アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

7月の雇用情勢は雇用及び賃金の着実な増加を示し、引き続き米国の経済は明るい見通しであることを示唆した。経済は大統領選で重要な課題であるため、共和党の大統領候補者ドナルド.トランプは具体的な経済政策を提供していないが、今日10人以上の経済顧問チームを紹介した。しかし、彼の選択は労働者の経済を重視することで庶民性をアピールしてきた彼の路線とはイメージが異なることを示唆した。

5日に公表された労働統計局によると、7月の雇用拡大は予測されていた基準を上回り、非農業部門の雇用は255,000を追加し、失業率は前月と同様の4.9%である。成人男性の失業率は4.6%、女性は4.3%、十代15.6%である。人種別の失業率は白人4.3%、黒人8.4%、アジア系3.8%、ヒスパニック5.4%である。 昨年8月の黒人失業率は9.5%、十代は16.9%であった為このグループは顕著な向上が見られるが、アジア系は同時期の3.5%に比較すると幾分失業率は増加した。また、良好な変化は賃金上昇が見られることである。7月の民間非農業部門のすべての従業員の平均時給は8セント増加し$25.69であり、年間平均時給は2.6%上昇した。生産及び非管理職労働者の平均時給は、7月に7セント増加し$21.59である。

経済の強さを示唆する7月の雇用情勢は投資及び高賃金を促進する可能性があることを示唆した。5日のロイターによるとニューヨークのオックスフォード経済学の米国マクロ経済学頭取であるグレッグ.ダコは「企業は依然として労働に投資し、従業員を保持するため高い賃金を支払う意思があります。強い雇用と堅実な賃金増加の組み合わせは所得と消費支出を支持し続けるべきです」と述べている。強い労働市場及び賃金の伸びは「有権者の不満を緩和することを可能にする」との肯定的な見方を表明した。

大統領選は常に経済が最も重要な課題であるが、白人の労働者階級にアピールしているトランプは、労働者に必要な具体的経済計画を公表していない。5日彼は経済顧問13人のチームを紹介したが経済学者はほとんど含まれていないと言われている。ほぼ全員が金融及び不動産業界の役員であり、ビジネス上交流のあるトランプの友人関係者である。また、トランプはクリントンをウォール街に染まった政治家として批判しているが、彼が今日紹介した経済顧問はほとんどがウォール街の億万長者であるため、彼が支持者にアピールしていることに一貫性がない印象を受ける。いずれにしても、トランプは来週彼の経済政策を発表する予定である。ヒラリー.クリントンの経済政策は総体的に労働者及び中産階級を保護することである。最低賃金上昇を保証し、高所得者に公平な税金を支払ってもらうことを公約することなど具体的な政策を公表している。最近、トランプを放棄してクリントン支持を表明した幾人かのビジネス関係者は、クリントンの経済政策を支持している。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。