アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

テキサス州フォート.フッド

カリフォルニア州は先週から100 F度(38C)前後の高温が続いているが、夏場にかけて灼熱で加速する山火事が発生する危険性がある。今年も例外ではなく、幾つかの西部州で劇的な山火事が発生している。現在南カリフォルニア一部の地域で数千の家屋が脅威に晒され、約大勢の住民は避難状況である。東海岸では5日、数千人が激しい雷雨、暴風、竜巻を伴う夏の嵐の影響を受けていると報告されている。

5日のCBSニュースによると、フロリダ州は今日からの降雨量は5〜10インチ(約13〜25cm)に達することが予測されている。同州当局は、嵐の速度は急速に厳しくなる可能性があり、今週火曜日まで続くと予測している。テキサス州フォート.フッドでは軍用車両が洪水による小川の急流に巻き込まれ、9人の兵士が死亡した。致命的な洪水は、テキサス州の南東部と中央の一部で発生し、降雨量は土曜日から上昇したようである。フォート.フッドでの災害で3人の兵士は水中から引き出され生存したが、9人の兵士は死亡した。この事故を調査した軍当局は、軍輸送トラック車両は急流に飲み込まれ、その水の深さは推定8フィート(約240cm)であると報告した。オハイオ州ではPGAのゴルフ.トーナメントは雷雨で遅れた。国立測候所の嵐予測センターは日曜日、ワシントンD.C、ボルチモア、バージニア州バージニア.ビーチ、ノース.キャロライナ州ローリーで1,700万以上の住民が 「強化された厳しい雷雨のリスクを見ている」と伝えた。

ロスアンゼルス郡 カラバサス

カリフォルニア、ニューメキシコ、アリゾナ3州の消防士は週末山火事と戦っている。南カリフォルニアでは灼熱の気温により、週末卒業式に参加していた約10人が熱射病で病院に搬送された。国立測候所は、ロスアンゼルスの南及び東郊外で週末の気温は 3桁に達した為、野外で過ごす人は特に余分な予防策を促すよう住民に警告している。ロスアンゼルス郡カラバサスの山間部では4日灼熱による火災で3,000戸が危機に晒され、5,000の住人は避難したと当局は伝えた。南カリフォルニアのテメキュラの近くで30エーカーが燃え、一部の高速道路は強制的に閉鎖されたが、家屋が燃える緊急な脅威は報告されなかった。ニューメキシコ州南西アルバカーキから約100マイルにあるマグダレナ近くのサンマテオ山脈で雷に端を発した山火事はほぼ12平方マイルを燃やした。アリゾナ州の南部町ヤングで消火活動に参加している消防士は、遥かに大規模の炎と戦っている。ここでも落雷によって引き起こされた山火事はトント国有林で28平方マイルを燃やしている。

南カリフォルニアのテメキュラの近辺

当局は、極端な暑さと乾燥した時期は山火事の危険性が高いと述べている。つまり、一般的に夏が山火事の季節であると考えられてきたが、専門家は、季節を超えた火災は一年中起こると述べている。これは、気候変動の影響により、災害の頻度と程度が激化していると警告している科学者の研究を回想させる。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。