アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

ドナルド.トランプは昨年6月大統領選に立候補を宣言した時、メキシコ移民は麻薬や犯罪を米国に持ち込む為、メキシコ政府は最良の人達を送っていないと批判した。トランプは最初に全ての不法移民を強制送還し、国境に巨大な壁を建設すると公約した。この公約は多数の共和党支持者を獲得し、大統領推定指名獲得者の位置に登りつめた主要因である。国を二分する論争的な政策を語るトランプと団結を余儀なくされている多くの共和党はこの途方もない彼の移民政策が実現するとは思っていないが、その認識は正確である。専門家は法的、経済的、外交的、および環境科学的に非現実的であることを指摘し、これらの公約は多数の複雑な問題をほとんど考慮していない無責任な政策であることを明白にした。

不法移民の強制送還をどのように実施するのか? トランプはこの大きな疑問に関してほとんど詳細を明白にしていない。19日のニューヨーク.タイムスによると、1954年にアイゼンハワーが認可したウェツトバック作戦と呼ばれる軍隊スタイルの包囲を実施すると述べている。アイゼンハワーは数十万人のメキシコ人を追放した。当時、法務執行による多くの法的手続きおよび憲法の誓約は存在しなかった。オバマ政権は数年前まで毎年平均40万人を強制送還したが、ほとんど犯罪者に焦点を絞った追放措置である。ジョージW.ブッシュ政権下で国土安全保障長官として移民施行に著しく関与したマイケル.チャトフは令状なしで他人の家のドアを壊し人々を逮捕できるのか想像さえ出来ないと語っている。また、不法移民を探す方法についても非現実的で困難であると専門家は述べている。不法移民の逮捕を実施するとなると、交通停止および歩行中の人々に住民登録または市民権の書類について尋問しなくてはならない。また、南西部およびカナダとの国境近くの高速道路に検問を設置することが必要になる。

人種的扱いを回避するためには全てのアメリカ人が停止され、書類の提示を要求されることを予期しなくてはならない。犯罪記録のある不法移民の強制送還には問題はないが、米国で長く生活している不法移民の強制送還はそう簡単には実施できない問題がある。オバマ政権下での大規模な不法移民の逮捕は通常、会社の記録に基づき農場、工場、レストラン、建設現場で実施され、検察は不法移民を雇う雇用主に対する刑事告発を行なっている。トランプは移民税関捜査局(ICE)の強制送還担当者を現在の約5,000人から 15,000人に増加すると述べている。それは素早く達成可能であったとしても、必要な審査および訓練を提供することは困難であり、まだ不十分であると専門家は述べているようだ。オバマ政権下で本格的な強制送還を7ヶ月間担当したジョン.サンドウェジは移民ギャング.メンバーおよび麻薬密売人を多数追放することは簡単であると述べた。もし、ICEが大規模な送還を求めているなら、虚偽の書類を保持し、影にいる極悪犯罪者を追跡捜査する仕事に時間をかけることはないと語ったという。現在57の移民裁判所が存在するが、強制送還は判事の認可が必要である。少なくとも、送還の対象者は最初の聴聞から2年間待っている状態である。従って、面倒な選定プロセスを削減する多数の緊急裁判所を開設し、数百の判事を雇用しなくてはならない。

これに加えて、強制送還のコストは莫大である。連邦政府の推定によると、20年間の強制送還の費用は4,000億ドルである。中米、中国、フィリピン、インド、その他の国からの不法移民の飛行便を手配するその旅行費に巨大な支出が伴う。国境警備隊の主任であるディビッド.アグイラーは「不法移民の多くは何十年もここに住んでいる為、取り残された家族は再統合する即時の努力をすることを予期しなくてはならない」と語った。憲法を一時停止し、北朝鮮に住んでいるかのように警察が振る舞うことを指示しない限り、全ての不法移民を送還することは非現実的である。

不法移民の強制送還に加えて、トランプは美しく強固で巨大な壁を建設し、その費用はメキシコが支払うと有権者に伝えている。トランプの計画は南部国境にそって2,000マイルの長さであり、コンクリート及び鋼製の壁は50フィートの高さである。しかし、移民政策および土木工学の専門家はその建設は困難であり、問題を解決することよりもっと問題を引き起こすと述べている。トランプはこの推定費用について40億ドルから120億ドルであると語ったが、最近100億ドルかかると述べている。しかし、専門家の推定では 40フィートの高さで少なくとも260億ドルの経費がかかり、最初4年間のチームで1,000人の労働者が必要になる。更にメインテナンスにもコストがかかる。

2006年ブッシュは安全フェンス法に署名し、670マイルの壁の建設に3年間で24億ドルを支出した。この壁は車の侵入を防ぐことを可能にしたが、歩行者の侵入を防ぐことは不可能であった。この壁により、様々な訴訟および環境的論争が提起された。これより更に規模の大きいトランプの壁は ① 岩場での困難な作業、② 遺跡の潜在的混乱、③ 水路妨害の可能性、④ 壁の反対側の眺めを阻害する、⑤ 財務についてメキシコとの戦いが始まる、 ⑥ 人々が壁を乗り越えるため、完全に横断を停止する保証はないなど多数の複雑な問題がある。カリフォルニア大学バークレー校の教授マイケル.ディアは「人々は常に壁の上または下を通って移動する方法を見つけます。それはちょうど政治窓の仕上げであり、民衆を先導する最悪の体制です」と述べた。

最も外交的なチャレンジは水供給の維持である。米国とメキシコは国境の両側で農業および地域社会が億ガロンの水流の恩恵を受けている。コロラド川は南に水を供給し、数百マイルの自然な境界であるリオグランデは数十の運河を通してメキシコからテキサス州南部の多くの地域に貴重な水を提供している。トランプの巨大な壁建設計画はこれらの水路の流れを迂回させる可能性がある。テキサスA&M大学の水法の専門家は、その壁はどのような方向にでも水の流れを逸脱させる結果になると述べ、どのようなフェンスにも結果が伴うと警告した。専門家はトランプの不法移民の強制送還および壁建設計画は、財務的および政治的にそのチャレンジは途方もなく多大であること、および複雑な環境科学的観点から判断しても非現実的であることを力説した。多数の政治家およびトランプを支持することに葛藤する共和党は、最初から1,100万人の不法移民をどのように追跡するのか、論理的にもその公約が実現するとは思っていない。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。