アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for images of Fidel Castro, Obama, Trump

キューバ革命の先導者フィデル.カストロは米国の政権が変わる時期である11月25日90歳で死亡した。1959年の混沌たる革命を機に、米国に亡命した一部のキューバ系アメリカ人はカストロの死を祝い、一方地元キューバの人々は静かに追悼の日々を不安な心境で過ごしている。カストロはジョンF.ケネディの就任中一時期、米国との和解を求めたが、ケネディ暗殺後、悔恨と葛藤の思いを抱き続けたままその生涯を閉じた。革命当時から44代大統領バラク.オバマ以前の10人の歴代大統領はキューバとの平和的外交政策に失敗した。ちょうど2年前、友好関係の正常化を図る努力をしたオバマ大統領のキューバ政策は不透明な状況になったことを意味し、少なくともトランプ次期政権下での二国関係はもっと緊張を増す可能性がある。

キューバ革命が起きた1959年1月、米国は当時のフルヘンシオ.バティスタ独裁政権とビジネス関係があった為、当時の大統領ドワイト.アイゼンハワーはバティスタを打倒した反カストロ政策を支持した。カストロは共産主義者ではなく、社会主義者であったが、革命を機に米国への亡命を選択したキューバの人々は、カストロが共産主義独裁体制を達成しようとしていると主張し、米国にカストロ政権を打倒するよう求めた。1960年の大統領選でリチャード.ニクソンを破り、1961年1月20日に就任したケネディはアイゼンハワーのキューバ政策を受け継ぎ、亡命者の救済を支援した。また、キューバ人を訓練したCIAのピッグ湾侵略を認可したが、無残な失敗に終わった歴史は短いケネディ政権時代の最悪の一ページとして語られている。次の侵略の脅威を予測したカストロはソ連の援助を受け、核ミサイルをキューバに設置した。1960年代前半、米国民及び世界の人々は前代未聞の核戦争の脅威に直面した。1962年10月ケネディはキューバのミサイルを監視することを公約し、最終的に戦争の脅威を解消することに成功した。

フィデル.カストロは2006年から腸の病気を患い、2008年に弟のラウル.カストロに大統領としての権威を譲渡した。ラウル.カストロは軍隊の指揮官を務め、2011年以来キューバ共産党中央委員会の第一次官も務めている。フィデルは無料の医療及び教育システムを提供したが、政治的自由には閉鎖的側面もあった。カストロ死亡のニュースを受けて最も歓喜した人達はフロリダ州に在住する一部のキューバ人亡命者またはその子孫である。彼らは新カストロ政権に反対していた人達であり、革命の数年前にキューバから移民した両親を持つフロリダ州米国上院議員のマルコ.ルビオもその一人である。フロリダに亡命した一部のキューバ人は、カストロの死を祝福したが、キューバ国民はフィデルの存在がなければ、無料の教育と健康管理の機会はなかったかもしれないとの感謝と不安の思いで9日間の追悼に直面していると言われている。追悼期間、キューバ国民は音楽活動、アルコール、野球を禁止されている。

Image result for images of Fidel Castro, Obama, Trump

1959年1月のキューバ革命時代から55年間、アイゼンハワー、ケネディ、リンドン.ジョンソン、ニクソン、ジェラルド.フォード、ジミー.カーター、ロナルド.レーガン、ジョージH.ブッシュ、ビル.クリントン、ジョージW.ブッシュ10人の大統領は反カストロ政策を維持するか又は友好関係の正常化に成功していない。2009年1月就任したオバマ大統領は2014年12月17日、二国間の拘束者交換をする事でキューバとの正常化を目指す新たな政策を打ち出した。現在、米国は政権交代の移行期に直面しているため、米キューバ二国間の安定した正常化が今後も続くかどうか不明である。次期大統領に選出されたドナルド.トランプは、オバマ大統領が2年間で築いたキューバとの正常化政策を撤廃すると語ったこともある。その場合、ハバナにオープンした米国大使館も閉鎖することになり、貿易を活性化させることで経済向上を目指す多くの企業の努力を破壊することになる。それはトランプの外交政策の公約の一部であったが、彼の公約はほぼ全ての側面で風見鶏的であるため確実に予測することは不可能である。トランプはカストロの死亡に際して、カストロを「残忍な独裁者」と呼んだ。この表現はトランプがフィデルに否定的であることを示唆しているが、キューバは2008年以来、弟のラウル.カストロ政権下で運営されている。

Image result for images of Fidel Castro, Obama, Trump

現在85歳のラウル.カストロはトランプに対する批判を避け、大統領選の勝利祝辞を送った。次期トランプ政権下の一人は昨日、キューバはオバマ大統領が開始した正常化の方向性を継続するためには、顕著な「変化を起こさなければならないだろう」と語った。カストロ兄弟は長い間「アメリカの圧力には屈さない」強い姿勢を維持してきた。キューバが米国と「敵対的な関係に戻る」場合、新たな制裁に直面し、経済成長を停滞させる要因になる。28日トランプは「もしキューバが、キューバ人、キューバ系アメリカ人、及び米国全体のためにもっと良好な取引をする意志がなければ、私は取引を終了する」とのメッセージをツイートした。これは両国間の緊張を促進する要因になり、完全な正常化には長期的時間を要すると表明したオバマ大統領とはニュアンスが異なることを示唆した。しかし、過去にキューバ制裁に違反したことがあるトランプは、ハバナにトランプ名のホテルをオープンするなどのビジネスにも関心を抱いているため、最初にタフな語りで始めているだけの印象もある。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。