アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for images of inauguration of Trump in 2017

ドナルド.トランプは20日米国第45代大統領に就任する。しかし、就任式の当日まで、移行プロセスの一部をコントロールしている影の人物は現役のオバマ大統領であることを示唆するスケジュールが予定されている。どのような人物が参加し、どのような人々が就任式の参加を拒否しているのか?抗議活動または支持者の規模は?今年は莫大な警戒態勢が敷かれると言われているが、どのようなセキュリティ体制になっているのだろうか?

ABCニュースによると、トランプ就任委員長トラム.バラックは就任式の当日、トランプと彼の妻メラニアはホワイトハウスに招待されている。トランプ夫妻はセレモニーが始まる前にバラク夫妻とともにコーヒーまたは紅茶を飲みながら30分程度一緒に過ごし、そこから就任式に参加する予定になっていると報告し「それは素晴らしい瞬間です」と語った。これは最後の瞬間まで現役大統領がコントロールしている移行権力のバランスを示唆している。トランプは大統領選に勝利した後の11月、初めて大統領に会い、予定を遥かに超過した90分間の会談を行った。ホワイトハウスは、その後両氏は電話で語る機会が多数あったと報告した。トランプはある時点で「相性が合う」と肯定的 に語ったことがあるが、平和的な移行プロセスの重要性を強調し続け、それに努力したオバマ大統領は、長年大統領の米国誕生を否定するバーサー運動を展開したトランプを最初の面会で屈服させる力があったことを示唆した。

この就任式で注目される人物は、6年前大人のオペラを歌いこなし America’s Got Talentのコンテストで優勝した当時10歳のジャッキー.エバンチョである。ジャッキーはピッツバーグ出身で現在まだ16歳であるが、この歴史的イベントで初めてトランプの前で国歌を歌う役目を果たす。彼女は2011年にはフロリダにあるマーア.ラゴ.クラブでトランプと会い、二人が撮影した写真はフェイスブックに掲載された。トランプは多数の芸能人の参加を求めたが、9人の芸術家は拒否した。エルトン.ジョンは「トランプのお気に入り」であるため、トランプの移行チームの一人はジョンが就任式に出演する予定だと述べていたが、ジョンのチームはトランプの就任式は「何の関係もない」ことを明らかにした。セリーヌ.ディオン及びガース.ブルックスは参加しない理由を明白にしていない。ロック.バンドのキスはヨーロツパでのコンサート.ツワーがあるとの理由で「丁寧に拒否」した。モービーはトランプが納税申告書を提出していないことを理由に断った。アンドレア.ボチェッリは 「反動」があるため要請をキャンセルした。デビッド.フォスターはトランプの就任イベントを援助しないため「私は丁寧に辞退した」との声明を発表した。レベッカ.ファーガソンは「要請に関して多くの灰色の領域」があるとの理由で却下した。シャーロット.チャーチはトランプが「暴君だと思う」との理由で拒否した。

オバマ大統領及びミッシェル夫人は当然、トランプの就任式に参加する。加えて、過去の民主党大統領の中でジミー.カーター、ビル.クリントン及び選挙中お互いに熾烈な競争を展開した民主党対抗者のヒラリー.クリントンも参加する。また、最近まで反トランプ派の一人であった前大統領ジョージW.ブッシュも参加するが、彼の父であり92歳のジョージH.W.ブッシュは健康上の理由で参加しないと言われている。また、大多数の民主党は参加するが、ほとんど知名度の低い26人の民主党議員はトランプの就任式をボイコットすることを先週決定した。16日は1929 年1月15日に生まれたマーチン.ルーサ.キングの祝日であるが彼らは今日、公民権運動のリーダーであった米国下院議員ジョン.ルイスを中心に今日キングの夢に反したトランプの言動及びプーチンとの関与に抵抗を表明した。

宗教団体は就任式で重要な役目を果たすが、先月末、 聖徒イエス.キリスト教会(LDS)と呼ばれるモルモン教会はトランプの就任式にモルモン.タバーナカップ合唱団が参加することを決定したため、歌手のジャン.チャンバリンは辞退した。ワシントン.ポストによるとタバーナカップ合唱団のボランティアはジョージH.W.ブッシュ、リチャード.ニクソン、ロナルド.レーガン、リンドン.ジョンソン、ジョージW.ブッシュの就任儀式及びパレードで演奏した。また、LDSの決定に反対し、25,000 以上の人々が嘆願書に署名した。ソルト.レイク.トリビューは有名なグループの歌手であるチャンバリンが 1月、トランプ大統領の就任式に合唱団が登場することを知った後に辞任を決定したと報道した。彼女は「最近の出来事を見ると続けることは出来ない。私は自己尊敬の念で鏡の中の自分を見ることは出来ない」とフェイスブックに投稿した。

重要な関心事は就任式の安全性であるが、トランプの就任式は莫大な警備が配置される。15日のNPRによると、フェンスや磁力計の設置に加えて、28,000人の法執行人員及び7,800人の国家警備隊による厳戒態勢が敷かれる。国土安全保障省(DHS)の長官であるジェイ.ジョンソンは莫大なセキュリティの準備が進められ、多種の警備機関は就任式の前日から就任式の翌日までイベントをモニターするため集合する計画を公表した。ジョンソンによると、セキュリティ当局者は、就任式日の式典に70 万から90万人の観客が出席し、新大統領を支持または反対する集会には99のグループが参加する。DHSは「信憑性のある脅威はないことを知っている」と述べ、バラク.オバマ大統領の就任式典があった 2009年又は2013年に比較して今年は「世界のテロリスト環境は非常に異なる」と語った。法執行機関は自国で成長する暴力的過激主義、過激化した一匹オオカミの単独行動を懸念していると表明した。非政府車の駐車が禁止されている周辺地域では、石や重厚なゴミを積んだトラック、セメントを積んだトラック及びバスなどが要塞として利用される。

20日就任式の前後は連続的に多数のイベントが予定されているため、ワシントンD.Cは混雑が予測される。19日には大統領及び副大統領に就任するトランプとマイク.ペンスはD.Cに隣接するアーリントン国立墓地で無名兵士の墓に花輪を飾る予定である。就任式のパレードは議事堂からホワイトハウスの距離までであり、路肩でパレードを見る群衆の数は不明である。パレードには高校または短大の学生バンド、現役及び退役軍人、騎兵隊、警察官、バイク.グループ、ボーイ.スカウトなどが参加する。トランプは議事堂に集まった大衆の前で45代大統領としての就任スピーチを披露する。トランプに抗議するグループで、既に計画を公表している組織の一つは歴史的な行進を行う20万以上の参加者が見込まれている女性達である。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。