アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for images of babies born from foreign women in the U.S

保守派にアンカー.ベイビーと呼ばれている非合法的移民の間に生まれる新生児の数は減少傾向にある。米国で生まれた全ての赤ちゃんの50%以上は9か国及び米国領土の国籍を持つ外国生まれの女性が母親である。未婚出産率は外国生まれの女性より米国生まれの女性に多く、特定のアジア系が最も低い。このグループは高度学歴取得率及び年間所得が顕著なトップである。

26日に公表されたピュー.リサーチの研究報告によると、非合法的移民の赤ちゃんの誕生数は2009年の330,000から2014年には275,000に減少した。非合法的移民の出産は2014年に推定3人に1人が外国生まれの母親からであり、これは32%を占めている。一般的に、出生数と総人口数はいずれも1990年代と2000年代を通して上昇し、出産率は2006年がピークであり、人口は2007年にピークに達し、その後2007年から2009年の景気後退時期に減少した。2014年の米国の不法移民の数は2009年と多大な変化はなく1,110万人であるが、これらは米国総人口のわずか3.5 %である。そのうち66%は10年以上の長期滞在者であり、5年以下はわずか14%である。また、移民人口全体の女性出産率は合法的及び非合法的移民を含むと、米国の全出生率より比率が高いと推測されている。

また、同日に公表された別の調査によると、外国生まれの未婚女性による米国での出産も低下した。2014年最新の利用可能なデーターでは、外国生まれの母親の全出生の1/3分は未婚女性であり、2008年ピーク時の37%から2014年には33%に減少した。一方、2008年及び2014年の同期間で、米国生まれの未婚女性の出産率に変化はなく42%で安定している。外国人女性の未婚出産に関する同センターによる主な発見は次の通りである。

(1) 2014年、約275,000の赤ちゃんは米国の不法移民の両親に生まれた。これは米国の全出生の約7%であり、外国生まれの母親から生まれた米国の全出生率の32%を占める。(2)世界中の国籍に関係なく、十代が母親になる率は米国生まれ(6%)が外国で生まれた十代(2%)より高い。(3)米国生まれの新しい母親は、世界のほぼ全ての国で生まれた外国生まれの母親より年齢が35歳またはそれ以上である可能性は低い。米国生まれの母親の約18%はこの年齢の範囲内であるが、北米、ヨーロッパ、またはアジアからの外国生まれの女性が母親になる割合は約2倍高い。(4)メキシコ生まれの女性の出産率は近年減少しているが、2014年には外国生まれの女性による米国の全出産の32%を占め、1970年の20%から増加した。

(5)メキシコ生まれの母親の出産は 2014年に米国の全出生率の7%を占めた。(6) 米国で生まれた全新生児の50%以上は母親が9カ国及び1米国領土から来た外国生まれの女性である。それらの国はメキシコ、中国、インド、エルサルバドル、グアタマラ、フィリピン、ホンダラス、ベトナム、ドミニカ共和国、プエルトリコである。(7)これらのトップ10の国から米国に在住している外国生まれの母親の中で、未婚女性の出産率はインド(1%)が最も低く、このグループは大学学位の達成率(87%)及び家族年間所得($ 104,500)が最も高く顕著である。この逆の場合、ホンダラスからの女性は米国で新たな未婚の母親になる率(66%)が最も高く、彼らは高校卒業証書が欠乏(51%)し、貧困な環境(49%)で生きている。

結論として、これらの10か国は全てラテン.アメリカ及びアジアに位置しているが、米国で出産するアジア系は結婚している率、教育、及び収入の側面でラテン.アメリカの女性より良好であることを示唆した。未婚出産率は米国に在住する外国生まれの女性より、むしろ米国生まれの女性に多い。合法的文書のない外国人女性の出産率は2006年にピークに達した期間と比較すると減少した。現在米国に滞在する全ての非合法的移民は約1,100万人であり、その大半は圧倒的に長期滞在者である。非合法的移民の人種は引き続きメキシコ人が最も多いが、2014年にはメキシコ以外の国からの非合法的移民も増えていることを示唆した。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。