アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

A silicon-based gel forms a transparent, flexible film that can temporarily fight wrinkles and help damaged skin heal.

By M.I.T

反老化製品市場は2019年までに推定1,900億ドルに達すると言われているが、特に反しわクリームは次から次に新たな製品が出回っている。科学者は最近、目下のたるみ、皮膚のしわと戦う希望があるとする新しい「第二の皮膚」と呼ばれるクリームを発明したことを公表した。そのクリームは単に一時的にしわを消去するだけでなく、保湿機能があることが実験の結果証明された。 現在 、研究者はこの二つの利点に加えて、多種多様の皮膚病に効果がある驚くべき医療用途も兼ねたクリームの開発に取り組んでいる。革命的な皮膚の科学研究は我々の想像に及ばない段階まで進んでいることを示唆している。

9日科学誌の報告によると、ハーバード大学及びマサチューセッツ工科大学(MIT)の研究者は皮膚にこすると、老化した皮膚を弾性のある若々しい肌に復元する透明で柔軟なポリマーのフィルムを形成するクリームを発明したと報告した。「第二の皮膚」と呼ぶクルームの使用は24時間持続し、一時的に目下の袋状のたるみを劇的に減少し、少なくとも一時的に乾燥肌に水分を保有することが可能である。また、湿疹や乾癬など多種多様の皮膚病の治療に役立ち、数百万人の皮膚病患者を救済する可能性がある。カリフォルニア大学デービス校の皮膚科医スザンヌ.キルマーは「これは巨大な可能性を秘めている」と述べ、湿疹や他の皮膚疾患の症状がある人はクルーム状の薬物の上から、かさばる包帯を巻くか又は透明なプラスチックのラップで肌を包むが、この目に見えないフィルムの使用は審美的にもメリットがあると指摘した。

人間の皮膚は太陽の紫外線、傷、皮膚病、その他多種多様の傷害、および老化現象により常に攻撃を受けている。若々しい肌は弾性力が高く、つまんだり曲げたりしても素早く元に戻る。それはゴムバンドのように引っ張っても正常な形状に戻る作用がある皮膚中のタンパク質フィラメントが機能することも一部の理由である。この新しい研究チームの一人であるマサチューセッツ州ボストンの総合病院の皮膚科医バーバラ.ギルクレストは、これらのフィラメントは経時的に分解し加齢により弾力性が失われる為、皮膚のたるみと皺の原因になると述べている。

MITの科学者と提携し、この新しい皮膚の研究に取り組んでいる複数の科学者の目標は、若々しい肌の弾力性を復元し、透明で柔軟な製品を作ることであった。彼らは第二のゲルによって活性化されたシリコン.ポリマーゲルの「第二の皮膚」を最初に発明し、一時的に目下の袋状のたるみを低減する方法としてそれを製品化し販売した。リビング.プルーフと呼ばれる会社が販売しているクルームは7週間分の供給で$ 500の高価製品であり、わずか5時間後に剥離するため、あまりにも費用がかかると批判された。そのような事情から、研究チームは弾力性のある皮膚および皮膚病の治療を目指す同じ目標を基盤に再度研究に戻り、数百の異なる処方で実験を行なった。

最終的に、彼らは系統的に異なる化粧品および医療用途を目指す努力において、フィルムの厚さ、通気性、柔軟性、および耐久性を変更することを可能にするプラットフォームを発見した。研究者は12人のボランティアに新たな化粧品処方を試験した。被験者の目下の皮膚に2つのゲル層を適用した後、ピンと張った皮膚を引っ張り、フィルムは縮小した。9日Nature Materials に出版された通り、最初のゲルと対照試験と比較して、フィルムは目下の袋状のたるみを24時間40%まで減少させた。試験は24時間後にフィルムが乾燥肌を保護するためのバリアとして作用することで、皮膚の水分損失を23%減少させることを示した。これに比較し、ワセリンや保湿製品も水分の損失を減少させるが、わずか数時間だけである。しかし、湿疹、乾癬、および他の衰弱性の皮膚症状に対する効力テストは実施されていない。研究グループは、単に損傷した皮膚に別の保護層を与え、患者を援助することが可能な医療用途を追求するため新たな研究を開始した。

この新たな目に見えない「第二の肌」であるフィルムは、即時に皮膚に弾力を与え、目下および他の顔の皺を消すというマジックのクリームである。小グループによる研究に基づく開発である為、FDAの認可を得るまでにはまだデーターが必要かもしれない。MITの研究者の説明によると、最初に透明な液体を肌に擦り込み、次に白いクリームをすりこむことで化学作用により肌の上で結合する。指でつまんで元に戻らない極端に弾力を失った肌も、このクリームを利用した箇所の肌はしわが消え、弾力性があるという驚くべき効果がある。最大24時間、一時的に弾力のある肌を保ちことが可能である。研究者は、湿疹、乾癬および他の皮膚疾患の治療にも利用可能になると期待している。近い将来、特にしわに悩まされる女性、及び多種の皮膚病に苦しむ多くの人々にとって、明るいライフスタイルを満喫することが可能になるかもしれない。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。