アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for images of Hillary Clinton vs. Trump

大統領選から二週間が経過した現在、驚きの情報が報告されている。その後も総計投票数は更新され続け、今日の時点でライバルであったドナルド.トランプに対してヒラリー.クリントンの人気投票数は著しく大幅にリードしたことが判明した。複数の専門グループは接戦州の3州で選挙結果がハッキングされたか又は操作された可能性があることを報告し、クリントン陣営に投票数の数え直しを緊急要請していたことが昨日判明した。トランプは1月の就任式で宣誓するまで公式な大統領ではないことは既に承知の通りである。大統領選の最終的決定となる選挙人の投票は12月19日に実施されるが、既に6人はトランプに投票しないと公式に宣言している。これら二つの問題でクリントンにまだチャンスがあるかどうかは疑問の焦点である。

今朝のMSNBCニュースの報告によると、クリントンの総計人気投票数64,223,986に対してトランプの合計数は62,206,395であり、クリントンは200万以上超過した。この票差は昨日まで情報筋によって一貫性がなく、140万、150万、または170万と伝えている。更に、選挙数日後から開始された選挙人システムを廃止する請願署名運動による署名は先週400万を超過した。建国の父が定めた現行の選挙システムは最早民主的ではないものの、廃止運動は早急には成功しないと思われる。しかし、非民主的な選挙人制度を利用している先進国は米国だけであるため、将来もっと開かれた直接国民投票に変わる可能性があることも否定できない。

22日ニューヨーク誌が最初に報じた情報によると、ハッキングされたか又は操作された可能性があることをクリントン陣営に報告したグループは、投票権の弁護士ジョン.ボニファズとミシガン大学コンピューター.セキュリティ社会センターの所長アレックス.ハルダーマンを含むグループである。先週木曜日、彼らはウィスコンシン州、ミシガン州、ペンシルバニア州でハッキングまたは不正操作が行われた可能性があるして、個人的にクリントン陣営に投票状況を調査するロビー活動を実施することを強調した。この活動家らは17日にクリントン選挙キャンペーンの議長ジョン.ポデスタ及びキャンペーン顧問マルク.エリアスと電話会議を開催した。学者は統計に基づき、電子投票機に依存したウィスコンシン州の複数の郡で、光学式スキャナーと投票用紙を利用した郡に比較してクリントンは7%少ないことを発見した。クリントンはウィスコンシン州で27,000の票差により敗北したが、彼らの統計分析によると、同州で彼女の3万票が除外された可能性がある。

このグループは、コンピューターによる電子投票機がハッキングされたか又は不正操作があったとの確実な証拠を発見していないが、疑わしいパターンがあり、特にホワイトハウスは民主党全国委員会のコンピューターはロシア政府にハッキングされた証拠を掴んでいる事実に照らして、独立した調査が必要であると主張している。彼らはリカウントと呼ばれる投票数を再度数え直す作業を行うことで真実を発見する必要があると主張した。複数のコンピューター科学者の報告によると、選挙人はウィスコンシン州に16 、ミシガン州に10、ペンシルバニア州に20存在する。従って、トランプの選挙人数は290であり、一方クリントンは232であるが、ウィスコンシンの選挙人数16は極端な接戦であるとして、両候補者のどちらにも追加されていないため、この全ての3州でリカウントが行われ、このグループの主張が全て正しかった場合、選挙結果は逆転する。なぜなら、クリントンの232に合計46が追加されるため、当選に必要な270を超過する合計278を獲得する計算になる。一方トランプは290を獲得しているが、ウィスコンシンの選挙人数16を除く30が差し引かれると260で実際には敗北する結果になる。

また、選挙人は 100議席の上院、下院議席の435及びワシントンDC地区の 3人を含む数値と同様の合計538人である。538の選挙人は毎回の大統領選後、第二水曜日後の翌週月曜日にそれぞれの州で投票を行うが、その規定に基づき今年は 12月19日に投票を行う。選挙人は人気投票に基づいて投票しない場合もあるため、既に6人はトランプに投票しないと公表した。仮に選挙人数の投票結果でクリントンが270票以上を獲得した場合、彼女が次期大統領であるが、50/50に別れた場合、共和党がコントロールする下院議会が投票により次の大統領を決定する。歴史的に逆転現象が起きることは稀である。現在11月9日の選挙結果に反して、クリントンが 538の過半数以上を獲得する可能性があるかどうか不明である。更に、クリントン陣営がこれらの3州にリカウントをまだ要請していないのであれば、締め切りまで最大1週間残されているだけであり、選挙結果に挑戦する時間的余裕は殆どない。

このグループの報告はほとんど「悪夢のシナリオ」と呼ばれている。なぜなら12の接戦州にはそれぞれリカウント規定がある。例えば、ペンシルベニアは問題が提起された3州 の中で最も規定が厳しいため、特に投票不正の明白な証拠がない場合、簡単に申請できないシステムになっている。クリントン陣営は同州全ての投票地区での請願書を集める必要があるか又は裁判所に不正投票又は不正操作の証拠を提示しなくてはならない。クリントンがそのような要請を求めるかどうか不明であるが、オバマ大統領は平和的な移行プロセスを望んでいると言われているため、この報告はむしろ彼女を悩ますだけである。いずれにしても来年1月20日、次期大統領就任を確信しているトランプは、選挙キヤンペーン中アピールした人種差別要素を含む攻撃的及び過激的な公約を次から次に否定し、多数の公約をほぼ温厚な方向に変える動きを見せ、彼の政権人事選択も多様性を強調している。しかし、ビジネスの利害的絡みを大統領の任務から引き離す「法的義務はない」ことを昨日ニューヨーク.タイムスとのグループ.インタビューで表明したため、慣例に反し納税申告書を公開しない例に見られる通り、引き続き倫理的側面では変化がないことを示唆した。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。