アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for images of Gettysburg today            ゲティーズバーグ国立墓地

10 月22日、ほとんど勝利する見込みがないと予測されているドナルド.トランプは歴史的な ペンシルベニア州のゲティーズバーグで、180万の死亡者が投票登録していることも含めて、この国は彼の選挙を阻止するための不正システムが蔓延していると悲観的に語った。約20分間のスピーチで、大統領就任後、彼に対して性的暴力を公表した女性を告訴することも含めて、最初の100日間で彼が実行する行政計画を語った。毎日彼が語っていることの一部は自滅または 競争の決定的なマイナス要因になっている。彼のキャンペーン.マネジャーは今日、競争は「遅れている」と正直に認め、彼のライバルであるヒラリー.クリントンに多数の利点があることが直接的要因であると指摘した。

トランプは22日、原稿が準備されたテレプロンプターを通してのスピーチの冒頭で、1860年代、米国を分裂した南方戦争の歴史的背景があるゲティーズバーグでエイブラハム.リンカーンがこの国を統一した当時と「ほぼ同じ位、我々は非常に分裂している国です」と現状を悲観的に語った。全てのシステムが彼に反しているため、選挙の結果を信用することはできないとし、彼に性的暴行を受けたと非難した全ての女性を告訴すると述べた。トランプはクリントンが大統領選に立候補することを許可されたため「完全に不正であり崩壊」していると述べ、彼のキャンペーンを害するため告白した全ての女性は「嘘つき」であり「完全に捏造」であり、彼ら全員を「選挙後に告訴する」と述べた。

トランプは如何にこの国が腐敗しているかを10分以上語った後、就任後の行政計画を公表したが、これまで語ったこととほぼ同じである。彼が最初の100日間で実施することは、1. 米国憲法を重視する最高裁判事を指名する。2. 移民改革を行い、テロリズムが蔓延する国からの移民を保留する。3. NAFTA及び他の貿易協定を再交渉する。4. オバマケアを撤廃し、何らかの健康保険と入れ替える。5. 税制改革を実施し、国務長官に対する新たな倫理規定を課す。6. オバマ大統領の大統領令をキャンセルする。7. 憲法改正することで、議会メンバーの任期を定める。8. 気候変動のファンドをキャンセルし、エネルギー生産の制限を解除する。9. 政府規制を廃止する。10. 本格的なインフラ整備に予算をかけることなどである。インフラに莫大な予算を支出する計画を含めて、共和党は少なくとも上記40%の行政計画に同意していない。

トランプはゲティーズバーグ.スピーチの最初の段階で180万人の死者が投票登録し、その中の一部は投票していると述べた。彼の大半の支持者は、トランプが繰り返し誇張及び歪曲する情報を信じているようである。しかし、ファクト.チェック組織によると、既に死亡した180万人の投票登録者の氏名は削除されていないため、ピュー.リサーチが調査したその数値をトランプは正確に引用しているが、死者に代わって誰かが投票した証拠はないと報告している。ピューの報告はその180万人の死亡者の氏名を利用した不正投票の記録は実際に存在しないが、むしろ登録システム更新の必要性を発見した。ラッガース大学の教授であり有権者詐欺の神話の著者ローレイン.ミナイは「 死人が投票しているというこの問題は単に実証されていません」と語り、故人に代わって実際に投票するケースは非常に「稀である」と語った。

1863年11月19日、リンカーンはゲティーズバーグでのスピーチで、合衆国の軍隊はアメリカ連合国陸軍を打破したと宣言した。トランプは有名な史跡があるゲティーズバーグでのスピーチで「ワシントンDCの沼を一掃する」と述べ、全てのオバマ政権の官僚、公務員、労働者を追い出すことを示唆する発言をした。彼は引き続き、メディア及び選挙に彼を敗北させるための不正システムがあると主張している。しかし、23日、NBC のMeet the Press でキャンペーン.マネジャーのケリアーン.コンウェイは、トランプの「競争は遅れています」と述べ、ヒラリーの寄付金及び宣伝広告はトランプより多く、元大統領である夫、支持率が上がっているオバマ大統領、国民に人気のあるミッシェル夫人がキャンペーンを熱心に支援しているなど、クリントンに大幅な有利性があることが要因であると述べ、それはトランプの競争が遅れている直接的原因であることを示唆した。

しかし、それより根本的な要因は、やはり大統領としての気質、適正があるかどうかであることも事実である。ABCニュース が23日に公表した全国の世論調査はヒラリー.クリントンが50%、トランプは38%である。59%の国民は、選挙システムに不正があると主張しているトランプは、それを敗北の「言い逃れ」であるとみている。又、65%の国民は選挙結果を認めないトランプの態度に反対している。加えて今日、11人目の女性が性的暴行を受けたと公表し、LGBTの共和党グループはトランプ支持を拒否したことが判明した。多数の理由により、共和党はトランプ効果が上院及び下院を著しく弱体化することを恐れている。トランプは選挙後まもなく、レイプで告訴された判例、トランプ大学の詐欺容疑の刑事責が問われている判例、及びゆすりに関する判例の複数の裁判に直面する。総体的な世論調査は、そのような人物が大統領に勝利する可能性がないことを示唆している。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。