アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for Images of good economy and Clinton

10月は161,000の雇用を拡大し、失業率は9月の5.0%から4.9%に減少した。また賃金も増加し、先週公表された米国の国内総生産(GDP)は予測より増加した為、引き続き良好な雇用情勢を示唆する報告である。複数の経済学者は、今日の報告は激戦が予測される大統領選挙で民主党のヒラリー.クリントンに有利であることを示唆するコメントを提供した。

4日に公表された労働統計局の報告によると、ヘルスケア、専門及びビジネス.サービス、財務関係の雇用は増加傾向を続けている。性別及び人種による10月の失業率はヒスパニック系(5.7%)が低下したが、成人男性(4.6%)、成人女性(4.3%)、十代(15.6%)、白人(4.3%)、アフリカ系アメリカ人(8.6%)、およびアジア系(3.4%)にはほとんど変化が認められなかった。ヘルスケアの雇用は10月に31,000増加した。業界内での雇用の伸びは、外来医療サービス(19,000)及び病院関連(13,000)が順調である。ヘルスケアは過去一年間で、415,000の仕事を追加した。専門及びビジネス.サービスは10月に43,000の雇用を増加し、年間542,000の雇用を追加した。また、民間非農業部門雇用者の全従業員の平均時給は、9月の8セントから10月には10セントに上昇し$25.92である。一年間で平均時給は2.8%上昇した。民間生産部門及び非管理職の従業員の平均時給は10月に4セント増加し$21.72に上昇した。

接戦中の両候補者は最終段階のキャンペーンでお互いに攻撃戦を展開している。ドナルド.トランプは、オバマケアは雇用を減少させているため最悪であるとして、撤廃し何かもっと良い医療保険に入れ替えると公約しているが、 彼は全くその方法を語ったことはない。専門家は中身のない公約であると指摘している。トランプ及び一部の共和党は、オバマケアは「仕事を抹殺」していると主張している。しかし、統計が示す事実は、医療産業の雇用は着実に伸び、上昇傾向を示している。医療問題に加えて、最も重要な政策課題は経済である。トランプは米国の経済は最悪であると極端な悲観論をアピールし、支持者を怒らせている。一方、クリントンは2010年から約1,600万の雇用を増加したことを指摘し、雇用拡大は目覚ましく向上していると反論している。

一部の経済学者は、雇用情勢の良好傾向は接戦状況の大統領選でクリントンを活性化させると述べている。ニューヨークに拠点のある世界で6番目に大きい多国籍ネットワーク会計事務所RSMのチーフ.エコノミストであるジョセフ.ブルッスセラスは「雇用傾向と賃金環境の改善は話音が上がり、民主党指名者を好む人々に快適さを提供する可能性が高いです」と述べた。 また、別の批評家は年間2.8%の賃金増加は「2009年以来最も高い」ため、クリントンは今日の雇用報告を喜ぶと述べている。なぜなら、 10月の良好な雇用統計はまだ未決定の無党派がオバマ大統領の政策を維持するクリントンに投票する可能性があるため「浮動票が揺れかもしれない」と分析している。オハイオ州北東にある経済発展に焦点を当てた非営利NEOの副社長ヤコブ.デュリッキー は「我々は完全雇用に近づいている労働市場を見ているので、今後もっと強い賃金の伸びを見るでしょう」と述べた。オンライン求人サイトの経済学者ジェド.コルコは賃金の伸び、求職活動を挫かれている人口及び不完全雇用労働者数の低下、男女生産年齢労働者の回復を引用し「これらは全て労働市場が強化し続け、危機以来の最強点にある兆候である」と述べた。

一般的に国民は経済を最も重視する為、大統領選時期に経済が強い時、現役大統領側の党が勝利する可能性が高い。10月の雇用拡大は推定173,000に反して161,000であった為、トランプは今日報告された雇用状況は「ひどいです」と述べた。しかし、一部の専門家は十分に安定した雇用であり、年間2.8%は健康的な賃金増加であると肯定的に評価した。また、先週公表されたGDPは予測の2.6%より高い2.9% であった為、これも米国人が歓迎する要素である。特に11月中旬から12月下旬にかけて、クリスマス.シッピングの時期でもある消費者支出は増加するとの楽観的な展望があることもクリントンには良いニュースであると専門家は見ている。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。