い人は軽度の欠乏症につながる可能性がある。また、ビタミンKの欠乏は歯ぐきや鼻から過度の出血につながることがある。その他、ビタミンK欠乏の原因になる要素は、胆嚢や胆管疾患、嚢胞性線維症、セリアック病、クローン病などのビタミンKの吸収を妨げる健康上の問題、肝疾患、血液を薄める薬剤の使用、長期血液透析、重度の火傷などが挙げられる。また、過剰出血および骨粗鬆症はビタミンKの摂取により利点がある。ビタミンKの摂取で注意しなくてはならない点はその細かく分類されている年齢別の摂取量である。例えば、子供1から3歳までは30 mcg、子供9歳から13歳までは60 mcg、男性19歳以上は120 mcg、女性19歳以上は90 mcgであり、妊娠および授乳中の女性19歳以上は90 mcgである。

いずれにしても、ビタミンK2の効果は米国一部の人口層に日本の仮説を支持する結果が報告されているため、幾つかの健康栄養誌は骨を強化する可能性のあるビタミンK2にはプルーンなどが強い効果があると勧めている。例えば、専門家が骨を健康にする食品として勧めている ものにはプルーン、玉葱、鮭、ウォルナッツなどがある。また、 2006年1月号に発表された農業食品化学学会誌の情報によると、最適な健康のためにはほぼ全ての緑葉野菜に豊富に含まれているビタミンK1を摂取する必要がある。理想的な方法でビタミンK2を得るための食源には肉、特に肝臓、鶏肉、牛肉、ベーコン、ハムなどが含まれている。卵白ではない卵黄も高脂肪の乳製品として脂溶性栄養素の貴重な量を提供する。特に全乳で作られた硬いチーズはそうであると専門家は述べている。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。