アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for images of McConnell , Ryan,Trump

両院議会の共和党リーダーは12日、ロシアが次期大統領ドナルド.トランプの勝利を援助するため米国の選挙に劇的な影響を与えたと公表したCIAの報告に基づき、超党派の調査を実施することに同意した。ロシアのサイバー攻撃は米国大統領選で共和党の候補者を有利にすることが目的であったとのCIAの報告を受けた議会両院の共和党リーダーはそれぞれの思いを公表した。最近、主流派の共和党はトランプの言動に対するジレンマが増加していると言われているが、今年最大の劇的な選挙グローバル.スパイ行為に対する両院共和党リーダーの動きは何を意味しているだろうか?

上院議会多数派のミッチ.マコーネルは12日、次期大統領トランプを勝利させるためロシアがハックに関与したと公表した米国中央情報局(CIA)の報告について、米国の選挙に影響を与えた可能性があるロシアのサイバー攻撃の議会調査を支持すると述べた。ジョン.マケイン及びチャック.シューマーを含む、上院議会両党複数の議員らは調査を強く要請していため、オバマ大統領は先週末「完全な吟味」の報告を要請した。マコーネルは今日、「我々のサイバー.セキュリティ対策に対する外国の違反は明らかに困惑であり、私はそのような努力を強く非難します」と述べ、ロシアのハッキングに強い懸念を表明した。また、選挙前に情報当局のディレクターは情報源及び方法を危険にさらすことなく非機密性の情報として、ロシア政府が政治組織を含む米国の機関及び個人からの電子メールに侵入することを指示したとの声明を発表したと述べた。また、党派的な政治利益のための情報は無責任であり、潜在的に違法であるが、マケイン及びシューマー上院議員に同意すると述べ、「これは単に党派的な問題ではありえません」と語った。更に、情報当局は完全な調査を実施する能力があると述べ、情報調査当局の信頼性を強調し「全ての仮説にアプローチする必要がある」と語った。

下院議会の議長ポール.ライアンは今日、もっと深刻な公的声明文を彼のサイトに提供した。ライアンは冒頭で「我々は、民主的過程を崩壊する全ての国が主催するサイバー攻撃を批判し、強く拒否する必要がある」と述べた。更に、「議会の情報委員会は米国の安全保障及び制度に対する外国政府とテロ組織によるサイバー脅威に熱心に取り組んできた。その重要な仕事は今後も継続され、私の支持がある。私が以前述べた通り、私たちの選挙に外国が介入することは全く受け入れらない。プーチン大統領下で、ロシアは一貫してアメリカの利益を損なう侵略者であるため、ロシアの介入は特に問題である」と明記した。ライアンは、外国の影響から民主主義を守るための重要な調査については、トランプが勝利した選挙結果に疑いを拡散するような論争を慎むことを強調した。

マコーネルは、米国の選挙に外国が介入することは甚だ悩ましいことであると述べ、CIAの報告によるロシアのハンッキングは疑う余地のない事実であることを認めた。総体的な調査が必要であることを示唆したが、党派的な問題ではないことを理解しているマコーネルはトランプの勝利がロシアのサイバー攻撃に直接関連があると彼が個人的に信じているかどうかについては語っていない。また、議会での調査は、全米に公開される通常の上院諜報委員会の公聴会を通して実施するのか、またはドアを閉じた代表者のみの秘密調査を実施するのか明白にしていない。調査を開始することに同意しているメンバー間でも公式にするか閉鎖された調査にするか、その方法についても意見が分かれている。トランプと同様にCIAの報告を信じない一部のメンバーと、調査を支持すると公表したリーダー達との間で論争的な問題に発展する可能性がある。

トランプはキャンペーン中、ロシアがクリントンのメールをハックすることを勧めると公言したこともあるが、引き続きロシアのプーチンが国民に高く支持されている強いリーダーであるとして、尊敬の念を表明している。蓄積された調査の証拠が示唆されているにもかかわらず、彼は繰り返し、米国諜報部の能力を否定する発言をしているため、結果的に両党のプレッシャーに直面することになる。両党のリーダーを含む共和党多数主流派は全てロシアを評価しない。マコーネルは今日「ロシアは私たちの友人ではありません」と述べた。また、トランプの次期政権の閣僚選択または選択の考慮は、多数の主流派に懸念を与えていることも一側面である。例えば、現在トランプが国務長官として考慮している人物はエクソン.モービルのCEOレックス.ティラーソンであるが、ティラーソンはビジネスを通して、ロシアのプーチンと友好的な関係がある人物である。他の側近及び官僚の選択も複数の新ロシア派を選択している。マルコ.ルビオは「ウラジミールの友人であることは、私が国務長官から望んでいる特質ではありません」とツイートした。

ロシア問題に加えて、共和党リーダー及び多数の共和党とトランプは潜在的に統合不可能であることを示唆する違いが顕著である。企業のアウトソーソングに対して厳しい関税を課すことを脅迫するトランプの抑圧的なビジネス政策、大統領の日課である情報当局による要旨説明を拒否するトランプの安全保障に対する真摯性に欠ける姿勢、著しいビジネスへの関心による潜在的な利益相反の露出、権威主義的な側面が示唆される言動など懸念材料が増えている。共和党内の複雑な問題は次期政権下で益々分裂的になる傾向があることを示唆している。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。