アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2017 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for images of Trump and Jill Stein

11月25日から開始したグリーン党の元大統領候補者ジル.スタインが開始したウィスコンシン、ミシンガン、ペンシルベニア州でのリカウントの努力に対して、次期大統領ドナルド.トランプはこれを阻止するため告訴した。トランプ支持者及び共和党弁護士らの抑圧があるため、法廷での争いに発展し複雑化している。スタインは困難に直面しながら諦める様子はなく、寄付金は700万ドル以上に達したが、裁判に発展しているため更に目標額を増加させた。長期的な戦いになりそうなスタインのリカウント努力を「トランプはなぜ恐れているのか」との疑問が提起されている。

スタインは彼女のサイトに進行状況を更新し続け、ウィスコンシン州はリカウント費用を最初の110万ドルから350万ドルに増加したと述べている。3州でリカウントに必要な金額は950万ドル必要であるため、更に寄付を呼びかける一方で 130,000人の少額寄付者に感謝し、先に進むことを宣言している。また、昨日ペンシルベニアでは、リカウントを要求するには様々な規定による困難性があり、ペンシルベニア州の裁判所に要請したが、判事は有権者によるリカウント要請には100万ドルの債券支払が必要であるとし、選挙の正確性と安全性についての疑惑と懸念を公式に聞くことには納得できないとの理由で却下した。困難に直面したスタインは一時的に同州での努力を停止すると公表したが、4日彼女の弁護士はペンシルバニア州全体のリカウントを実施するため、連邦裁判所に緊急救済を申請し「憲法上の理由」に基づき、州全体のリカウントを要求する」と公表した。彼女は引き続きこの戦いを続けることを表明した。

次期大統領ドナルド.トランプ及び彼の同盟はミシガン、ペンシルベニア及びウィスコンシン3州でのリカウントを停止させるため告訴した。トランプの単独訴訟はまだ効力を発揮していないが、ペンシルベニアで共和党弁護士及びトランプは先週末、大統領選の投票に不正または非合法の活動があったとする証拠を明白にしていないため裁判判事に停止を要請した。ミシガン州でも共和党検事総長及びトランプがリカウントを停止するため訴訟を提起し、トランプ支持者は進行中の作業を停止しようとする妨害もあったと報告された。同州ではスタイン陣営は連邦訴訟を含む法的戦いを開始しているため、来週早々からリカウントが開始される可能性がある。ウィスコンシン州でもトランプ支持者の挑戦があるが、州全体の投票のリカウント作業は1日から開始されている。クリントン陣営はリカウント努力に消極的に参加しているが、ほとんど表面化する行動を控えている。

困難に直面しながらもリカウントの努力を諦めないスタインは「有権者のリカウントの要求を抑えるトランプの必死な試みに簡単な疑問を提起します。ドナルド.トランプはなぜ、リカウントを恐れているのですか?」と述べた。彼女の弁護士であるマーク.ブリューワーは、トランプのキャンペーンはリカウントを避けるための「絶望的な試み」をしていると語った。リカウントが期待されている3つの州のうち、ミシガン州でのトランプとクリントンの票差は最も小さい10,704票である。ミシガン州元民主党議長ブリューワーは「私は、この選挙が捏造されたと主張した張本人はトランプ氏であったことを皆に思い出させるでしょう」と語った。リカウント請願署名者の一人はリカウント.モニターとして参加し、スタインが要請した通り、厳密な法学的監査を承認することを選挙当局に期待していると語った。彼は、 投票機の仕組み、プログラムされている方法、投票集計の適切性など、有権者は実際の選挙の仕組みを理解していないことを指摘し「投票システムの目に見えない部分を明らかにする」可能性がある点で、リカウント努力の価値があることを強調した。

なぜ、トランプは「リカウントを恐れているのか?」これは一般的に単純な疑問である。リカウントを阻止する努力は何か新たな事実が発見されることを恐れていることが主な理由であると憶測されている。また、トランプは「私が大統領選に勝利した時のみ、結果を受けいれる」と彼の支持者に語ったため、彼の言動にはダブル.スタンダードがあることを示唆し、論争的である。既に報告されているトランプの不正投票の警告に基づき、これが逆の状況であればトランプ及び彼の支持者は同じことをしていると推定することは自然である。更に、過去30年間トランプは彼の自我が脅かされると常に対抗している歴史があることを多数の記録が証明している。訴訟に対して逆訴訟で対抗している戦略はその顕著な例であるが、巧みなビジネス慣行による詐欺のケースも含め3,500の訴訟を経験している次期大統領の台頭は、米政治史上前代未聞である。いずれにしても、複数の民主党のキャンペーンがロシアにハッキングされた事実が未公開であった場合、及びキャンペーン中トランプ陣営とロシアとの交流があったことをロシア当局が公表していなかった場合、スタインは高度なサイバー攻撃がリカウント動機の主要因であることを明白にすることはなかった。しかし、リカウントの葛藤がここまで緊迫する結果になっていることは皮肉な現状である。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。