アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for Images of stem cell and fetal tissues

下院議長ポール.ライアンの主要課題はアフォーダブル.ケア.アクト(ACA)を撤廃することである。彼のその目標は女性の健康問題に取り組むプランズ.ペーレンフッズ(PP)の融資停止に結びついている。ライアンの政策は科学者が重視している胎児組織を利用したワクチンの生産及びステム.セルと呼ばれる幹細胞の研究分野に直接影響を与える。先週ライアンがこの政策を公表した後、科学者はこの政策が一部誤った医学情報に基づいていることを説明した。医療科学の側面から見るライアンのACA撤廃案は何を示唆している?

ライアンは5日、ACAまたはオバマケアを撤廃するプロセスの一環としてPPの融資を停止すると語った。共和党は過去8年間、同じことを繰り返しているが、その理由を科学的に語ったことはない。しかし、小規模の政府運営を目指す共和党の公然たる党派的理由は、負債減少及び予算削減を重視していることである。彼らが語っていない理由は社会保守派が中絶に反対していることである。低所得の女性はACAで拡大されたメディケイドを利用し、避妊及び中絶サービスを受けることが可能である。しかし、キリスト教の根強い米国では1973年にロー対ウェイド裁判で最高裁が中絶を合憲化して以来、この最高裁の決定を覆す社会保守派運動は根強いため、オバマケアの撤廃及びPPの融資停止はそのような社会保守派の圧力を受ける議員の挑戦課題になっている。オバマ政権下で起きた極端な一例は2013年、社会保守派運動を代表した共和党上院議員テッド.クルーズがオバマケアの融資停止を主張し、政府を16日間閉鎖したことである。

2015年夏、中絶に猛反対する宗教グループはPPが利益を生むため胎児組織を販売しているとの改竄ビデオを公開した後、議会共和党は調査を実施し400ページ以上の調査報告書を公開した。複数の調査結果はPPが輸送を含めて医学研究施設への寄付プロセスに負担する経費のみを請求していたものの、胎児組織を販売していないことを明白にした。PPはその議会公聴会後、その経費請求さえ停止している。科学者は、調査報告の中で胎児組織に関して正確に記録されていないと主張し、年間$5億の融資が停止された場合、病気と闘うための研究に多大な影響があることを訴えている。ライアンの公表後、科学者は 胎児組織の事実について、科学誌に公表した。例えば、その報告書の一部に「100年以上の無制限の臨床研究で、ヒトの胎児組織は単一の治療さえ提供できなかった」と述べていることに反論し「現在市販されている幾つかの重要な医薬品は胎児組織を使って作られた」と述べ、その例は「アムジェンのエンブレルは関節リウマチと戦い、ジェネンテックのプルモザイムは嚢胞性線維症の子供が肺を詰まらせる粘液を清浄化することに役立ち、オクタファーマ社のヌウィックは、生命を脅かす出血性疾患である血友病の男児や男性を治療している」と説明した。

また、議会共和党の報告は米国医科大学と他の学会から受理した幾つかの手紙を引用し「現代のワクチン生産にはヒトの胎児組織が使用されていることを示唆している。現実的には、米国で現在認可されている75種のワクチン製剤のうち、ヒトの胎児組織を使用して製造されているものはない」と主張している報告に対して、科学者はすべて米国で認可され現在販売されているワクチンを次の通り紹介した。⑴ サノフィ.パスツールのイモバクス狂犬病ワクチンは、MRC-5細胞で増殖する。それらが1970年代に導入されたとき、ヒト胎児細胞増殖狂犬病ワクチンは、危険で時には致死的な動物組織産生狂犬病ワクチンに取って代わった。⑵ メルク社の水痘と帯状疱疹ワクチンは、MRC-5細胞で増殖する。それらはノース.キャロライナ州の比較的新しい会社の工場で生産されている。両方のワクチンに使用された弱化したオカ.ウイルスは、最初WI-38細胞で弱毒化された。⑶ ペンシルベニア州フィラデルフィアの北西にあるメルク社は米国の乳幼児に与えられる風疹ワクチンを販売している。同社は1979年の発売以来、約7億回分の風疹ワクチンを出荷している。⑷ A型肝炎ワクチンはメルクとグラクソ.スミスクラインの両社が米国で販売している。両社はMRC-5細胞に彼らのワクチンを繁殖させている。⑸ 米国で販売されているサノフィ.パスツールの クワドァセル.ワクチン(ジフテリア、百日咳、破傷風から保護されている)のポリオ成分は、MRC-5細胞で増殖する。⑹ 1970年以来、米軍約1,000万人が呼吸器感染症から保護されているアデノウイルス.ワクチンはWI-38細胞を用いて増殖されている。

科学者はPPへの融資は戦後から特に注目されるようになったワクチン開発、ステム.セルの研究、パーキンソン病などの変性疾患の治療を促進するのに役立っていることを説明しているが、宗教的理由による中絶反対及び予算削減を重視する議会の保守派政策が如何に人類の医療研究の分野に影響を与えるかを示唆している。ステム.セルの医学研究を推進したオバマ大統領の任務はほぼ終焉に近い今日、オバマケア撤廃は最も論争的な課題になっている。しかし、ランド.ポール及びトム.コットンを含む複数の上院共和党議員は、アメリカ医師会と同様に代替え案がなく撤廃することに公然と反対している。また、複数の共和党女性議員は PPの融資停止条項が含まれているライアンのオバマケア撤廃案に同意していないため、上院議会で投票が成功するか不明である。次期大統領トランプはキャンペン中、PPは女性に役立っているため保持すると述べていた。その見解を変えない場合、ライアンの法案が通過しても、彼は大統領として拒否権を発動するはずである。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。