アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for images of election polling places with long line on Nov. 8 2016

両党の選挙陣営は彼らの支持者に投票を強く促したため、最後の投票日の今日投票参加率は記録的に高く、全国各地の投票場では長い列が見られるようである。ドナルド.トランプは投票場の閉鎖時間を不適切に延長したとして、ネバダ州のクラーク郡を告訴したため、トランプ陣営は今日ネバダ州の裁判所に出頭した。この混沌に加えて、主な激戦州で投票抑圧の脅威が報告されている。ヒラリー.クリントン及びトランプ両氏は今夜ニューヨークでイベントの開催を予定しているため、警察が待機するようであり、騒然たる投票日の様子が報告されている。

ドナルド.トランプは今朝9時頃ニューヨークで投票を済ませたようである。東部時間6時頃のCNNの報告によると、投票場で投票を済ませた最初の有権者の人種別比率は2012年より白人が減少した。今年の投票者参加者の70%は白人であり、2012年の72%に比較して今年は白人が減少し、黒人は4年前の13%に比較して12%に減少した。一方、ヒスパニック系は10%から11%に増加し、アジア系有権者も2012年の3%から4%に増加した。ほぼ全ての調査機関によるクリントンの当選確率は昨夜増加した。6日FBIディレターのジェイムス.コミはクリントンに対する7月の無起訴決定に変化はないと公表した。その直後から昨日深夜までに平均5%ポイント増加した。最も厳しい評価をしているネイト.シルバーのFiveThirtyEight はクリントンの当選確率を5日の66%から 7日の深夜には 71%に更新した。

そのような状況下で、トランプ陣営は大統領選の戦いが終わり、最後の公式投票日である今日法廷での戦いに挑んだ。トランプはネバダ州の選挙管理当局を告訴していたため、ネバダ州地方裁判所の民事申請書には原告ドナルドJ.トランプの名が記載されている。CNNによると、トランプ及び彼の陣営は今日、裁判所の聴問で閉鎖時間規定を2時間延長した理由は民主党候補者のクリントンを援助するためであり、不正であると主張した。ネバダ投票法は投票者が公式な閉鎖時間に待っていた有権者は投票することを許可している。ヒスパニック系の有権者が多いラスベガスの幾つかの投票場は閉鎖時間が8時になっているが、トランプ側は4日8時以降に到着した人々も投票したと主張している。トランプはクラーク群の投票場で投票された投票数には疑問があるため、問題が明白になるまで訴訟中投票用紙を別に保管することを要請した。一部の地域では複数の有権者は投票閉鎖が延長されたことを事前に知らされたと報告した。

クラーク郡の広報官ダン.クリンはワシントン.ポストへのEメールで、これらの早期投票場では投票参加者がいなくなるまで投票プロセスを続けることは長年の慣行であると語った。今日午前中の聴問で、クラーク郡の懐疑的な裁判官はトランプ陣営の弁護士に質問し、告訴の行政的手続きを行うよう要請したが、結局投票用紙を保存する要請を却下した。判事はトランプ陣営の告訴申請は基本的に投票場の労働者の身元を明かすことになり、ボランティア活動家に対する嫌がらせになると述べた。また、判事はトランプ陣営が拒否している有権者の身元を明白にする結果になると語った。クラーク郡の選挙管理委員会は、投票機は再使用されているため分離し隔離することは不可能であると語った。また、秘密を保持するため早期投票の投票用紙は意図的に他の投票用紙と混合されるため早期投票用紙を別途保管することは不可能であると説明した。

幾つかの地域では投票抑圧の脅威があると報告されている。8日のワシントン.ポストによると、重要な接戦州フロリダで全国の超党派の選挙監視グループは、多数の有権者が威圧的及び攻撃的な行動に直面したことを報告していると述べた。投票者からの苦情及び質問に対応している公民権弁護士委員会の会長クリステン.クラークは「フロリダで、我々は有権者への脅迫についてかなりの量の苦情を受信し続けいます」と述べた。クラークは、マイアミ.デイド郡から「 メガホンを使用して人々を攻撃的に怒鳴っている」との報告を受けたと述べた。また、同州の北東に位置し、圧倒的にアフリカ系アメリカ人住民が多いジャクソンビルの聖パウロ.メソジスト教会の投票所で監視を認可されていない個人が内部で発見され、退去を命じたが拒否したため強制的に退去させたと述べた。クラークは、彼女のグループは早期投票の最初の時期からすでに約80,000の有権者から報告を受け、8日投票場が閉鎖するまでには推定175,000の報告数に達すると語った。

今日フロリダ、ネバダ、ペンシルベニアで報告されたこれらの問題は激戦地であることから、偶発的ではなさそうである。トランプは昨日まで特にフィラデルフィアでは投票不正があると主張し続け、投票場の監視を支持者に要請したため、フィラデルフィア地方検事セス.ウィリアムズの事務所は不正投票、脅迫、選挙運動の苦情に対処するため70人以上の検事及び数十の刑事を含む部隊を配置したと述べた。また、トランプは選挙結果を受け入れると述べていないため、熾烈な選挙の競争は今夜または9日早朝の結果次第で暴力に発展する可能性があると言われている。特にクリントン及びトランプは今夜のイベントをマンハッタンで開催する計画があるため、ニューヨークの警察本部長ジェームズ.オニールは「非常にニュークな挑戦に備えている」と語った。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。