アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

ネバー.トランプ運動が推進する第三党からの候補者はまだ公表されていないが、リバタリアン党からの候補者が台頭している。第三党の候補者が紹介された場合、共和党大統領候補者の推定指名を得たドナルド.トランプはホワイトハウス入りの賭けが揺らぐ可能性がある。トランプは病的嘘言者であり、危険な政治思想をアピールしていると批判されている事を含め、彼が大統領に選出されるべきではない前代未聞の共和党大統領候補者である理由は他にも多数ある。その最も顕著な例は集団訴訟による詐欺行為の疑いに直面し、トランプは裁判所に出挺する可能性が高い事である。

リバタリアンから立候補を宣言している人物は1995年から2003年までニューメキシコ州の知事を務めたゲイリー. ジョンソンである。彼は1953年1月生まれの米国実業家及び政治家であり、2012年にも大統領選で共和党メンバーとしてリバタリアンから立候補した。彼は財政面で保守派であり、社会的政策面ではリベラル思考である。彼の支持率は現在5%以下であるため、討論に参加する資格を満たしていないが、彼の立候補は低率でヒラリー.クリントンに有利である。ネバー.トランプ運動のリーダーであるビル.クリストルは30日、第三党からの候補者が見つかったとツイートしたことが報告されたが、まだ具体的な名前を公表していない。何人かの立候補が噂されているが、共和党が推進する第三党候補者が対抗した場合、トランプに対する投票を拒否している保守派は多数存在する為、クリントンに有利である。

第三党からの候補者が台頭する可能性がある背景は、過去に様々な奇異な言動が報告されているトランプに対する拒否が根強いからである。先日トランプに会った下院議長のポール.ライアンさえまだ支持を決定していない。根拠のない事を平然と語り、その批判を恐れないトランプは、オバマ大統領はケニアで生まれた又はイスラム教徒である、気候変動は「デマ」である、テッド.クルーズの父はジョンF.ケネディの暗殺に関与した、同時多発テロが発生した2001年9月11日、ニュージャージ州で数千のイスラム教徒は祝福したと語ったことが広範に知られているが、これらは全て事実無根の発言である。最近彼が主張していることは ① カリフォルニアには旱魃は存在しない、② アスベスト(石綿)は本当に安全である、③ オバマはコロンビア大学に通った事が無い、④ アントニン.スカリア判事は殺害された、⑤クリントン夫妻はヴィンス.フォスターを殺害した。フォスターはホワイトハウスの副委員長であったが1993年に自殺した。 ⑥ ISISは米国に入国することを求めている難民に携帯電話を提供している。他にも多数の虚偽的発言を平然と述べているトランプは「陰謀論者」であると言われている。そのような人物が大統領選のフロントランナーであることは米国政治史上前代未聞である。

また、数千の集団訴訟に直面している人物が大統領選の推定指名獲得者であることは前代未聞である。先週金曜日、判事は一般の国民が知る権利があると公表したが、1日のABCニュースによると、トランプ大学被害者の集団訴訟に関する文書は昨日開封された。最初に訴訟の報告があったのは一ヶ月以上前である。4月26日のNBCニュースによると、ニューヨーク司法長官エリック.シュナアイダーマンはトランプ大学を詐欺の容疑で告訴し、同州の判事はトランプ大学に対する訴訟は裁判に発展すると発表した。この訴訟は4,000万ドルの民事裁判であり、不動産投資家を養成するためのプログラムを推進する為、詐欺的広告とテクニックを利用した疑いが提起されている。多額のオンライン授業料を支払う学生に金持ちになることが可能であると約束し、数千人は数百万ドルを騙し取られたと訴えている。この日トランプの弁護士マイケル.コォーエンは、マンハッタンの最高裁判所でトランプ大学に対する詐欺判例は陪審裁判に値すると主張した為、判事は陪審に言及する答弁書を提出することが可能であると対応した。シュナアイダーマンはトランプ大学の被害者は全米各地に数千人存在し、告訴している学生らは長期的なプロセスで待たなくてはならない為、早急に裁判を進めたいと述べた。

トランプおよび学校長であるマイケル.セックストンは今後証人として召命されると言われている。トランプ大学は2004年に設立され、学生にオンライン授業料として$1,500から$35,000を請求していた。コォーエンは最初申し立てを否定し、司法長官シュナアイダーマンの事務所はキャンペーンの寄付金がほしいだけであると攻撃した。しかし、トランプ大学の詐欺に関する訴訟はカリフォルニア、フロリダなど幾つかのケースが報告されている。トランプは裁判所に出挺することを躊躇し、大統領選のキャンペーン中である為「不公平である」と主張した。裁判所が許可した訴訟関連の書類は今日ニュース.メディアに公開されている事に加えて、クリントンは既にキャンペーンの集会で詐欺行為の証拠を説明している。ここ数日メディアは、トランプの訴訟問題は彼のキャンペーンに著しい影響を与えると予測している。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。