アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

12日早朝フロリダ州オーランドのナイトクラブで発生した大規模な殺戮事件の犯人の身元は判明し、動機が推測されている。LGBTの地域社会で起きたため、憎悪犯罪の可能性もあるが、法務執行当局は犯人がイスラム国過激派(ISIS)に傾注していた可能性があるとして調査中である。この事件の犯人による動機は政治的に論争的である。両党の主要候補者はこの事件のコメントをツィートし、オバマ大統領はテロ行為と憎悪犯罪の二重動機であると推測するコメントを提起した。幾つかの理由により共和党はテロ攻撃又はイスラム過激派に結びつけ、この事件を早速政治化している。

2007年バージニア工科大学で約30人が殺害された事件以来、米史上最大規模の銃撃事件が 12日早朝ナイトクラブで発生した。閉店前に起きたと言われるこの事件は、最初の段階で約20人が死亡し、数十人が負傷したと報告されたが、その後オーランド市長ブディ.ダイアーは50人が死亡し53人が負傷したと報告した。NBCニュースによると、事件 3時間後にはスワット(SWAT)チームが到着し、午前2時頃銃撃戦が始まったため、その銃乱射に巻き込まれた死亡者および負傷者の数が含まれていると推測されている。銃撃の犯人はAR-15アサルト.ライフルを使用し、警察との銃撃戦で警察官に射たれ死亡した。ナイトクラブは、LGBT地域社会の一つのスポットであり、彼等に対する憎悪、個人的な恨み、又はテロリズムのいずれかの動機が提起されている。12日午前中、フロリダのFBI当局者を含む複数の法務執行当局は、犯人の名前はオマール.マティーンであり、20代後半の男性であることを確認した。また、ISISは反LGBTである為、ISISI提携報道機関Amaqは、犯人は襲撃前に911に数回電話し、この事件の責任はISISであると公表したと報じられている。従って、マティーンはISISに傾注していた可能性があると見られている。

しかし、異常な憎悪が動機である可能性もある。NBCニュースによると、犯人は最初に銃を発射した後、約30人を人質に取った。現場に到着した警察官らは人質を解放しようとした時、最悪の銃撃戦に発展し、マティーンはその場で死亡した。警察官1人は重症を追った。犯人の父ミール.セディークは、彼の息子は数ヶ月前マイアミでキスしている二人の男性を見た時、怒ったと語り、これが銃乱射事件に関連している可能性があることを示唆した。セディークは息子の行動について全く気付いておらず、この事件を本当に遺憾に思っていると表明した。一般社会およびLGBT地域社会は相互協力により、この襲撃での被害者、生存者、遺族をサポートする為、カウンセリング.サービスを提供すると公表した。

最悪な大量殺戮事件に直面したフロリダ州の共和党知事リック.スコットは「明確にテロ行為であり、アメリカ人は怒るべきである」とコメントした。元大統領候補者の一人、フロリダ州共和党の米国上院議員マルコ.ルビオは今日、CNNのジェイク.タッパーとの電話インタビューで、予期しなかったフロリダでの虐殺事件で「個人が公然と我々をターゲットにする」事が可能な現状に強い懸念を示し、「テロとの戦争は我々が以前に直面していたことのないものに進化していることを思い起こさせる」と述べた。また、「実際このテロ攻撃がイスラム過激派のイデオロギーに触発されたものであれば、率直に言って、彼らがこの恐ろしい方法でこの地域社会を標的にする事は驚くべきことではなく、我々は全米でもっと何か幾つかの事を論議する必要があると思います」と語った。

バーニー.サンダースは今朝NBCのMeet the Pressで、大量殺戮について「恐ろしい、考えられない」ことであると述べ、以前自動銃の販売禁止を支持したと語った。ヒラリー.クリントンは ツイッターに「フロリダからの壊滅的なニュースを聞いて目が覚めました。より多くの情報を待っているにつれ、私の思いはこの恐ろしい行為に影響を受けた人達とともにあります」と述記している。ドナルド.トランプは数回ツイッターに投稿し、最初の投稿で「オーランドで本当に酷い銃射があった。警察はテロリズムの可能性を調査している。多数の人々は死亡し負傷した」と書いた。4つ目のツィートで「オバマ大統領は最終的にイスラム過激派のテロに言及しようとしていますか?もし、そうしない場合、彼は即時不名誉の辞任をすべきです」と相変わらず極端な表現をしている。オバマ大統領は午後、ホワイトハウスのブリーフィング室から国民に向けた声明を発表し、オーランドのLGBTナイト.クラブで日曜日に発生した大量殺戮銃射は「テロ行為及び憎しみの行為だったと言えるほど充分に分かっています。 FBIはこれをテロ行為として適切に調査しています。私たちを事実に導きます。明らかなことは、彼が憎しみに満ちた人だったことです。」と語った。また「レズビアン、ゲイ、バイセクシャル又はトランスジェンダーである私たちの友人には特に悲痛な日です」と述べた。

現時点で、ISISとリンクがあった証拠はまだ発見されていない。犯人の動機に関する政治家の論争ついては、注目すべき傾向がある。法務執行当局は犯人が現場で死亡した為、動機を調査中であるが、フロリダ州知事スコットは「テロ行為」であると言明し、トランプはイスラム過激派の テロ攻撃であると主張している。テロ行為を言及する場合、犯人に政治的目的があったことを証明しなくてはならない。どのような政治的不満が犯人の大量殺戮の動機になったのか不明である。また、ルビオは個人による大量殺戮が平然と行なわれた現状を懸念し、イスラム過激派が関与している可能性を暗示した。トランプは早速反応することでこの事件を政治化し、犯人はイスラム過激派であると主張しているが、その証拠はまだ提起されていない。共和党がイスラム過激派に言及する場合、ほとんどイスラム教徒をイメージしている場合が多い。従って、トランプのイスラム教徒入国禁止の発言は正当化される為、この表現は政治的に都合が良い。オバマ氏はテロ行為及び憎しみの行為の両方の動機があると推測したようであるが「イスラム過激派」の表現を使っていない。政治家が一定の表現を用いる場合、政治的利用の可能性があるため、慎重でなくてはならない。被害者に対する同情的な表現だけに留め、政治化するような発言を控えた人物はクリントンだけである。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。