アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for images of Birther Controversy

オバマ大統領に対する国籍の陰謀説をバーサー.コントラバーシィと呼び、バラク.オバマは米国生まれではないと信じている人達の論争に言及する。その陰謀説の最も先導的役目を果たした人物はドナルド.トランプである。彼は今日30秒以内の言葉で、遂に「大統領バラク.オバマは米国生まれである」と宣伝し、長年維持してきた彼の陰謀説を放棄した。オバマ大統領に残された任期約4か月前の初めてのトランプの公的宣言は、ここ数日多数の陰謀説または少なくとも懐疑的であった共和党の著名人が同じ宣言をし、トランプのキャンペーンは共和党候補者がオバマは米国生まれであると信じていると公表した後である。長年続いたバーサー.コントラバーシィ(Birther Controversy)が完全に終わった印象を与えているが、トランプはこれに直結した新たな虚偽説を提供した。

トランプは16日、ワシントンD.Cのトランプ国際ホテルで開催された数十名の退役軍人支持者に囲まれ、数分間のスピーチを行い「バーサー.コントラバーシィを最初に始めたのは2008年にヒラリー.クリントンと彼女のキャンペーンであり、私がそれを仕上げた」と発言した後、「大統領バラク.オバマは米国生まれである。ピリオド(完全終止を意味する)」と述べた。多数のメディアはこのエピソードをニュース速報として報じているが、CNNはこの瞬間の声明を計測し28秒であると劇的に反応した。オバマ大統領が就任した2009年1月以降、公的に「オバマは米国生まれではない」と表明した人物は多数存在する。トランプは大統領に対して、誕生国の懐疑心を公的に表明し、執拗に誕生証明の提示を要求したことで知られているが、これは人種差別、嫌悪及び虐待の何物でもないと批判されていた。

オバマ大統領は予備選に勝利した後、簡単な誕生証明を提供したが、就任直後台頭したティパーティ運動の一部のメンバーは「ケニアに帰れ」など辛辣なメッセージを掲げ、歴史上初の混血大統領を攻撃し続けた。大統領はトランプの要求に応じ、彼が生まれたホノルルの病院の誕生証明書を2011年4月27日に提出した。その三日後に開催された恒例のホワイトハウス夕食会で、トランプは大統領に誕生証明の件でからかわれた。2012年8月6日トランプは「非常に信頼できる情報源が私のオフィスに電話し、バラク.オバマの出生証明書は『偽造である』と私に言った」とツイートした。その信頼できる情報源の証拠を提示することはなく、陰謀説に固執し続けた。その後も最近まで出生証明は偽造であると主張し続け、時には「オバマはケニアで生まれた」との投稿も含めて、少なくとも今年の1月まで多数の辛辣なコメントを公開した。結局、今日その出生証明書が正しかったことを認めるまで7年以上の歳月を要した。

今週、再度バーサー.コントラバーシィが持ち上がり、元ニューヨーク市の市長であったルディ.ジュリアニは「バラク.オバマは米国生まれである」と宣言し、トランプのランニング.メイトであるマイク.ペンスも同様に宣言した。トランプの身近な支持者が宣伝したことに影響を受けたトランプは昨日まで躊躇していたが、今日宣言した際、末尾に口論の余地はないことを強調する「ピリオド」と述べたため、7年以上続いたバーサー.コントラバーシィが終わったことを示唆した。大統領国籍の陰謀説の先駆者であったトランプが大統領の米国市民権を遂に認めたことは劇的であったが、2008年の大統領予備選でバラク.オバマのライバルであったヒラリーがオバマの誕生国に最初に疑問を提起したと発言したことで新たな火をつけた。多数のメディアはクリントン及び彼女のキャンペーンがそのような疑問を公的に提起した記録はないと指摘したため、事実上「証拠」がない。トランプはなぜ常に事実を捏造し、誇張し、誤情報を提示し続けるのか、多数の主要メディアは新たな驚きを表明している。

オバマ大統領は今日、ホワイト.ハウスの大統領執務室でトランプが遂に大統領の誕生国を認めた宣言をどう思うかと記者に聞かれ「私は私が何処で生まれたかにとても確信があります、ほとんどの人々も同様だと思います」と笑って答え、そのようなコメントに反応することより「もっとやるべき良好な事がある」と語った。トランプが先導したバーサー.コントラバーシィは結局崩壊したが、トランプ支持者の大半は「バラク.オバマは米国生まれではない」と信じているため、彼らがどのように反応するか不明である。2015年 9月1日の公共政策世論調査(PPP)によると66% のトランプ支持者は「オバマはイスラム教徒」であると信じ、61%の彼の支持者は米国生まれではないと思っている。わずか一年前のこの調査から今日もほとんど変化はなく、数日前報告したMSNBCニュースによると、トランプ支持者の58%はオバマ大統領に対する国籍の陰謀説を信じている。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。