アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

オバマ大統領は昨日、壊滅的な洪水の被害を受けたルイジアナ州で最も打撃のあった被災地バトン.ルージュを視察した。ドナルド.トランプはキャンペーンの一環として19日に同州を訪問し、水を含む幾つかの供給品を寄付したため、休暇中の大統領は見舞いが遅れたとの批判もある。同州は11年前にも記録的な洪水災害に見舞われ、当時大統領であったジョージW.ブッシュも対応が遅れ、熾烈な批判を受けた。一方、オバマ政権はルイジアナ州で12日からの記録的な降雨による洪水災害に備えて、経済的救済を提供する米連邦緊急事態管理局(FEMA)の詳細な情報を既に14日公表していた。 

注記:ブルーで示す地帯は被害地域を指す。

ルイジアナ州ニューオリンズは11年前の2005年8月、ハリケーン.カトリーナで壊滅的な被害を受けた。当時は1,600人以上が死亡し、多数の住民が家を失った。ブッシュは救済の努力及び準備不足により、特に対応が遅れたことで、彼の政治生命は終わると言われたほど厳しい批判を浴びた。今回、同州の人々は不運にも連続的に劇的なハリケーンに直面したが、複数の地域で発生した洪水はニューオリンズからもっと北西部に位置しているバトン.ルージュが最悪であった。同州の洪水で13人が死亡し、7,000人以上の人々が避難生活を余儀なくされ140,000人が洪水の被害を受けた。

トランプは19日キャンペーンで同州の幾つかの地域を訪問し、トラックに満載した子供の玩具、おしめ、ソックス、水などを寄付した。トランプがランニング.メイトのマイク.ペンスと共に現地を訪問したが、1分以内におもちゃの配布を手伝うとすぐ退去した。一方、大統領は家族とマサチューセッツ州南ケープ.コッドのマーサズ.ヴィンヤードで休暇中であったが23日トランプより一足遅れて、10万以上の人々が FEMAの援助に登録したバトン.ルージュを訪問した。当地の挨拶で「我々は失われた人々に悲嘆されています」と述べ、通りに積まれた瓦礫を見ると、家の内部はほとんど何も残されていないことが誰でも理解できると語った。

大統領がルイジアナ州の洪水被害地を視察する前に、オバマ政権は影響を受けた個人に対するFEMAによる経済的救済の詳細を14日公表した。仮設住宅のレンタルの支払いには適用されないが、多数の住民はFEMAのいずれかの援助に登録した。例えば、 ⑴ 最初の援助は住宅所有者に最大3ヶ月間、賃借人には少なくとも1月分の現金を提供する。⑵ 安全、衛生的、機能的にするため、家の修理及び保険で補われていない必需品を購入する補助金を提供する。⑶ 個人財産の交換、及び保険や他の連邦、州、慈善援助プログラムで補われていない医療、歯科、葬儀、交通機関やその他の重大な災害関連のニーズを満たす為助成金を提供する。FEMAは適格費用総額の75%に資金を提供し、25%は州が提供する。⑷ 災害のため一時的に職を失った労働者及び自営業者など、州の受益資格条件を満たしていない人々に26週間までの失業金を支払う。

⑸ 保険で完全に補償されない住宅の損失を補うため低金利ローンを提供する。主要な居住には$ 200,000まで、賃借人を失ったことも含めて個人財産には$ 40,000のローンが可能である。⑹ 保険で完全に補償されない事業財産の損失には$200万までのローンを提供する。⑺ 災害で不利な経済的影響を回復するため、また、資本操作上の資金を必要としている中小企業、小規模農業協同組合、ほとんど民間及び全ての規模の非営利団体に$200万までのローンを提供する。財産の損失ローンとの組み合わせのローンは合計$200万までである。⑻ 生産及び財産の損失を補うため、主な住居を除く農家、牧場主、養殖事業者に$500,000までの貸付金を提供する。その他の救済プログラムには災害で心に傷を負った人のための危機カウンセリング、死傷者の損失を提出するため所得税の援助、法的、退役軍人給付と社会保障に関する助言支援などがある。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。