アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for Images of Trump and meeting with future cabinet members at National Golf Club in Bedminster NJ

次期大統領ドナルド.トランプは週末、ニュージャージー州のゴルフ.クラブで彼の政権下の官僚を選択するため、2日連続してマラソン面接を実施した。先週、トランプは既に司法省の長官としてジェフ.セッションを選択するなど数名を既に指名したが、最終的な確定ではない。しかし、セッションがその地位を獲得した場合、オバマ政権の移民法は全て破棄され、30都市以上のサンクチュアリー.シティも撤廃される可能性がある。この論争的問題について、法律家はどう見ているか?サンクチュアリー.シティとは何か?

サンクチュアリー.シティ(Sanctuary City)は聖域都市を意味し、幾つかの州で不法移民を保護する法律である。1979年、ロスアンゼルスは逮捕した外国人の移民的地位を警察が尋問することを禁止した最初の都市である。その後、一部都市の地方自治体は彼らの都市を聖域都市に指定し始めた。これは「特例40」と呼ばれる国内政策において、警察が外国人の移民状況を知る目的で活動を開始することを禁止している。また、米国移民法令第8章1325条に基づき、不法入国した個人を警察当局が逮捕または記録することを禁止している。この「聖域条例」の採択に基づき、市の公務員及び警察官が入国者の身分を尋ねることを禁止している。つまり、警察官が米国市民ではないと思った個人を何らかの事件で逮捕した際、パスポートを含む身分証明書の提示を求めることは法律違反である。

移民状況に関係なく、全ての移民を保護する「聖域条例」を採択したサンクチュアリー.シティは アリゾナ州ツーサン、カリフォルニア州にはサンフランシスコ及びロスアンゼルスを含めて合計10都市、コロラド州にはデンバーを含めて2都市、コネチカット州ニューヘイブン、ワシントン DC、フロリダ州のマイアミを含む2都市、イリノイ州シカゴ、メイン州ポートランド、メリーランド州のバルチモアを含む2都市、マサチューセッツ州のケンブリッジを含む3都市、ミシガン州デトロイト、ミネソタ州ミネアポリス、ニューヨーク市、ニュージャージー州のニューワークを含む2都市、ニューメキシコ州サンタフェ、オレゴン州ポートランド、ペンシルベニア州フィラデルフィア、ユタ州ソルト.レイク.シティ、バーモント州バーリントン、ワシントン州シアトルの少なくとも合計32都市である。

前代未聞の強固な移民政策を公約した次期大統領トランプは、その公約に最もふさわしい人物であるセッションを司法省長官として選択した。彼は1946年生まれのアラバマ州共和党の米国 上院議員である。セッションは1994年にアラバマ州司法長官を務め、1996年に米国上院議員に選出され、2014年を含めて3回再選された。彼は不法移民の減少に努力し、不法移民擁護の反対に貢献してきた最も不法移民に厳しい政治家として知られている。2008年以降、上院司法委員会の評議員として、 オバマ大統領の大統領令による移民法を含むほぼ全ての政策に反対してきた。2016年大統領選では、彼も副大統領候補者の一人であり11月18日、彼は次期大統領トランプに連邦司法長官として指名された。

その報告後、オバマ政権の移民法はスクラップされるとの記事が目立っているが、サンクチュアリー.シティの「聖域条例」も破棄される危険性がある。保守派のワシントン.タイムスによると、セッションの司法長官の地位が確定した場合、彼は現行の移民法を180度転換させる可能性がある。特に「不法移民を保護する都市は起訴されるべきである」との立場である。議会初日にトランプ政権が行うことはサンクチュアリー.シティの連邦政府融資を廃止することである。幾つかの政府関係者はセッションが司法長官に指名されることに反対している。ユナイテッド.ラテン.アメリカ市民同盟のCEOブレント.ウィルクスは「ジェフ.セッションの指名が確定すれば、この機関はテロと人種不耐の施行者になるでしょう」と語った。共和党全国委員会の委員長であるラインス.プリーバスは移行チームの選択作業を開始した先週、ホワイトハウスの主任として指名された。プリーバスは昨日CNNのジェイク.タッパーとのインタビューで、トランプは就任後最初の任務としてサンクチュアリー.シティの連邦政府融資を廃止することを「検討する」が、連邦政府が融資を続けるかどうかについては具体的に何も決定していないと語った。

昨日サンフランシスコ市長エド.リーは、サンフランシスコは 「難民、聖域、愛」の街であるとし、27年間続いている聖域都市を守ると宣言した。彼は「常に歓迎する都市であることを約束します。私たちの街には壁はありません」とイベントに参加した群衆に語った。保守派のフォックス.ニュースによると、サンフランシスコは連邦政府からの融資を年間約10億ドル受けている。ロスアンゼルス、ニューヨーク、シカゴ、シアトル、フィラデルフィア、ポートランドの民主党市長は同様に「不法移民を取り締まるトランプ行政の動きに挑戦する」と述べ、 サンクチュアリー.シティ条例に対する圧力に戦う構えを表明している。ジョージ.ワシントン大学憲法学のジョナサン.タレー教授は「大統領が議会の明白な承認を得ずして、連邦政府の資金拠出を地方政府に制限する権限は限られている。メディケイドのような必須支出プログラムに関しては特にそうである」と指摘した。また、トランプ政権はこれらの資金を利用して「脅威を行使する可能性は多々」あり、「連邦移民法に協力する都市にもっと多くの助成金を提供することはあり得る」と語った。

週末、次期大統領トランプはニュージャージー州ベッドミンスターにあるトランプ.ナショナル.ゴルフ.クラブでトランプ政権各部署の地位に立候補している多数のメンバーとそれぞれ個々にあった。国務長官には約8人の希望者がおり、その中には非常に「徹底した」面談であったとコメントしたミット.ロムニーが含まれている。また、トランプは民主党女性議員でバーニー.サンダースを支持したトゥルシ.ガバードとも面会し、多くの次期官僚と直接会う努力をしている。しかし、問題は政権移行の手続きを開始した先週、インドのムンバイ市3人のビジネスマンに会ったことである。ムンバイ市にはトランプ.タワーが建設されている。更に17日、 阿部晋三首相との会談にイバンカを招待していた前代未聞の写真が日本で公開された後にその事実が判明した為、米国メディアに対する不透明性が指摘された。次期大統領は18か国に110以上のビジネス関係があるため、複数の倫理専門家は大統領としての任務をビジネスから完全に引き離すことはできない潜在的「利益相反」があると懸念している。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。