アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

5月3日夜インディアナ州での予備選に敗北した後、キャンペーンを保留すると公表したテッド.クルーズは、最近密かに7月の共和党全国大会(RNC)で保守派の基盤を保護するための作戦を練っている。RNCの規定と管理的側面で、リーダーシップを発揮することで代議員が最終的に彼に投票することを目指している為、彼は実際には大統領に選出される望みを放棄していない。クルーズはネバー.トランプ運動組織の一人であるが、他にも著名な団体および個人が関与し、第三党結成の動きもある。更に、多数の現役又は元大物政治家はトランプ拒否を公式に表明している。

インディアナ州での予備選結果は、ほぼトランプに共和党大統領候補者として推定指名の地位を与えた。その後もネバー.トランプ(Never Trump)と呼ばれる反運動組織は生存している。約37,600人が署名し、「我々署名者はドナルド.トランプに投票することはありません。我々は基本的な共通の良識と憲法の原則を保護するため団結します」と誓約している。また、トランプが共和党の指名を受けることを拒否し、どのような事があっても決して彼が最高司令官にならない事を確認するためであると述べている。このグループは現役または元政治家、ジャーナリスト、共和党の組織および個人で構成されている。

主な組織は政治活動委員会及びティーパーティ組織として知られる成長クラブなどであり、既に7.500万ドルを反トランプの広告に利用した。著名な個人はミット.ロムニー、寄付団体の責任者カール.ローブ、サウス.キャロライナ州の米国上院議員リンジィ.グレイアムなどである。また、公式にトランプを支持しないことを公表した著名な共和党はジョージH.W.ブッシュ、ジョージW.ブッシュ、ジェブ.ブッシュ、テッド.クルーズ、米国上院議員ランド.ポールの父であるロン.ポール、マルコ.ルビオ、ポール.ライアン、及び5日第三党からの候補者を推進するベキであると主張したネブラスカ出身の共和党上院議員ベン.ザッセなどが含まれる。

このメンバーの一人であり、極右派のティーパーティに後援されているテッド.クルーズは5月3日夜インディアナ州での予備選に敗北した後キャンペーンを保留すると公表した。その後、静かな様子であったが、まだ約550の代議員を保持しているクルーズは 7月の大会で指名のチャンスを狙う準備をしている。9日のニューヨーク.タイムス(NYT)によるとクルーズの支持者は共和党の政綱の制御およびRNCの規制をコントロールする努力を始めている。クルーズの支持者はクルーズの代議員に宛てたメールで「保守派の議題」を大会で促進することは可能であると述べている。これらの努力は複数の極右派グループによるもので、トランプが指名されることで保守派の政綱が変わることを防ぐため、彼等の「強い声で規則および政綱委員会を満たすことが肝要である」と述べている。クルーズの支持者および他の保守派活動家はトランプの一般的な選挙議題を深く懸念している為、彼らの主な目的はトランプが共和党の政綱を変更しないことを明確にすることである。

彼等は特に税金及び最低賃金などの経済政策、中絶およびLGBTなど社会的課題でトランプは潜在的に保守派の路線を変える可能性があると懸念している。多くの代議員は大会でトランプを支持することに結束しているが、クルーズはキャンペーンから辞退した後も「彼の支持者はまだ彼の代議員である」為、クルーズ の代議員は彼に投票する望みを抱いている。基本的に、代議員は誰にでも投票可能である大会の性質に基づき、クルーズは多数の投票を獲得することを目指している。これらの極右派は、最近トランプの立場が変わったことを示唆する発言に驚き、保守派の基盤が崩れることを懸念し、大会での影響力を発揮するための準備を開始したようである。NYTによると、トランプのアドバイザーはこのような反トランプの動きがなければ逆に驚きであるとコメントしている。政策に関する討論は常に大会で提起されるため、クルーズがその主導権を握る役割を果たすことを目指していても不思議ではないと述べている。

ネバー.トランプ運動の一人、共和党上院議員ベン.ザッセは先週5日第三党の結成を推進するべきであると主張した。幾人かの候補者の第三党候補者名リストにはザッセを含め、ネバー.トランプ組織に署名したメンバーの中から選定されている。ミット.ロムニー、米国海兵隊将軍ジョン.ケリー、元ニューメキシコ州知事ゲリー.ジョンソン、ジャスティン.アマシュ、トム.コーバン、サウス.キャロライナ知事ニキ.ヘイリー 、ケンタッキー出身米国上院議員ランド.ポールなどが含まれている。ネバー.トランプ運動は事実上第三党を結成し、候補者を選定する動きがあると言われている。それが現実化した場合、トランプ一部の票は第三党に流れる為、ヒラリー.クリントンに大勝利のチャンスを与える可能性が高くなる。クルーズの惨敗は既に、極右イデオロギーを掲げる第三党の勝利が非現実的であることを示唆しているが、彼らはまだ諦めないようである。

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。