アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for images of obama and hillary

最近、民主党は複数の州で不正投票の監視を促している共和党候補者のドナルド.トランプ及び彼の共和党同盟を投票権法違反で告訴した。選挙 6日前の今日、これらの州の連邦裁判所は関係者に裁判所出頭を命じた。ネバダ州の連邦裁判所は2日、選挙監視の材料及び監視運動に関与する個人の情報提供を求める公聴会を実施した。一方、民主党候補者ヒラリー.クリントン及び彼女を援助しているオバマ大統領は、余裕と自信に満ちた表情で最終段階のキャンペーンに臨んでいる。

アリゾナ、オハイオ、ネバダ、ペンシルベニア、ニュージャジー州の民主党はトランプ陣営が自警団を利用して有権者を脅迫するキャンペーンは投票権法及びK.K.K法に違反するとして、共和党陣営を告訴した。オハイオ州の民主党は起訴状にトランプは「違法の脅迫に従事」するよう彼の支持者に依頼し 「有権者抑制」のキャンペーン目標を促進する努力をしてきたと記述した。他の告訴でも同様の表現が使用されている。早期投票が実施されている現在、全国の投票場を視察している 公民権団体は、自称投票モニターであると述べた人々が投票者を撮影し、他の威圧的な行動に従事しているとの報告があると述べている。

先日、民主党全国委員会(DNC)は共和党全国委員会(RNC)を告訴したが、RNCの関係者は複数のトランプ陣営が語った事実に反して、投票場を監視する行動を援助していないと主張している。長期間トランプの同盟である共和党の工作員ロジャー.ストーンは、民主党は多数の不正投票を促進しているとの虚偽の記事をウェップ.サイトに投稿しているため告訴された。彼は、そのサイトに「バラック.オバマは不正選挙についてのドナルド.トランプの懸念は馬鹿げていると言っています。加えて、彼らは不法入国者を投票場に大量に送るつもりです。リベラル派は既に地方及び州選挙で不法入国者を投票させ、今度は彼らを大統領選挙で投票させたいのです」と書いている。

ネバダ州の民主党は30日に告訴したため、今日トランプ陣営は出頭命令を受けている。ネバダ州連邦地方裁判所の起訴状によると、連邦判事は1日にトランプ.キャンペーン及びネバダ州の共和党に今日(11月2日午後3時半)ラスベガスの裁判所の聴聞会に出頭するよう命令を下した。リチャードF.ボウルウェア判事は聴聞会でトレーニング材料、投票監視者、投票観察者、出口調査人、及び同様の仕事に従事する個人の情報を提供することを命令した。判事は、聴聞会でトランプ陣営及びネバダ州の共和党は民主党が訴訟で要求している一時差し止め命令に対する応答を準備する必要があると述べている。

投票監視は一般に実施されているが、投票モニター人員及びその活動には制限及び規則があり、一般的には選挙管理事務所の職員のみが法的に許可されたメンバーである。そのような事実を無視又は認識なしに巧妙な表現で投票抑圧を奨励する大統領候補者の台頭は前代未聞である。大量の不正投票から彼の「選挙が奪われる」と主張しているトランプの妄想に基づくこの動きは完全な投票抑圧であり、1965年の投票権法及び1871年のK.K.K法に違反する。K.K.K法は 再建時代にアフリカ系アメリカ人の投票権を保護するため、1871年4月に米国議会が制定した法律であり1965年の投票権法のオリジナルに近い。

ヒラリー.クリントンは、31 日オハイオ州 クリーブランドでのキャンペーンで、トランプの性格を良く知っていると述べ、核兵器、国土安全保障、生死に関する決定において信用できないと語った。また、トランプが不正投票阻止をアピールしていることに関して「彼の総体的戦略は投票の抑圧です。多数の騒音があります。多数の妨害があります」と述べた。2日ノース.キャロライナ州チャペル.ヒルにあるノース.キャロライナ大学でクリントンを援助するため単独のキャンペーンを実施したオバマ大統領は、若い参加者を前にトランプは気質的に米国最高指揮官には適さないと述べた。人種差別、女性に対する性的暴行を自慢する彼の態度を批判し、異常性が「正常化」しているような状況を阻止しなくてならないとし「これは論争的意見ではない」と語った。また、「世界の運命は動揺しています。貴方とノース.キャロライナは、我々がそれを正しい方向に推し進めることを確認する必要があります」と述べ、投票を強く訴えた。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。