アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for Images of Russia and Cyber attack & 2016 Election

ヒラリー.クリントン及びドナルド.トランプは26日最初の討論会でサイバー.セキュリティについても論争した。トランプはロシアが関与している証拠をオバマ政権は握っていないと表明した。昨日、米国情報および法執行当局はでロシアが選挙システムに侵入し、2016年の大統領選に影響を与えている証拠を握っていることを再度明らかにした。選挙システムがターゲットになっているサイバー危機の現状及びどのような点が公表されているのか?ロシアによる米国選挙システムへの侵入目的は何か?

29日のNBCニュースによると、20州のオンラインでの投票登録のデーターベース情報がターゲットされたことが判明した。これは国土安全保障省(DHS)が以前認識していた範囲を超える活動である。しかし、8月オンライン有権者登録データーベースのアクセスに成功した違反ケースはイリノイ州とアリゾナ州だけである。このハッカーの2例はロシアにリンクしているが、DHSは他の州で侵入に失敗した背後に誰がいるのか現在検証中であるため、まだ完全に明確にしていない。民主党全国大会(DNC)の電子メールが盗まれた事件は「プーチン政権に直接リンク」していることを示唆している。情報当局はロシア政府が選挙に影響を与えようとしている事に「間違いはない」とNBCに語った。

上院及び下院情報委員会の説明会で議員らが先週受けた秘密資料は、ロシアとの関連性を明確にした。説明を受けた議員らは、ロシアの目的はアメリカ大統領選の「信頼を損なう」ためであると推測した。別の目的は、ロシアとの緊迫した外交関係に基づくもので、「地政学的な警告」を送っている可能性がある。NBCによると、国家安全保障局のディレクターであるマイケル.ロジャースは今年の夏、議会諜報委員会で「ワシントンは潜在的な敵との緊張が軍事衝突にエスカレートする場合、私たちのDHSは危険に晒されるとのメッセージを伝えるため私たちの重要なインフラの一部にサイバー指紋を残した可能性があると信じている」と語った。FBIディレクターのジェームス.コミは、今週行われた議会の公聴会で選挙システムへの脅威を「非常に真剣」に受けとめていると語った。

米国の選挙システムがターゲットになっている現状の要点は、⑴ 投票数を正確に盗む可能性は低いことである。なぜなら選挙のインフラは分散化され、投票機はインターネットに接続していないためアクセスすることは不可能である。⑵ 混乱及び不安全な種を撒くことは可能であり、民主主義そのものを破壊する要因である。⑶ 現在から11月8日の最後の投票までの期間に混乱が生じるとの懸念が提起されている。⑷ DHS当局は電力網、運輸部門、エネルギー.ネットワークを含む重要なインフラは先制攻撃に対して脆いと警告し、その攻撃は民間企業、証券取引所、メディアに対する経済的影響を与える可能性があると警告した。

情報当局は、ロシアが米国に対してスパイ活動を行っているとの確信はあるが、告訴するまでには至っていない。現在ホワイトハウスはこの進行を監視しているだけの状態であるが、法執行当局はロシアの情報範囲の把握及び選挙基盤を強化するため奮闘している。ロシアのハッカー.ネットワークは既にDNCの電子メールを盗み、その情報をウキリークスに漏らしたため、米国の情報システムは脆い側面があることを暴露している。その後、FBIは全ての州で選挙システムのハッカーの侵入があることを警告した。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。