アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for Images of 115 Congress

3日から第115回米国議会がスタートする。この共和党多数派の議会は引き続き、党派的な政策を推し進める可能性が高いため、今年も険しい道のりになる。つまり、労働者、中産階級、少数派を圧迫するほぼ全ての共和党の政策を阻止する民主党の決意は記録的に強固であるため、喧騒的な議会になることは明白である。 選挙キャンペーンで見られた通り、次期大統領ドナルド.トランプは同じ課題に対して極度又は微妙に発言を変えるため、最終的に法案の署名及び拒否権に直面した時、どのように決断するかについては殆ど予測不可能であり、前例には見られない傾向である。

第114議会 第115議会
民主党 共和党 民主党 共和党
上院議席100    46 54 上院議席100     48 52
下院議席434   187 247 下院議席435   194 241

*民主党に参加する無党派2は民主党に加算されている。

第115回議会は2017年1月3日から2019年1月3日までであり、トランプ政権最初の2年間にあたる。2016年総選挙の結果及び第114議会との議席比較は上記表の通りである。民主党は上院及び下院議会で幾分議席を追加したが、引き続き共和党は多数派を維持する。加えて、今回ホワイトハウスも共和党大統領下で支配されるため、ほぼ全ての政策は総体的に国民の意思が反映しない党派的政策が次々に紹介されると予測されている。更に、トランプが選挙中に彼の支持者に公約した政策はほぼ180度転換する可能性があると見られている。

議会開始後、最初に共和党がテーブルに置く政策課題は、オバマ大統領の最大のレガシーであるアフォーダブル.ケア.アクト(ACA)の撤廃である。トランプは、既病歴患者も加入可能な条項及び26歳以下の子供は両親の保険プログラム下で補われている条項を維持することに同意していたが、オバマ大統領がサイバー攻撃により米国の選挙に介入したロシアに対する制裁を公表し、先週35人のロシア人外交官を追放し、大使館を閉鎖した直後、ACAをほとんど破棄すると述べている。ACAの撤廃はトランプの公約の一つであるが、幾つかの取材報告によると、多数の州でトランプ支持者は彼が勝利した場合、ACAの撤廃には署名しないと信じて彼に投票したため、彼らは撤廃を非常に恐れている。2日CNNはケンタッキー州でも同じような有権者がいることを報告したが、多くのアメリカ人はACA下で、無料の避妊薬、乳がん検査、大腸内視鏡検査、コレステロール検査を受けているため、ほぼ全てのアメリカ人に何らかの影響があり、少なくとも2,000万人は医療保険を失うことになる。ACAの撤廃にはフィリバスターを含めて激しい民主党の抵抗に直面するため60票が必要であるが、議会は予算案に便乗させ、ACA関連の税金及びメディケイドの融資を排除することでACAを骨なしにする為、より簡単な方法を採用する可能性もある。オバマ氏は議会開催後の4日、両院の民主党に会い、どのように共和党のACA撤廃を防ぐかについて論議を行う予定である。

ACAの撤廃に加えて、共和党が早急に実施することは昨年2月に死亡した最高裁のアントニン.スカリア判事の空席を埋めることであるが、上院議会は昨年、オバマ大統領の指名判事メリック.ガーランドの任命プロセスを放棄した為、11か月間空席になっている。憲法修正第2条に基づき、大統領は最高裁判事を指名し、上院が承認する。最高裁決定はもっとも両党を二分する強い影響力のある上院議会最大の特権である。上院議会は大統領が指名した候補者を年齢、性別、人種、健康、税務記録、公布裁定記事などの情報に基づき、憲法の個人的価値観を吟味する。その後、上院議会で最終承認を得るため60票を必要とするクローチャー投票を行う。従って、ガーランド判事の公聴会さえ拒否した上院議員共和党リーダーのミッチ.マコーネルに対する民主党の報復が予期されるため、トランプ大統領の指名に民主党が全員反対する場合、共和党多数派の115回議会は険しい見通しである。

次に上院議会は、トランプ大統領が指名した彼の政権の閣僚を公式に承認しなくてはならないが、民主党は既に多数の候補者に対する承認を拒否している。従って、民主党はトランプが指名した候補者に会うことを拒否している。2日のCNNによると、民主党は国務省、司法省、エネルギー省、教育省、保健福祉省、労働省の長官に指名された個人を含む8人をターゲットにしている。トランプの指名候補者との個人的面談を引き延ばし、または委員会での公聴会をキャンセルし、最終的に確定する投票も二ヶ月以上引き延ばす戦略を行使するようである。しかし、最終決定の投票には過半数の51票を必要とするだけである。候補者が彼らの個人的背景及び納税申告を含む財務記録を提供しない限り、任命プロセスに参加しないと警告している。これは納税申告書を提出していないトランプの倫理違反に対する皮肉な因果であることを示唆している。早急に承認プロセスを終わらせることを望んでいる共和党の思う通りにはならないと予測されている。

その他、企業税の著しい削減を含む税制改革、多数の規制廃止、プランズ.ペーレンフッズの融資削減を含む予算編成、高齢者及び低所得者を援助するメディケア及びメディケイドを含む多数のプログラムの削減を主張している。これらは、中産階級を援助することを公約したトランプのアピールとは逆路線である。議会共和党は党派に関係なく、多くの共和党有権者も長年恩恵を受けてきた政策を除去し、共和党は保守派政策を全面的に打ち出すると主張している。このような保守派運動の台頭は米国だけでなく、ドイツやフランスを含めてヨーロッパ諸国でも見られるグローバル的風潮である。2016年の大統領選結果は、米国民の政治思考が変わり、保守派運動が再度台頭したことを示唆した。トランプ次期大統領は、中産階級とリベラル派に反して富裕層と保守派にアピールする国内政策、カリスマ性に反して世俗的な性格的側面、同盟国の重視に反して孤立性を強調する外交政策、熟慮及び慎重な言動に反して直感的及び型破り的なリーダーであり、全ての側面でオバマ大統領に比較し180度対照的な大統領になる可能性がある。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。