アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for Images of Hurricane Matthew in Florida

ハリケーン.マスュー被害によるハイチでの死亡者数は急増したため、まだ極端に危険な状況であると言われている。7日フロリダの中心部は直接的な打撃を避けることが可能であったと報告されているが、フロリダでは不在者登録を希望している多数の人たちが避難中であるため、不都合に直面していると言われている。ヒラリー.クリントンのキャンペーンは、ハリケーン.マスューの影響で避難している有権者の投票登録を延長するよう幾つかの激戦州に要請したが、熱心に避難命令を下したフロリダ州の知事リック.スコットは投票登録期限の延長を拒否した。法律の専門家は、フロリダの対応は違反であるとして、民主党は告訴することが可能であると警告するなど、ハリケーンは選挙に多大な影響を及ぼしている。

フロリダを襲ったハリケーンの危険度は現在、カテゴリー3に低下したと報告されている。強風を伴う毎時100マイル以上の速度でフロリダの海岸線に沿って北へ移動し、ノース.キャロライナ、サウス. キャロライナ及びジョージア州に向かっている。ダイトナ.ビーチを視察したフロリダ州の米国上院議員マルコ.ルビオはCNNのアンカー、ジェイク.タッパーとのインタビューで、強風により多数の場所が被害を受けていると語った。幸いにもフロリダ州の海岸は大きな損傷に至っていないようである。フロリダ州知事の事務所は80万人以上の住民が停電に直面したと報告した。

Image result for Images of Hurricane Matthew in Florida

このハリケーンは政治的にタイミングが良くない。 フロリダ州の投票登録の締め切りは10月11日である。緊急避難を強要された人々の中には、投票登録をせず避難した有権者も多いと言われている。彼らは早期投票または不在者投票に参加することを要望しているが、ハリケーンの影響によって活動が阻害され、締め切りまでに間に合わない人が多数いるという。クリントンのキャンペーンは、致命的ハリケーンに遭遇している住民の安全が優先されるべきであり、そのような状況を考慮した選挙システムであることを要望するとして、フロリダ州に投票登録の期限を延長するよう要請した。しかし、スコット知事はハリケーンの到来前に時間があったはずであり、11月8日の投票日まで十分時間はあるので「延長を考慮していない」と述べ、民主党の要請を却下した。

このフロリダの状況に対して、カリフォルニア大学アーバイン校で法律及び政治学の教授であり、選挙法のブロガーであるリック.ハセンは「登録せず避難したフロリダ住民は登録したいので、フロリダ州当局が期限を延長しない場合、民主党は告訴します」とツイートで警告した。また「避難したフロリダ住民は不在投票したいですが、郵送された不在者投票用紙はハリケーンの影響で一部の地域には配達されないため、複雑な問題が起きています」と述べ、 投票所での早期投票を期待している人も、ハリケーンでその投票場が破壊されている場合もあり、幾つかの地域で問題があると警告した。また、緊急対策としてファックスでの投票を可能にする例もあるが、そのような努力は「詐欺や制圧の主張が重く吟味される」と述べ、ハリケーンにより、フロリダ州の選挙プロセスが深刻なダメージを被った場合、裁判所が関与する可能性があると指摘した。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。