アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2017 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for Images of Trump and Ryan

米国には議会倫理局(OCE) と呼ばれる議会メンバーの倫理性を監視する独立した組織が存在する。この組織は常に国民を代表する議員が倫理規定に違反する行動を取っていないかどうかを監視する。下院共和党は昨夜ドアの裏側で、OCEの権力を弱体化するため下院議会の支配下に置くことを協議し投票した。しかし、外部組織の激しい反対に直面し、彼らは 24時間以内にこの計画を断念した。次期大統領ドナルド.トランプは、OCEの権限を弱体化することを共和党に提案していながら、議会はもっと優先するべき課題があるとツイートで批判した。これは第115回議会の初日から下院多数派リーダーのポール.ライアンを含む共和党と次期大統領との間で不誠実な政治ゲームがあった事を示唆し、国民にその恥を暴露した。

The Office of Congressional Ethics(OCE)は2008年3月に設立された議会に対する最初のウォッチドッグ組織であり、倫理法および倫理調査の専門知識を持つ弁護士および専門家による市民で構成されている。倫理的行動の高い基準を守り、アメリカの人々に奉仕するため、米国下院議員、役員、職員に対する不正行為の疑いを調査し、その結果によって下院倫理委員会に問題を提起する独立した非党派組織である。また、OCEは議員に倫理上の問題が発見された場合、一般に公表することを規定し、そのメンバーは連邦議会または連邦政府の職に就くことを禁止されている。

この組織が如何に重要であるかは、OCEのHPが明白にしているが、3日のロイターによると「下院代表の共和党は月曜日その倫理ウォッチドッグはあまりにも差し出がましいとの理由で弱体化することに同意」した。民主党は、新たな立法会議に先立って共和党が独立した倫理ウォッチドッグの監督を低下させる試みを批判し、下院議会共和党はOCEを支配することで議員に多大な権利を与えるため昨日秘密の協議を行ったことを指摘した。この計画に同意した下院議長ライアンは、投票後もOCEは「引き続き独自に運営します」と述べ、「局はまだ一般からの不正行為の苦情を受けることを予期しており、依然として徹底的に調査します」と語った。下院多数派リーダーであるカリフォルニア出身のケビン.マッカーシーは OCEを変えるための法律に取り組む適切な時ではないと指摘し「両院両党が同時に取り組むべきである」と述べた。彼はMSNBCのインタビューで、「現時点でこれに真っ向から反対しているのは事実です」と語った。

トランプ次期大統領は「独立した倫理局の権限を抑止することを提案するため同僚の共和党員に呼びかけ」、OCEは「不公平」であるとの苦情を漏らした。しかし、トランプは「議会が取り組まなければならない全てのことで、不公平である独立した倫理ウォッチドッグを本当に弱体化する必要があるのか、たぶん、彼らの第一の行動と優先事項であるかもしれない。税制改革、ヘルスケア、及びその他もっと重要なことに集中しなさい。DTS(金持ちのエリートを一掃する)などに重点を置くべきだ」と2つの連続したツイートを投稿した。投票後に突然、下院共和党がこの計画を断念した最大の要因はOCEを含め10以上のウォッチドッグ組織及び他の共和党議員らが下院共和党の計画を熾烈に反対したことである。加えて、トランプのツイートでの批判により共和党はその計画を停止したと複数の主要メディアは伝えている。

3 日のCNNの記者は「この迅速な展開は、彼の大統領の権力を統治し振り回すため、トランプが如何に計画するかを示した最初の兆候であり、彼の意思に反応するワシントンを屈服するため彼のツィーター.アカウントを利用し、議会とホワイトハウス間に新たな権力的動力がある早期の徴候がある」と指摘した。3日のワシントン.ポストによると、ノース.キャロライナ州の米国下院共和党議員ウォルター.ジョーンズは、OCEの弱体化が提案され、それが突然変更された驚きと怒りを表明し「私は地区の事務所とここワシントンで、私が受けた電話の数の意味について驚いていることを話すことができます」と述べ、「人々は嫌気がさしています。人々はワシントンでの倫理と誠実性の欠如に対する自信を失い始めています」と語った。

下院共和党は初日から倫理に関して不誠実であり、OCE弱体化の提案者が他ならぬトランプであるにも関わらず、民主党及びOCEの批判は主に裏ドアの協議に関与した共和党に向けられた。従って、トランプの提案に従った共和党は、ソシャルー.メディアを通して彼らを批判したトランプに操られた印象を米国民に与えた。トランプとライアンの権力闘争があることは以前から懸念されたが、それは意外にも早く表面化したようであり、そのような最初のテストではトランプに軍配が上がったようである。恥ずべき下院共和党と次期大統領との不誠実な政治ゲームがあったことを示唆するこのエピソードは2年後の中間選挙で共和党が必然的に議席を失うことをジョーンズ議員は指摘している。また先月、トランプは大統領就任後もツイッターの利用を止めない意向であると伝えられた。その理由は今日さらに明白になったが、共和党リーダーと共和党大統領間及び党内間の統一は不可能であり、歪な前途であることを示唆した。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。