アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

10日はネブラスカで共和党の予備選及びウェスト.バージニアで両党の予備選が行なわれた。また、17日はケンタッキー州で民主党の予備選およびオレゴン州で両党の予備選が実施された。民主党二人の候補者ヒラリー.クリントンおよびバーニー.サンダースのキャンペーンは戦いが熾烈になり、特にサンダースの支持者が最近暴力的になっている。テッド.クルーズおよびジョン.ケイシックの辞退後も共和党の予備選は行なわれている為、この両氏はまだ投票を獲得している。予備選でライバルとの戦いを終えたトランプは既に大統領就任の為の準備を開始した。

5月10日:ネブラスカ 5 月10日:ウェスト.バージニア
トランプ 119,500 61 % トランプ 145,900 77 %
クルーズ 35,900 19 % クルーズ 17,100 9 %
ケイシック 22,000 11 % ケイシック 13,100 7 %
サンダース 116,900 51 %
クリントン 81,900 36 %

ウェスト.バージニアでは2008年の予備選でクリントンは対抗者のバラク.オバマに勝利したが、最近の同州のキャンペーンで、一部の経済は石炭産業で成り立っているにも関わらず、再生可能エネルギーを推進した。これは決定的な敗北の要因になったようである。同州は白人労働者 の人口層が多い為、サンダースの勝利は予測されていた通りである。

5月17日: オレゴン 5 月17日: ケンタッキー
クリントン 245,500 44 % クリントン 212,500 47 %
サンダース 309,400 56% サンダース 210,600 46 %
トランプ 238, 800 67 %
クルーズ 60,900 17 %
ケイシック 58,300 16 %

代議員獲得数( 参考資料 : NY Time)トランプ1,103、

クリントン1,768(+S.D 525)

サンダース1,494 (+S.D 39)

ケンタッキー州でのクリントンの勝利は予期されていなかったが、わずかな票差でサンダースをリードした 。サンダースはオレゴン州でクリントンに大勝利した。彼は指名獲得競争で、クリントンと平行線に立つためにはケンタッキー州でも勝利する必要があったが、ほとんどクリントンの指名獲得が確実になっている。サンダースは予備選最後の投票が終るまで辞退しないと宣言している為、サンダースの支持者は興奮と怒りが高まっている。

先週14日、ネバダ州ラスベガスでネバダ民主党大会が開催された。ヒラリーは2月、同州での 予備選に勝利し、指名を獲得する可能性が高い現在、サンダースの支持者にもアピールする努力を強化している。11月の大統領選でトランプを敗北に追い込むためには、民主党有権者と団結する必要があるため、サンダースの辞退後に彼の支持者を統合することを目指しているが、厳しい現状に直面している。政治革命をスローガンに掲げているサンダースは、まだ彼が勝利する可能性があると支持者に伝えている為、サンダースの支持者は不公平で透明性に欠ける民主党全国委員会(DNC)の代議員選定システムに怒りを表明している。この日DNCが大会を終了しようとした時、会場からは物を投げるなど暴力的な瞬間があった。7月の民主党全国大会では、何らかの暴力が発生する可能性が懸念されるほど緊張が高まっている。

16日のニューヨーク.タイムスによると、ラスベガスでの大会でサンダースの多くの支持者は代議員規定に関する苦情を表明した。ネバダ民主党の議長であるロバータ.ランゲは、ネバダ民主党大会で代議員制度を改正するよう要求され、彼女の家族、彼女の人生、彼女の孫までを脅かす脅迫メッセージがあると語った。先週土曜日から約1,000回の男女による脅迫的な電話および多数のテキスト.メッセージを受けていると語り、サンダースの支持者は代議員システムが「不正政治体制の象徴だと考えている」と述べた。サンダースが指名を受ける為には、特にスーパー代議員数がクリントンに比較してかなり不足している為、怒号の連続及び物を投げるなど安全性の懸念があったため、突然終了しなくてはならない事態が発生した。サンダースは、もし彼が指名されない場合、トランプに勝利するためにはクリントンを援助すると述べているが、クリントンより彼の方が総選挙ではもっとトランプに勝利する可能性が高い為、より良好な候補者であると主張している。彼は残っている代議員数の獲得を目指し、勢力的にクリントンに対抗しているが、7月の大会は混沌たる状況が予測されている。

一方、トランプは11月の総選挙に向けて、共和党全国委員会(RNC)及び州の共和党組織の為、資金集めに協力する合同寄付協定に署名した。昨夜、しばらく交流が絶えていたフォックス.ニュースの主要女性キャスターであるメーガン.ケリーとの対面インタビューで他の共和党候補者を侮辱したことについて、もっと適切な表現を使うべきであったと後悔していると語った。しかし、 指名獲得のチャンスが高い現在の立場に満足していると表明した。ネバー.トランプ運動は第三党の候補者を選択する可能性があるなど、反勢力も衰退していない。また、過去の女性対処問題、マフィアとの交流、納税申告書提示拒絶による脱税の疑いなど様々なスキャンダルが浮上している中で、トランプはアントニン.スカリア判事の後継者を指名するため、完全な保守派と見られている判事10人のリストを公開した。更に18日午後、1973年から1977年までリチャード.ニクソンおよびジェラルド.フォード政権下で元国務長官を務めたヘンリー.キッシンジャーと会うなど、早くから大統領就任の準備を始めている。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。