アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for images of Models at Trump Model Management

議会は長い夏休みから戻り、ヒラリー.クリントン及びドナルド.トランプの両氏は今夜最高司令官としての責任、威厳及び知識を国民にアピールするためフォーラムに参加する。両氏の攻防戦が激化している中で、両党の大統領選に関する国民の確信と関心が最低のレベルであるため投票参加率が低下する危険性もあり、11月の選挙が近づくにつれ接戦になる可能性がある。トランプのモデル.クラブは労働許可のない不法移民をモデルとして使っていた違反が指摘されている事に加えて、トランプ財団はフロリダの司法長官に不法慈善寄付をしていたスキャンダルが浮上し、トランプに対する調査が要請されている。

昨日9週間の休暇を終えて戻ってきた議会メンバーの最初の仕事は、継続(CR)予算法案を通過することである。彼らのゴールは政府を閉鎖しないことであるため、上院多数派リーダーのミッチ.マコーネルは今日 12月9日まで政府に短期融資するため超党派の予算法案に取り込んでいると公表した。議会のスタートと同時にトランプに対する幾つかの違反が指摘されている。8月30日に暴露されたトランプ.モデル.マネージメントによる不法移民の採用について、カリフォルニア州の米国上院議員バーバラ.ボクサーはこの組織に対する調査を要請した。これを報告したマーザー.ジョンズ(MJ)によると、トランプのモデル運営組織は観光ビザで入国した外国人女性をモデルに起用したため、移民法に違犯した疑いが提起された。非米国市民であるトランプの元3人のモデルは適切なビザなしに不法労働したことをMJに告白した。トランプの妻であるイバンカの入国時の移民状況にも疑惑が以前提起されたため、今後明白になる可能性がある。

トランプは、彼のキャンペーンでの集会で支持者に対して、不法移民は米国人の労働を奪うと頻繁に指摘し、9月1日ビザ期限後も滞在している移民を含む全ての不法移民を強制送還すると公約したため、彼の移民政策も偽善的であると批判されている。7日のニューヨーク.ディリー.ニュースによると、ボクサーが「歪曲したモデル機関」に対する調査を呼びかける寸前、責任と倫理の市民と呼ばれる政府のウォッチドッグは、米国内国歳入庁(IRS)にフロリダの司法長官パム.ボンダイに対するトランプの不法慈善寄付についての調査を要請した。トランプは数年前「怪しげな戦術を通して連邦税法、労働法、及び移民法に違犯した可能性がある」と指摘されている。ボンダイは2013年に彼女の再選キャンペーンで$25,000をトランプ財団から受理した。その後、彼女は詐欺容疑で告訴されたトランプ大学の調査はしないと公表した。トランプ大学は現在、ニューヨークとカリフォルニアで連邦訴訟の対象になっている。当時、トランプ財団及びこの寄付についてはさほど注目されていなかったが、先週ワシントン.ポストはトランプが寄付に関する税法に違犯した罰金として$2,500をIRS に支払ったことを報告した。観光ビザで入国した外国人にモデルとして不法就労させた件に関して、ボクサーは国土安全保障省(DHS)に調査を求めている。彼女は 「私はトランプ.モデル.マネージメントに課せられた主張にとても懸念していますので、同社の雇用慣行の調査をオープンすることを要請します」との手紙をDHS市民権及び移民サービスのディレクターであるレオン.ロドリゲスに送った。

トランプは、先日クリントン財団について調査するよう攻撃していたが、今回彼自身が複数の法律違犯の疑惑に直面した。彼はクリントンが公開していないメールは多数あると批判し、繰り返し集会で、彼女が告訴されていない事実は不公平であると支持者に語っている。昨日フォックス.ニュースのビル.オライリーとのインタビューでトランプは、彼のランニング.メイトであるインディアナ州知事マイク.ペンスは、今週納税申告書を公表するため「プレッシャーを感じていないか」と聞かれ「監査が終われば納税申告書を公表します。私はそれには何の問題もありません」と答えた。監査中でも納税申告書は公表できるとオライリーに指摘され、「クリントンがメールを公表したら、納税申告書を提出する」と応答したため、彼が納税申告書を提出しない理由は実祭にはIRSの監査とは無関係であることを認めたと指摘された。FBIディレクターのジェイムス.コミは今日公文書を提供し、告訴しない決定について「告訴可能なケースではなかった」と再度決定を擁護し、これまで公表されていなかった多数のメールを議会に提供したが今後も公表する書類があることを明白にし、透明性を強調した。

クリントン財団対トランプ財団、トランプの未提出納税申告書対クリントンのメール問題など、一般の有権者は両候補者に対して多少なりとも懐疑的である。特に独立派にとって「悪魔的要素が少ない」候補者はどちらであるかが選択の基準であると言われている。両党の候補者に対する有権者の意識を調査した2日のピュー.リサーチの報告によると、2008年の大統領選で共和党有権者が民主党候補者のバラク.オバマに反対していた率は35%であったが、2016年にクリントンに反対している率は53%である。また、2008年に民主党有権者の25%は共和党大統領候補であったジョン.マケイン(アリゾナ米国上院議員)に反対したが、2016年トランプに反対している率は46%である。両党の候補者に対する有権者の否定的感情は2008年に比較して今年大幅に拡大したことを示唆した。従って、今年の大統領選の投票参加率は2008年に比較して低下する可能性があり、共和党有権者の投票参加率は民主党より幾分高いと予測されている。これは接戦になる可能性が高くなる一要素である。しかし、今夜のフォーラムでは主に外交政策について視聴者からの質問を受けるため、トランプにとって26日に開催されるクリントンとの最初の討論会前の本格的なテストになると思われる。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。