アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

昨日民主党6州、共和党は5州で劇的な予備選が行なわれた。カリフォルニア州ではヒラリー.クリントンおよびバーニー.サンダースは接戦に直面すると予測されていたが、クリントンは同州でトップの投票数を獲得し、サンダースに12%ポイント以上の票差で大勝利を果たした。サンダースはモンタナでクリントンを安全圏でリードし、ノースダコタでは圧勝した。クリントンは6日には既に指名に必要な代議員数を獲得した為、事実上民主党推定候補者になった。共和党の予備選はノース.ダコタを除く5州で実施されたが、既に辞退したテッド.クルーズおよびジョン.ケイシックもまだ票数を獲得した。クリントン及びトランプは違う意味での団結の問題に直面しているが、終盤戦を迎えた予備選は何を示唆しているのか?

民主党 クリントン サンダース
投票数 票率 投票数 票率
カリフォルニア 1,940,600 57% 1,502,000 43%
モンタナ    55,200 45%        63,200 51%
ニューメキシコ  110,500 52%     104,000 49%
ノース.ダコタ     101 26%              253 64%
サウス.ダコタ        27,000 51%        25,900 49 %
ニュージャージー      542,900 63%      315,300 37%
共和党 トランプ クルーズ ケイシック
C.A 1,174,800 75% 144,100   9% 176,600 11%
M.T   114,000 74%   14,500   9%   10,600   7%
N.M     73,700 71 %   13,800 13%     7,900   8%
S.D     44,800 67%   11,400 17%     10,700 16%
N.J  350.900 80%   26,800 6%     57,800 13%

7日のスーパー.チューズデイ前日、クリントンは指名獲得に必要な代議員数2,383をわずかに超過し2,384を獲得していた。ニューヨーク.タイムスの統計によると、今日の時点で忠実な代議員数の2,184 にスーパー代議員(S.D)の571を加えて合計2,755に達した。一方、サンダースは1,804の代議員数にS.Dの48を加え合計1,852を獲得したが、S.D制がない場合でも、クリントンはサンダースを安全圏でリードしている。カリフォルニア州は人口3,900万人以上の全米でほぼ最大規模の州である。白人は約62%、アジア系は約15%、黒人は約7%である。また英語を話す人口層は約57%、スペイン語は約29%、中国語約3%であり、多様性民族文化を誇る州である。同州でクリントンは主な3人の候補者の中で最も多くの投票数を獲得した。総体的にトランプをリードし、カリフォルニアでは約76万以上の票差があった。中西部および西部州のほぼ全ての州は圧倒的にクリントンを支持していることを示唆した。

サンダースはカリフォルニアで接戦になることが予測されていた為、勝利の望みを抱き同州で勝利した場合、全国大会に参加しS.D を説得する事でコンテスト大会になることを期待していた為、彼は支持者に彼が勝利する可能性があるとアピールしていた。トランプの勝利を防ぐことに執念を燃やしているサンダースは昨夜サンタモニカでの記者会見で「これはサンダース以上の問題であることは理解していると思います。それが我々を一体にしています」と語り、昨夜の時点でまだ大会までキャンペーンを辞退しない事を示唆した。過去の全国世論調査はほぼ全て大統領選での対抗で彼がトランプを打破する可能性はクリントンより強力であると予測している為、サンダースは繰り返しこの点を集会およびメディアでのインタビューで強調していた。CA州での敗北後、クリントンとの競争は厳しいことを認識しながらも来週最後の予備選になるワシントンDCでのキャンペーンも続け、7月の全国大会まで辞退しない構えである。

トランプはほぼ確実に共和党の大統領候補者として指名されるはずであるが、最近共和党議員(GOP)はトランプが人種差別者であったことを悟ったとして、議員達の間でショックが拡大している。トランプの連邦判事に対する人種的発言を痛烈に批判しながらもクリントンには投票できない為、躊躇しながらもトランプに投票せざるを得ないと述べ、葛藤がある事を示唆している。特に上院議会の GOPの一部はトランプを支持しないと公表するなど、トランプとの団結を促すグループと否定者との間で意見が分かれている。GOP複数のメンバーはトランプを批判し、彼に投票しないことを公表している。アリゾナ州の共和党上院ジェフ.フレイクは8日、CNNのインタビューで「トランプはホワイトハウスに勝利しない」と断言した。大半のGOPはトランプが重要な少数派であるヒスパニック系の有権者を引き離していると懸念し、連邦判事への謝罪を要求しているが、トランプは怒りを「克服しなさい」と反論している。昨夜、家族や友人に囲まれ、勝利スピーチを行なったトランプはサンダースの有権者を意識し、彼等は「冷たい不正な体制に取り残される」と述べ、民主党のS.Dシステムには問題があることを指摘し、サンダースの有権者にアピールしていることを示唆した。

元ファーストレディ、女性初のニューヨーク州の上院議員、元国務長官、昨夜女性初の民主党大統領候補の推定指名獲得者になったクリントンは勝利スピーチで、長い間女性の向上と闘ってきたが、女性初の米国大統領に就任した場合、女性の向上に益々貢献することを思わせるビジョンをアピールした。また、民主党の団結が必要であることをサンダースに緊急要請し、トランプは大統領に不適格であると非難した。またクリントンは、「米国を再度偉大にする」とのスローガンを掲げている核問題を含むトランプの外交政策は米国の安全と経済向上を維持する上で危険であることを頻繁に指摘している為、そのスローガンの実際の意味は「米国を逆転させましょう」と暗示していると指摘した。

GOPのトランプに対する態度は二分しているが、サンダースの頑な態度も民主党有権者を分裂し、クリントンと団結する為の出足が遅れる結果になる。強固なサンダースの支持者は11月クリントンに投票することで、トランプ打破に協力する可能性があるかどうかさえ不明である。多数の民主党議員は極端に失望したサンダースの有権者が大統領選の投票に参加しない場合、トランプが勝利する可能性があると恐れている。しかし、全国大会までクリントンとの競争を引きずる動機と正当性が著しく薄れたサンダースは、明日ホワイトハウスでオバマ大統領に会う為、クリントンの周囲で団結することを早急に彼の有権者に促すよう大統領に説得される可能性がある。クリントンがサンダースの有権者と団結する事は、トランプがGOPと団結する事より難易度は低い。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。