アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for clinton campaign vs. Trump campaign

ドナルド. トランプは 不正投票があるとして、彼の支持者に特定の場所で監視することを勧めている。 民主党全国委員会(DNC)はこのような根拠のない行動は投票の安全性に関する同意法令に違反するとして、共和党全国委員会(RNC)を告訴した。皮肉にも、不正投票を強調している彼自身が不正行為を扇動している。有権者を引きつける努力を放棄したトランプ及び彼の陣営は民主党の投票を抑圧するため、幾つかの手段を利用することを公表した。選挙が迫っている今日、両党の選挙陣営は熾烈なキャンペーンを展開している。

幾つかの投票抑圧は合法的であるが、同意法令の解釈では、投票場に候補者の支持者を派遣し、監視させる行為は有権者に対する脅迫及び違反である。トランプは数ヶ月前から不正投票の陰謀説を拡大することで、それを信じる有権者を利用し、実際に不法である投票場監視の行動を促進している。26日ニュージャージー地区連邦地方裁判所に提訴された起訴状によると、DNCの代表者は「特定のRNC当局はトランプのキャンペーンが最近公表した声明からの疎遠を試みてきた」が、不正及び不正投票を防ぐため、トランプは「RNCが協力している直接的および暗黙の支援を享受している十分な証拠がある」と述べている。2016年8月3日コロラド州デンバーの集会で、トランプの副大統領指名者であるインディアナ州知事マイク.ペンスは「トランプ.キャンペーンとRNCが投票整合性の先手を確保するため、全国の州政府および州長官と非常に密接に協力しています」と語ったことを記載した。

この起訴状は、特にシカゴやセント.ルイスなど特定の地域で莫大な不正投票があるとトランプが有権者に語っていることについて、これらの多くの地域は特に民主党寄りの有権者であるアフリカ系アメリカ人が多いことを指摘した。大統領指名者が彼の支持者に投票場を監視することを促す言動は前代未聞の違反である。この違反行為により、民主主義が脅かされている11月の選挙は喧騒的な事態が予測されている。 DNCは2020年の再選に備え、同意法令は12月初旬に期限が切れる為、今後8年間延長することを連邦裁判所に要請した。

ここ数日間で公表されている複数の全国世論調査はクリントンが最大10%ポイント、最低6%ポイント有利であり、70%の国民はクリントンが勝利することを予期している。トランプは最近、集会で彼の支持者に「世論調査をもはや信じない」と語った。27日のブルンバーグによると、実際には外部に委託したサンアントニオにある彼の世論調査の研究チームは、世論調査に一週間で$100,000を費やし「 毎日、選挙のシミュレーションを実行する洗練されたモデル」を所有し、トランプが「敗北する」ことを認識している。サンアントニオのマーケティング起業家であるブラッド.パースケールは、ツィッターを通してクリントン及び政敵に攻撃メッセージを送る役目を担い、トランプ陣営の裏幕で活動している。彼は、選挙分析専門家のネイト.シルバーが公表しているトランプの当選確率の予測は彼らの数値と同じであると述べ、「ひどく」敗北することを予測している。それにもかかわらず、トランプのキャンペーン及びRNCはトランプの最大の投票源である白人で大学学位を保持しない4,700万の有権者を新たに投票登録させることや動員する事を優先していない。事実上有権者を魅了する努力を諦めたトランプ陣営は 否定的な「3つの主な投票者抑圧作戦」があると公表した。その作戦はクリントンが勝利するために必要な「理想主義的リベラル派の白人」又はサンダースの支持者である白人労働者、若い女性、およびアフリカ系アメリカ人によるクリントンへの投票を阻止する事である。その攻撃戦略は、⑴ クリントンがTPPを支持していること、及びウィキリークスが漏らした電子メールの議論を展開すること、⑵ ビル.クリントンの性的暴行を公表し、ヒラリーが脅迫したと主張している女性の話を公表すること、⑶ 1996年、ヒラリーは幾人かのアフリカ系アメリカ人の男性を「超略奪者」であると表現したことを暴露することである。

パースケールは「ヒラリーは、アフリカ系アメリカ人が超略奪者であると考えているので、フェイスブックの非出版投稿から、我々が見て欲しいと思っている特定のアフリカ系アメリカ人の有権者にそのアニメーションを非公式に配信する」と述べ、その目的は、クリントンの総体的投票を抑制することであると説明している。又「我々はこれをモデル化してきたので、これらの人々を有効化するため、劇的に彼女の(当選)能力に影響を与えます」と投票抑圧の努力について語った。潜在的にトランプに投票するか、またはクリントンに対する投票を放棄させるため、特定の有権者をターゲットにした「この策略には科学的根拠はなく、やる気だけで終える可能性がある」と分析されている。しかし、トランプ陣営はソーシャル.メデイア作戦を通して、選挙日までに1,300万前後の電子メール.アドレス及び 250万の小規模寄付者のコンタクト情報を獲得する事を期待している。

このような政敵の動きに対して、クリントン陣営もトランプ陣営の攻撃に対抗している。両党のキャンペーンはテレビ広告を増加しているが、クリントン陣営はトランプが大統領に就任した場合、核兵器による戦争が起きる可能性があることを示唆する強烈なテレビ広告を追加した。これはトランプの激怒しやすい気質と、彼が日本を含む幾つかの国が核兵器を所持することを奨励し、核拡散を防ぐオバマ政権の努力に逆行していることを示唆しているため、トランプが如何に危険な人物であるかをアピールする狙いがある。一方、トランプの一部支持者はクリントンが勝利した場合、手段を選ばない革命が起きると扇動している。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。