アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

3月に公表されたイギリスに本部を置くリサーチおよび分析組織のエコノミスト.インテリジェンス.ユニット(EIU)の年間報告によると、2016年世界で最も物価の高い都市50の中でシンガポールは一位であり、米国の11都市が50番内に含まれている。 住宅費、飲食費、衣料費、光熱費、教育費、娯楽費などが物価基準の比較対象になっている。これらの基準に基づき、2016年に米国で最も物価の高いベスト10都市は下記の通りである。

2016年の米国番付 2016年世界番付 2015年世界番付 世界の物価指数
1 ニューヨーク 7番目 22位 100
2 ロスアンゼルス 8 27 99
3 シカゴ 21 39 88
4 ミネアポリス 24 48 87
5 ワシントンDC 26 46 86
6 ヒューストン 31 50 83
7 サンフランシスコ 34 59 82
8 シアトル 42 59 80
9 ホノルル 46 61 79
9 ピッツバーグ 46 61 79
10 マイアミ 49 66 77

参考資料:ビジネス.インサイダー

上記表は米国11都市で最も物価の高い順から表示しているが、二つの都市は全く同じ評価になっているため、1から10までのランクとして明記されている。表記「2016年世界番付」は2016年に世界で最も高い都市のランクを意味し「2015年世界番付」は 世界での位置づけが今年とかなり異なることを明白にしている。例えば、2016年に米国内で一位のニューヨークは世界で7番目に高い都市として選定されているが、2015年には22位であった。これは為替の変化が一因である。「世界の物価指数」に関して、全ての都市は生活費の物価指数を100に設定されたニューヨークを基準に比較されている。

ニューヨーク

ロスアンゼルス、CA

シカゴ、イリノイ

ミネアポリス、ミネソタ

ワシントンDC

ヒューストン、テキサス

サンフランシスコ、CA

シアトル、ワシントン

ホノルル、ハワイ

ピッツバーグ、PA

マイアミ、フロリダ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。