アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for images of second debate on Oct. 9, 2016

ミズリー州セント.ルイスのワシントン大学で開催された二回目の大統領指名者の討論会は、最初からほぼ最後まで最も陰気で辛辣であった。舞台に招待された数十人の中から複数の代表者及び司会者の質問によるタウン.ホール形式の討論会で、ドナルド.トランプは恐らく最も不機嫌で悪態であったとの印象があった。CNNのキャスターであるアンダーソン.クーパー及びABCのベテラン女性キャスター であるマーサー.ラデツの司会で東部時間午後9時5分から始まった討論会の前半部はほぼ個人攻撃に集中した。クーパーは最初の質問で、トランプが実際に性的暴行を犯したかどうかを詰問したことに加えて、最もショッキングな場面はトランプが彼の政敵ヒラリー.クリントンに対して「 投獄する」の表現で二回脅したことである。

二人のモデレーターは、討論の最初から先週金曜日暴露されたトランプのビデオに関する質問を展開し、クーパーはトランプに対して「 許可も得ず実際に女性の体(特定の一部)を攫んだことがあるのか」と質問し「性的暴行ですよ。貴方はそれを攫み、女性を性的に暴行した。それを理解しているのですか」と問い詰めた。トランプは「そんなことは全く言っていません。貴方は言われたことを理解しているとは思いません。これはロッカー.ルームの話です。誇りには思いません。私の家族に謝罪します。アメリカの人々に謝罪します」と応答した。その後、トランプは素早く話題を変え、ISISを破壊する計画があると語り始めたため、クーパーは強引に再度話題を戻し、「11年前バスの中で言っていることは、貴方が女性の同意を得ることなく実際に女性にキスまたは手探りしたということですか」と質問した。トランプは「私は女性をとても尊敬しています、私ほど女性を尊敬している人は誰もいません。率直に言って、彼らがそう言っていることを聞きますか」と答えた。クーパーは再度、「そのような事をした事があるのですか」と聞いたため、トランプは「いいえ、ありません」と答えた。

7日に公開されたビデオの会話について、執拗に尋問されたトランプは、ビル.クリントンには「女性虐待」があったとして、ヒラリー攻撃に転換した。「私は言葉だけであり、彼は行動があった」と主張し、彼女の夫から性的暴行を受けたと主張した女性に対して、ヒラリーは攻撃したと批判した。1970年代、ビル.クリントンは複数の女性にレイプまたは性的に悩まされたと責められたエピソードがあった。そのうちの一人は1978年にレイプされ、ヒラリーは彼女を脅したと主張した。トランプは討論会前に「クリントン告発者」と呼ばれている 4人の女性と記者会見を行い、彼らをトランプの家族が座るVIP席に招待する予定であったが討論会議長に反対され、その計画は中止された。ヒラリーは、この問題で深く論争することを避け「彼が今言った事の殆どは正しくありません」と述べ、「彼は、ビデオは彼の人柄を反映していないと主張しているが、まさに彼自身を反映しています」と反論した。

トランプは、次にヒラリーの電子メール問題で攻撃し「33,000のEメールは削除されました。それは召喚状を受ける前ではなく、その後でした」と攻撃した。クリントンは「それは単に真実ではありません。それらは個人メールで公的メールではありませんでした」と反論した。クリントンは2014年、ベンガジ公聴会の召喚状を受ける前にそのような個人的メールは削除するようコンピューター技術者に依頼したと報告されている事実を説明する代わりに「ドナルド.トランプの気質を持つ誰かがこの国の法律の担当ではないことはひどく良い事ですね」と述べたため、トランプは「あなたは刑務所にいるからです」と反撃した。トランプは、FBIが長年調査した結果の誤認識に基づき、「恥を知るべきです」と述べ「貴方は33,000のEメールを削除することは構わないと言ったが、私はそう思わない」と反論した。また、「私が大統領に就任した場合、貴方の電子メール.システムを特別検察官に捜査させます」と主張し、「投獄します」とヒラリーを脅した。クリントンは、彼女の個人サーバーがハックされ、機密情報が悪人の手に渡った証拠はないと言明した。また、「彼が彼のキャンペーンについて話す事を避けるため政策討論を避けている」と批判し「共和党はトランプから離れている」と語り、トランプが共和党のブランドを破壊していることを示唆した。

トランプの熾烈な批判に対して、頻繁に笑いを見せるクリントンに比較し、彼の昨夜の表情は陰険で、いじめの素養が露骨に現れていた。30年も政治家の経験があるヒラリーは何も成就していないと批判した。クリントンはこれに対し、「私は30年間公職に勤め、それを誇りに思っています」と語った。また、トランプは、モデレーターがクリントンのEメール問題を提起しなかったため、二人はクリントンの味方であると主張した。討論会の最後に、壇上の視聴者の一人は「お互いのことについて何か肯定的なことを話してください」と要請した。先に応答したクリントンは「私は彼の子供たちを尊敬します。彼の子供たちは信じられないほど能力があり貢献的です。私はそれがドナルドについて多くの事を語っていると思います」と述べた。トランプは「私は子供たちを誇りに思っています。とても素敵な賛辞です」と感謝を表明し、「私はヒラリーについてこの事を言います。彼女は物事を途中で止めません。彼女は諦めません。彼女は戦う人です。それは良い特性です」と述べた。この寸前まで、前代未聞の低級で陰険な討論会は、この一般市民の質問で雰囲気を変えた。両大統領指名者は討論会前に握手さえ避けたが、 討論会後トランプはクリントンに手を差し伸べ、彼女は彼と握手した。

討論会後、政治評論家の一人はトランプが「 勝利している指名者なら、政敵に対して「 投獄する」との言葉はないはずであるとコメントした。再選に直面している アリゾナ州の米国上院議員ジョン.マケイン及びニューハンプシャ州米国上院議員ケリー.アヨットは、8 月初旬トランプの支持を受けたが、彼らさえ背を向けたため、そのような多数の共和党の動きに対する怒りとビデオの暴露に悩まされているトランプの表情は始終険悪であり、クリントンに対して著しく辛辣であった。MSNBCニュースによると、10日公表されたNBC/WSJの合同世論調査は、クリントンの支持率が46%でトランプの35%を大きく引き離した。二桁台の差は頻繁に見られない現状で、下院議長のポール.ライアンはトランプについての論議をするため今日会議を開催し、自分を守るため全て必要なことを行うよう議員らに注告し、下院多数派を維持するための準備を促した。トランプの猥褻なビデオは共和党の競争に多大な影響を及ぼしている。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。