アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for Images Trump's International Hotel in DC

昨日全米で開催された選挙人投票後、次期大統領ドナルド.トランプは270の安全圏を確保したと報告されたため、米国45代大統領に就任することは確実である。しかし、1年以内に弾劾または辞職に追い込まれると予測されているが、そのような紛争に直面する兆候は既にある。大統領職を利用して私欲を肥やす行為は憲法違反であるが、その行為は表面化している。トランプ組織に圧力を受けたクウェート大使館は、定期的に利用していたホテルのイベント契約をトランプが大統領選に勝利した後、突然キャンセルし、ワシントンD.Cのトランプ国際ホテルに変更した。他倫理的疑問が提起される同様のケースおよび彼の政策も含め、複数の法律家は利益相反が絡む彼の紛争は前代未聞の規模になる可能性があると指摘している。

クウェート大使館はジョージタウンのフォー.シーズンとして知られるホテルで定期的にイベントを開催していたが、11月8日トランプが大統領選で勝利した後、トランプ組織からトランプ.ホテルでそのイベントを開催するよう強い要請があり、変更したことが報告された。つまり、トランプが勝利した直後、フォー.シーズンでの契約は突然キャンセルされ、同ホテルは重要なビジネスを失った。匿名による情報筋は、大統領が所有するホテルでイベントを開催するように大使に圧力をかけたと伝えた。これは政治的圧力であると批判されている。クウェート大使館は国民の日のイベントを開催するため、初秋フォー.シーズンと契約を結んだが、トランプ.グループのメンバーはクウェート大使セーレム.アル.サバに連絡を取り、そのイベントをトランプがリースおよび改造したトランプのDCホテルに変更するよう促したという。

この動きは「明らかに次期大統領のビジネスの絡み合いにクウェート大使館が好意を得るための努力をしているようであり、トランプの会社は外国政府からの支払いを引き出すため大統領の地位を利用している」ようである。トップ.クラスの法律専門家によれば、後者は違憲であり、最終的には弾劾的な犯罪になる」可能性があると指摘されている。トランプ国際ホテルは一般のホテルより2倍から5倍高いが、ホワイトハウスを訪問する外交官には距離的にも便利である。1月の就任式に参加する一般からの予約は11月の中旬には既に満室であると報告されている。しかし、倫理法の専門家はトランプのビジネス志向は利益相反の潜在的要因であると警告している。バーレーンは先月末、国民の日のレセプションを2016年12月7日に開催するため、新たなワシントンDCのトランプ.ホテルに予約した。法律専門家の一人であるリチャード.ペインターは、大統領のビジネス上の利益相反は前代未聞の規模になる可能性があることを警戒している。

トランプは多数のビジネスを運営しているが、彼の大きな関心は主な収入源であるゴルフ.コースである。20日のNPRによると、マイアミの近くにある広大で贅沢なリゾートであるトランプ.ナショナル.ドラルは大統領及びビジネスマンとして潜在的に利益相反があることを示唆する「良い例」である。トランプは10以上のゴルフ.コースを所有しているが「贅沢なブランド.イメージを強化」しているゴルフ.クラブは「トランプ組織の大きな収益の流れを提供」している。しかし、これらが「利益相反を生み出す」潜在的理由は「大統領として、彼のゴルフ.コースからの収入増加を可能にする環境と労働政策を操作することを可能にする」からである。環境保護庁(EPA)と陸軍工兵隊に権限を与えている「米国の水」と呼ぶ新しい連邦規定は、数千の新しい水路と湿地の水質を守ることを目指している。また「ドラルは最大の歳入源であり、トランプのお気に入りであるように思われる。10月のドラルでの特別キャンペーンで、トランプはマイアミの中心に800エーカーの敷地があることを非常に誇りに思っています。これは凄く成功しています」と自慢した。しかし、オバマ政権の環境保護庁は清浄水保護の規定に基づき、不動産上の肥料および化学物質の規制を課しているため、彼らのビジネスにインパクトあり、ゴルフ.コースの所有者は快く思っていないという。トランプは彼のゴルフ場の利益相反に基づき、この規定を撤廃すると述べている。事実上、トランプはEPAを頻繁に告訴しているオクラホマ州司法長官スコット.プルーリットをEPAの長官として指名した。

Image result for Images Trump's Doral Golf Course

カントリー.クラブやゴルフ場を代表する業界団体であるナショナル.クラブ協会の弁護士ブラッド.スティールは、ゴルフ.コースの景気後退は厳しく、回復は容易ではないため「過去8年間、民間クラブ業界には比較的困難でした」と語った。彼と彼のメンバーが最も懸念している問題は、労働規定の中に残業手当の対象となる労働者数を大幅に増やすことであった。議会共和党およびビジネス.グループに批判されたため、最近連邦裁判官が保留した。トランプ次期政権はビジネスにインパクトがあるこのような規定をターゲットにしている。しかし「規定を改正した場合、トランプのホテル、リゾート、ゴルフ.クラブの従業員の賃金に直接影響が出てくる」ため、「利益相反が存在」する。2014年にトランプのリゾートで10日間のイベントに従事した後、約50人の派遣労働者はトランプ組織を告訴した。当時、代表弁護士であったロッド.ハンナはその時の「労働は残業の組み合わせであったが、最低賃金でさえも支払われておらず、実際に彼らの賃金は全て詰められた。トランプは非常に強硬で攻撃的で守備的な立場を取った」ため、長い訴訟の戦い後に決着したと語った。

元連邦選挙管理委員会の委員長で、現在キャンペーン法律センターの社長であるトレバー.ポッターは、トランプの移行チームは「利益相反の法律は私たち(トランプ政権)には当てはまらないので、利益相反を許されていると主張した」と述べ、「それは紛争がないことを意味するものではない。トランプがゴルフ.コースやホテルを売却し、ブラインド.トラストを設置しない限り、これらの葛藤は残る」と指摘した。30年以上トランプを良く知っている調査ジャーナリストであるデイビッド.ケイ.ジョンストンの書籍は、トランプは生涯、倫理とは縁のない生き方をしているため、大統領就任後も同じ人間であり、その傾向は続くこと伝えている。トランプはキャンペーンで、彼の支持者に「私がビジネスに関心があることは知っているでしょう」と述べているため、大統領職とビジネスを切り離す意志はないことを示唆している。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。