アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2017 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for Images of 2016 Homeless in California

米国住宅都市開発省が今年11月米国議会に公表した2016年の年次報告書によると、2015年から2016年にホームレスが増加した州は13州であり、低下した州は34である。2016年に最もホームレス数が多い5州及び最も低い5州も判明した。総体的に過去9年間で米国のホームレスは減少傾向を維持している。

連邦政府は毎年11月に米国のホームレス状況を議会に報告する。今年の主な調査の要点は ⑴2016年に全米で一晩のホームレスを経験した人口は549,928 であり、68%の人々は過渡的住宅プログラムである緊急避難所に滞在し、32%は野外で過ごした。これらのホームレス人口層のうち60%( 330,890 )は男性、40% (217,268 )は女性、 1%以下( 1,770)は性転換者である。⑵ ホームレスを経験した1/5または22%は子供であり、69%は24歳以上の成人、9%は18歳から24歳までの世代である。⑶ 2015年から2016年にホームレスを経験した人口は3%減少し、完全に避難所に滞在した人々も5%減少したが、野外に滞在したホームレスは2%増加した。⑷ 個人が慢性的にホームレスを経験する率は2010年から2016年の期間に約28,600人(27%)減少した。

⑸ 2006年 1月、特に夜ホームレスを経験した77,000人の個人は慢性的なホームレスの人々である。その2/3は避難所ではなく、歩道に滞在した。⑹ 2016年1月にホームレスを経験した195,000の人々は子供連れの家族であり、ホームレス所帯は62,000以下である。これは2010年以来、47,000人以上(または20%)および18,000世帯(23%)が減少したことを意味する。⑺ 2016年には約10,000人の25歳未満の若い両親が子供たちと一緒にホームレスを経験した。それらのほぼ全ての家族(99%)は18歳から24歳までの世代である。⑻ ホームレス経験者を人種別に見ると、驚くことに白人が最も高く265,660 (48%)である。次にアフリカ系アメリカ人は215,177(39%)、5人中1人に匹敵するヒスパニック系は121,299 (22%)、多人種は39,525(約 7%)、原住民インディアンは15,299(3%)、太平洋諸島系は8,734(2%)、アジア系は5,603(1%)である。

2015年から2016年にホームレスが増加した州は13州及びワシントンD.Cである。最大の増加はカリフォルニア州(2,404人)、ワシントン州(1,408 )、ワシントンD.C(1,052 )、コロラド州(597)、オクラホマ州(330)である。最大の増加率があった州はワシントンD.C(14%)、アイダホ州(14%)、デラウェア州(12%)、オクラホマ州(9%)、ワイオミング州(7%)の順である。一方、2007年から2016年にホームレスを経験した人数は34州で減少した。カリフォルニア州(20,844 減)、テキサス州(16,666減)、フロリダ州(14,510減)、ニュージャージー州(8,419減)である。2007年と2016年の間にホームレスを経験した人数は、16州及び特別区のD.C で増加した。最大の増加があった州はニューヨーク(23,751人)、マサチューセッツ(4,481 )、D.C(3,030 )、ハワイ(1,851 )、アイダホ(498)である。

2016年の州毎のホームレス数及び率に関するデーターは下記の通りである。

表1:最も高い5州

州名 人数 野外又は通路
カリフォルニア 66.4 % 118,142 78,390
オレゴン 60.5 % 13,238 8,002
ハワイ 54.4 %    7,921 4,308
ネバダ 53.1 %    7,398 3,927
ミシシッピー 48.9 %    1,738    849

表2:最も低い4州及びワシントンD.C

州名 人数 野外又は通路
ロード.アイランド 3.2 % 1,160    37
ネブラスカ 3.7 % 2,754 101
ワシントンD.C 3.8 % 8,350 318
マサチューセッツ 3.9 % 19,608 760
ニューヨーク 4.2 % 86,352 3,591

2016 年にカリフォルニア州でホームレスを経験した118,142人のうち、66%(78,390人)は避難所がなく、34%(39,752人)は緊急シェルター、過渡的住宅プログラム、または安全な避難所に滞在した。又、ホームレスの最も低い州であるニューヨーク、マサチューセッツ、ネブラスカ州及びワシントンD.Cで4%、ロード.アイランドで3%の人々は避難所がなく野外又は通路で過ごした。結論として、米国のホームレスは2007年には647,258人であったが、低下傾向を維持し、2016年には549.928人まで減少した。更に、慢性的ホームレスは2007年の119.813から2016年には77,486人に減少した。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。