アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for images of Clinton's health issue2016年 9 月 11日:NYでの9.11セレモニー参加

民主党大統領候補者ヒラリー.クリントンは、先週集会でのスピーチ中ひどい咳をしていた。先週末には肺炎であると診察されていたが、2日間その診断結果を公表していなかった為、政敵は即時に公表しなかったことを批判している。昨日ニューヨークで開催された同時多発テロ15周年記念のイベントに出席していたクリントンは、約90分後に過剰な熱と脱水症状で娘のチェルシーのアパートに送られた。共和党のライバルであるドナルド.トランプは先週からクリントンは何か健康問題があると指摘し、大統領候補者の健康は選挙の課題であるべきだと主張した。クリントンの健康問題が選挙にどのような影響を及ぼすか不明であるが、両氏は他にも幾つかの問題に直面しているため、相変わらずマスコミの過剰な注目を浴びている。

国立心肺血液研究所(NHLBI )によると、肺炎を引き起こす可能性がある病原菌には細菌、ウイルス、種類の異なる菌類が挙げられ、毎年数百万人が感染する。人体は感染から肺を保護するため、呼吸する空気に混入した細菌を濾過する機能がある。免疫システム、鼻と喉の形状、咳をする能力、および繊毛と呼ばれる微細な毛状の構造は細菌が肺に達することを停止する役目を果たす。しかし、免疫システム及びその機能が弱っている場合、肺に入った細菌は感染を引き起こす要因になる。細菌性肺炎には幾つかのタイプがあり、65〜79歳の人口層に最も多いタイプはクラミジア.ニューモニエと呼ばれる肺炎である。これは一年中発生し、多くの場合軽度である。一般的な肺炎の症状には咳(幾つかの肺炎では緑系または黄色の粘液、血混性粘液を見る場合がある)、軽度または高熱、悪寒、階段を登るときに発生する息切れがある。その他の症状には呼吸時に鋭い痛みまたは刺すような胸の痛み、 頭痛、過度の発汗、肌のベトベト感、食欲不振、低エネルギー、疲労感、高齢者の混乱がある。

クリントンは国務長官時代4年間で約100か国を訪問し、行動力と活力は男性以上であると言われていたが、2012年末には北アフリカやペルシャ湾の旅行中、脱水症状で帰国したことがある。また、クリントン長官は2012年12月脳血餅が発見され入院した経験もある。彼女は現在68歳であり、大統領候補指名者として多忙な日々を過ごしているため、何らかの健康問題が生じても不思議ではない。昨日クリントンは高熱があり、多数の議員が参加し、混雑した場所に立っていた時バランスを失い、シークレットサービスに援助されてチェルシーのアパートに運ばれた。数時間後、アパートから出てきたクリントンは回復した様子であった。姿が放映されていない女性に「気分は良くなりましたか」と聞かれ、「非常に気分がいいです」と答えた。出迎えた記者や支持者に手を振り、写真を一緒に撮影することを依頼した少女に応じるなど、いつもと変わらない様子であったが、 9日彼女の医師は肺炎であると既に診断していたことが今日判明した。その肺炎がどの程度まで軽度または深刻であるか不明である。
Image result for images of Clinton's health issue       数時間後にチェルシーのアパートから出てきたクリントン

トランプは昨年、歴史的にどの大統領候補者よりもっとも優れた健康状態であることを示唆する彼の医師の手紙を公表した。今年、 CNNを含む多数のメディアは、この医者とのインタビューを試み、その手紙は突然の依頼によりわずか5分間で急いで書いた物であることを発見した。その手紙について他の医者は「奇妙な言葉遣い、医学的に不正確な用語、及び専門外の結論」であると述べた。トランプがなぜそのような緊急の手紙を公表する必要があったのか疑問が提起された。トランプは先週、クリントンは健康上に問題があるため、大統領にはふさわしくないと批判していたが、今日ファックス.ニュースでのインタビューではトーンを変え「彼女が早く良くなるといいです。何が起きているのかわかりません。咳をしているところを見ましたので肺炎だと思います。元気になってキャンペーンに戻り、討論会で会うことを希望しています」と述べた。しかし、トランプのキャンペーン.マネジャーであるケリアーン.コンウェイはMSNBCのモーニング.ジョーで、既に肺炎の診断を受けていたにもかかわらず、11日気分が悪くなるまで隠していたと批判し「彼女はまだ透明ではないです。まだ記者会見で自分自身をオープンにしていません」と語った。

トランプ.キャンペーンは、クリントンの健康問題に過剰反応し、大統領選候補者の健康問題は重要な課題であると指摘している。クリントンのキャンペーンは、健康問題を不透明にすることで不必要な噂を広める要因を作ることはキャンペーンのプラスにならないと決定したため、もっと広範な健康診断書を公開すると発表した。クリントンの広報担当であるブライアン.ファロンは12日、MSNBCとのインタビューで「我々が昨日見たことについて、根強い懸念を解放するため、付加的な医療情報を公開します」と述べた。また、クリントンは今週末までにはキャンペーンに戻る予定であり、肺炎以外に他の健康問題は発見されていないことを明白にした。クリントンは12日及び13日にカリフォルニアで予定されていた募金イベントに参加せず、ニューヨーク州チャパクアの自宅で休養しているが、今夜サンフランシスコの募金活動は電話会議で行う予定である。

今後、詳細な健康情報が完全に提供されるまで、クリントンに対する圧力は続く可能性がある。しかし、トランプの健康状況については事実上誰も理解していないため、トランプは今週、彼の健康情報を提供すると公表した。11日のエピソードは、有権者にとって大統領候補者が健康であるかどうか重要であることを改めて考える機会を与えた。トランプのキャンペーンは先週クリントンがトランプ支持者の半分は「嘆かわしい人たち」であると表現したことを攻撃し、彼女に謝罪を求めている。彼女は後悔したことを表明したが、これはトランプが彼女を批判する強力な材料になった。一方、トランプ財団のお金の流れを調査しているワシントン.ポストはトランプが頻繁に他の慈善団体にトランプ財団への寄付を求め、トランプ財団の名目で他の人にそのお金を与えていたことを公表した。トランプは自分のお金を多数の人々に寄付したと繰り返し述べていたため、実際には「他人のお金」であったとの疑惑が提起された。この問題は今後さらに明白になるはずである。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。