アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

カリフォルニア(CA)州の知事ジェリー.ブラウンは今日ヒラリー.クリントンを支持すると公表した。同州は全国で最も民主的政策が堅固であり、知事は州民の信頼を勝ち取ることに成功している数少ないリーダーである。同州の民主党は最終的に指名された民主党大統領候補者と団結する可能性が高い。サーダースの人気より深い経験と知識のあるクリントンを選んだ知事ブラウンの支持表明は幾つかの意味がある。

ブラウン知事はドナルド.トランプが大統領に就任する「危険」性を避けるため、クリントンへの支持を表明した。CA州の民主党および独立派の有権者に向けた31日の公開書簡によると、「6月7日火曜日、私はヒラリー.クリントンに投票することを決定しました。私は、これが大統領選に勝利し、トランプの危険な立候補を停止する唯一の道だと信じるからです」と表明した。また、予備選に注目していると述べ、サンダースは良く闘っていることに「深く感銘」し、トップ1%の富裕層は不当に富の多くを獲得しているとのメッセージを送っていることに触れ、ブラウン自身も1992年に大統領選で同様のキャンペーンを試みたと書いている。また、クリントンは物事を成し遂げる方法を知っており、民主党の議題を進める粘り強さとスキルがあると評価した。有権者は彼女に約300万より多くの票を与えることによって対応し、サンダースよりも数百以上多くの代議員がある。クリントンが残っている代議員のわずか10%を獲得した場合、彼女は指名に必要な数を超える。すなわち、クリントンのリードは挑戦不可能であることを暗示し「民主党有権者は何百万もの投票で彼女の指名獲得を望んでいる」と述べている。

しかし「単なる数字より多くの杭がある」とし、共和党の推定指名獲得者であるトランプは気候変動を「デマ」と呼び、「パリの気候協定を引き裂く」と公言したことを懸念した。また、「移民数百万人の国外追放を約束し、他の国が核爆弾を必要とするかもしれないと不気味に提案している。彼はまた、極右派が喜ぶ最高裁判事の指名パックを約束した。私たちの国は気候変動から核兵器の拡散に至まで実存的脅威に直面している。新しい冷戦は地平線上にある。民主党はお互いに戦い続ける時間はない。総選挙は既に始まっている。特に国務長官として、長年の経験があるヒラリー.クリントンは問題をしっかり把握しており、初日に私たちの国を導く準備ができている」と述べている。最後に「来年1月、就任の宣誓を取るのはヒラリー.クリントンであり、ドナルド.トランプではないことを私は確認したい」と書いている。

CA州の知事によるクリントン表明は幾つかの意味がある。その一つは「民主党はお互いに戦い続ける時間はない」と述べている通り、サンダースは大統領選の競争から降りることを暗に提案している。また、トランプを打破する為、民主党の強い団結を促している。同州知事の支持表明はインパクトが多大である。その最大の理由は、ブラウン氏が米国でほぼ最大規模の州で、民主党の圧倒的な支持を獲得し成功した数少ない知事の一人である事である。つまり、ブラウン知事の支持表明は、同州の議員および多数の有権者に多大な影響を与える可能性が高いことを示唆している。30日のニューヨーク.タイムスによると、CAの民主党は州議会で圧倒的な過半数を保持し、完全にコントロールしている数少ない州のひとつであり、ブラウン知事及び彼の党は、他の州では弱い銃規制、タバコ、環境、最低賃金及び移民法など法律制定を試みるため著しいパワーを駆使している。

また現在、民主党は州の登録有権者2,460万の約44%を占めている。一方、共和党はわずか27%であり、24%を構成する独立派の有権者とさほどの開きがない。共和党の登録者数も州全体で増加しているが、州全体の共和党登録は「民主党の登録増加によって矮小化」されている。更に、過去12年間でヒスパニックは人口の39%を構成し、州で最大の民族グループに成長している。同州での共和党登録者の減少傾向は、白人人口の減少に平行している。1988年の白人人口はほぼ60%であったが、現在40%以下である。同時に、共和党登録者は38.5%から28%以下まで減少した。

従って、知事の強烈な声明によるクリントン支持は著しく彼女に有利である。14日民主党だけで開催されるワシントン DCでの最後の予備選を除き、6月7日はほぼ最後の予備選として、モンタナ、ニュージャージ、ニューメキシコ、ノース.ダコタ、サウス.ダコタ、および最も重要なCA州での予備選が開催される。現在、クリントン及びサンダースはいずれもCA州での戦いに全力を挙げているが、先週の一部世論調査では同州の予備選は接戦になることが予測されていた。しかし、 4月18日から5月22日までに実施された 4つの機関の世論調査結果はクリントンが平均約51%で、約42%のサンダースを 9%ポイント安全圏でリードすると予測している。従って、サンダース指名獲得の可能性は6月7日の予備選で更に決定的になるが、民主党間で闘っている時間はないと指摘したブラウン知事は鋭く要点をついている。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。