アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2018 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

2016年7月7日 のアーカイブ

クリントンを「嘘つき」として描写した公聴会 

終焉を迎えたと思われたヒラリー.クリントンのEメール問題は予期しなかった方向に複雑化してきた。5日 FBIディレクターのジェイムス.コミは、彼女が国務長官時代、公職の用件に個人サーバーを利用していた事実は「極端な不注意」であったが起訴すべき犯罪を犯した証拠はないと公表した。この FBIの判断はEメールに機密情報として分類される文書が含まれていた事を意味する。しかし、先週ビル.クリントンは法務省長官のロレッタ.リンチに会っていることも含めて、ディレクターの声明はヒラリー.クリントンを大統領選の強力な政敵と見る共和党の多大な関心を引いた。7日 緊急に開催された共和党先導の下院監視委員会の公聴会で、コミはあらゆる角度から共和党議員の辛辣な尋問を受けるはめになった。公聴会の目的は、クリントンが「嘘つき」であることを意図的に描写するためである印象を受けた。 (さらに…)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。