アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

28日最後の民主党全国大会で最後のステージを飾ったヒラリーク.リントンは女性初の米国大統領候補者の指名受諾スピーチを披露した。彼女のスピーチは一貫して、個人的に語るような調子でゆったりと穏やかであり、幾つかの点でトランプの間違いを指摘した場面も本人に語りかけるような温かみと説得力があった。また、歴史的観点から現状を結ぶストリーを展開し卓越したスピーチであった。

ヒラリーク.リントンの人となりを振り返るビデオが紹介された約20後、東部時間午後10時30分からクリントンは、彼の家族、支持者、及び党内団結に多大な努力をしたバーニー.サンダース、オバマ大統領のリーダーシップに感謝を表明した。また、共和党全国大会で恐怖をアピールしたドナルド.トランプの「分裂的」なスピーチに触れ、偉大な民主党大統領フランクリン.デラノ.ルーズベルトが80年以上前に語った有名な一節「我々が恐れるべき唯一のことは恐怖そのものです」を引用し、挑戦は常にあるが「私たちは壁を建築しません」とトランプに対抗した。また、民主党大会が開催されているフィラデルフィアは240年前の米国の発祥地であることを語り、13の植民地の代表者はここから近いところで会い、その幾人かは王側に残ることを、幾人かは独立することを主張したが、革命は成功したと語った。「その後、彼らはお互いに耳を傾け始め、妥協、共通の目的を見つけました。フィラデルフィアを去った頃までには、彼らは彼らを一国として見始めるようになりました。すなわち、それは王に立ち向かうことを可能にしました。それは勇気を要しました。彼らは勇気がありました。我々の建国の父は、我々が一緒であればもっと強いとの永続的な真実を包含していました」と述べた。

更に、「アメリカは再び清算の瞬間に直面しています。強力な力は、私たちを引き離すために脅かしています。信頼と尊敬の絆はほつれています。そして、ちょうど私たちの創始者と同様、保証はありません。それは本当に私たち次第です。我々は一緒に上昇することができるように、すべて一緒に行動するかどうかを決定する必要があります。私たちの国のモットーは多くから作られた一つであり、多くの中で我々は一つです。 私たちは、そのモットーに忠実であり続けるでしょうか?我々は彼の大会で先週ドナルド.トランプの答えを聞きました。彼は私たちを世界から、そして互いを分裂させたいのです。 彼は、今日の世界の危険、その無限の約束に私たちを盲目にする賭けをしています。彼はモーニング.アメリカからミッドナイト.アメリカまで長い道のりに共和党を連れて行きます。彼は、私たちが未来を恐れ、お互いを恐れることを望んでいます」と述べた。

クリントンは、我々は恐れることも、壁も建設することもないが「既に我々の経済に貢献している何百万人かの移民に市民権の道を築きます」と述べた。また、「私たちは宗教を禁止しません。私たちは、テロリズムと戦うためすべてのアメリカ人及び我々の同盟国とともに働きます」と断言した。その後、経済、軍事力、最も革新的な起業家、最も永続的な価値、自由と平等、正義と機会のあるアメリカは既に偉大であるため「この国は弱いと誰にも言わせてはならない」と警告した。また、トランプはクリーブランドの大会で「私一人が修正できます」と言ったことについて「本当ですか?彼は何かを忘れていないですか?最前線の兵隊、警察官、危険に向かっている消防士、私たちを世話してくれる医師と看護師、教師、すべての問題に可能性を見出す起業家、暴力で子供を失い他の子供たちの安全を維持する運動を築いている母親など、彼は私たちの全てを忘れています。私たちは一緒に修正します」と指摘し、クリントンはキャンペーンのスローガンの重要性を強調した。

非系統的なスピーチで、祖父母を含む家族背景、9.11後多くのアメリカ人との出会い、及びそれが特に子供健康保険プログラムの政策を制定する動機になったことなどの体験について語った。また、クリントンは大統領になる準備ができていると全てのリーダーが主張している通り、労働者及び中産階級の雇用機会、最低賃金、社会保障を含む経済向上、富豪層が政治家を買う大金の影響力を無くすためシティズン.ユナイテッドの撤廃、ウォール街の改革、クリーン.エネルギーを含む気候変動、包括的移民改正法、銃規制、刑事司法制度、公民権、人権、L.G.B.Tの権利などほぼ全ての政策について概略的に語った。

トランプはこれらの問題について「解決法の提示はゼロです」と述べた。「しかし、彼はビジネスマンです。彼は、経済についての何かを知っている必要があります。それでは、詳しく見てみましょう」と述べ、ここから60マイル離れたアトランティックシティでドナルド.トランプは支払いを拒否したため、請負業者や中小企業はすべてを失ったと語った。「人々は仕事をしましたのでお金が必要でしたが、それを取得できませんでした。彼はそれらを支払うことができなかったではなく、支払わなかったのです」と伝えた。更にクリントンは「米国を優先する」と言っているトランプは彼自身のビジネスが全て海外で生産されていることを説明し「トランプ.スーツはミシガン州ではなくメキシコで生産され、トランプ家具はオハイオ州ではなくトルコで製造され、トランプの写真用フレームはウィスコンシン州ではなくインドで作られています。トランプはアメリカを再度偉大にすると言っていますが、彼はアメリカで再度、物を実際に作り始めることができます」と語った。

また、外交政策について語った時、トランプは「私は将軍よりもISISのことを詳細に知っています」と述べたことを引用し、直接本人に語りかけるように「いいえ、ドナルド、あなたは知りません」とため息をつくような表情で伝えた。また「彼は私たちの武装勢力は災害であると主張していますので、我々の軍隊より知っていると思っています」とし、彼の間違いを指摘し大統領は訓練を受けた優秀な男女で構成される軍隊を尊敬する必要があることを指摘した。1960年代のキューバ.ミサイル危機の歴史を例に、核兵器問題など米国の最高司令官に必要なことは、知性、判断、冷静な決断、正確かつ戦略的な応用力の重要性を強調した。約1時間のスピーチのほぼ最後に、「進歩は可能であることを伝えるため、今夜ここにいます」と述べ、「建国の父はそれを示しました。それ以来多くの歴代の大統領は、全ての国民のためより良い何かを構築するため国の愛、そして無私の情熱で一緒に引き寄せました。それはアメリカの物語です。我々は今夜、新しい章を開始します」と述べ、大会の幕を閉じた。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。