アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for Images of President Obama on Jan. 10 2017

オバマ氏が初の混血大統領として選出された2008年11月、世界の人々は米国の人種の寛容さを称賛した。しかし、人種問題が解消することはなくむしろ、オバマ大統領の任期後半からは公民権時代に逆もどりしたかのような人種の緊張が続いた。1月10日にシカゴで開催された。送別のスピーチはエモーショナルな側面があった反面、進歩のために戦い続ける決意を秘めた語りであった。大統領は人種問題について「私が選挙に勝利した後、人種のアメリカは過去のものであったとの話がありました。良い志であるそのようなビジョンは決して現実的ではありませんでした。人種は社会の中で強力であり、しばしば分裂する勢力として残っています」と語った。現在、共和党が撤廃運動を推進している医療保険改正法であるACAも含めて、第44代オバマ大統領の論争的な内外政策もレガシーである。加えて、最も顕著な大統領としての人間性、個性、品性、知性は、特に豊かなレトリック調、哲学風、説得調、ユーモア、力強いリズムに溢れたその多数のスピーチに凝縮されている。以下のコレクションは2008年の大統領選から、民主主義がテーマであった送別スピーチの2017年1月10日までの幾つかを抜粋したコレクションとして対訳で紹介しています。続きを読む

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。