アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

2月, 2017 のアーカイブ

米国不法移民によるカナダへの亡命者増加

Image result for images of asylum seekers arrested at Canadian border

全国的に多くの地域で降雪が見られる2月初旬、カナダへの亡命を求めて、国境に向け不眠不休で歩く人たちがいることが報告された。大半はカナダの国境で警察官に拘束されるか又は目的地に到着した時には凍傷を含む健康上のリスクに直面する場合もある。数年前、中南米から米国の国境付近で逮捕される不法移民がピークに達した時代とは異なる現象が起きている。幼い子供を連れたイスラム系の女性から青年に至るまで大量強制送還を恐れ、カナダへの亡命を求めている人々が増えている。これはトランプ新政権下で見られる新たな現象である。 (さらに…)

2017年のアカデミー賞:ハリウッド史上劇的な人種多様性

Related image

26日の第89回アカデミー賞は極めて稀なミスがあり、最優秀映画にラ.ラ.ランドが発表された後に実際のオスカーに輝いた映画はムーンライトであると訂正された劇的な瞬間があった。今年は長年のパターンを破り、多数の黒人がほぼ全てのカテゴリーにノミネートされた為、ハリウッド史上最も進歩的な人種多様性があったことを示唆した。その観点から2017年のアカデミー賞はハリウッド史上、前代未聞の画期的且つ歴史的な礎となる要素がある。 (さらに…)

独裁政治始まりの兆候?

Related image

ドナルド.トランプ大統領は約10日前、具体的に主要メディアである幾つかのニュース機関の名前を挙げ、それらはフェイク.ニュースであるとツイートした為、上院米国議員の共和党古参ジョン.マケインはメディアに対する弾圧は独裁政治の始まりであると述べた。事実メディアを制限する独裁的兆候がないとは言えない状況である。トランプ氏は保守政治活動協議会(CPAC)で再度「メディアはアメリカ人の敵である」と述べたため、メディアとの戦争になっている。なぜ、トランプ氏はメディアがフェィク.ニュースであると執拗にアピールするのか? (さらに…)

なぜ米国は深く分裂しているのか?

Image result for images of Steven Bannon and Miller

ドナルド.トランプ大統領の台頭において、米国は益々分裂する可能性があると懸念された。昨年選挙前、米国民は総体的に誰が大統領に選出されても、分裂傾向の米国を向上させることは不可能であると予測された。一方、トランプ氏の大多数の支持者は彼が国を統一すると信じている傾向があった。しかし、22日に公表された世論調査では米国民の80%は米国が政治的に深く分裂していると感じている。奴隷制度下で多数の南部州が米国合衆国から分離した1860年代の南北戦争の混沌に比較すると、現在の分裂はさほど深刻ではないかもしれない。しかし、近代政治史において、主に政治的分裂は耐え難いレベルに達している。 (さらに…)

トランプ時代の国民の政治意識及び党派所属傾向

Image result for Images of Town Hall Meeting on Feb. 19, 2017

2 月13日から 19日までに実施された本格的な世論調査は米国人の政治的意識を浮き彫りにした。ドナルド.トランプ氏の政策及びトランプ政権が推進している大半の政策は、国民の意思を反映していないことを示唆した。 22日に公表されNBC News/Survey Monkeyによる合同の世論調査によると、回答者の90%は米国生まれの市民であり、驚くことに政党に属していない独立派の米国人が増えていることを示唆した。 (さらに…)

トランプ大統領の最大の敵は副大統領ペンス?

Related image

大統領の日の祝日である20日前後から、ドナルド.トランプ大統領の法外な主張の後始末をするため、副大統領マイク.ペンスはヨーロッパを旅行し、国防総省長官のジェームス.マティスはイラクを訪問した。先月ホワイトハウスを訪問したイギリスの首相テレサ.メイはトランプ氏を英国に招待すると述べたが、英国議会はトランプ氏を招待するべきかどうか前代未聞の白熱する論議を展開した。トランプ氏の言動の異様性に加えて、大統領職に不適格であると警告されたその要因は日々具現化している。大統領が仕事を遂行できないと判断された場合、副大統領は憲法修正第25条4項に基づき、代行大統領として大統領の仕事を継承することが可能である。つまり、トランプ氏にとって最大の敵になり得る人物は副大統領ペンスである。 (さらに…)

長官ケリーが率いるDHS下の移民政策状況

Image result for images of John F. Kelly

ジョン.フランシス.ケリーはドナルド.トランプが大統領に就任した1月20日に承認されたトランプ政権下の国土安全保障省(DHS)長官である。2016年の退職前、オバマ政権下で将軍であったケリー氏はどのような人物か?なぜトランプ氏は彼を選んだのか?彼は現在どのような移民政策を推進しているだろうか? 新政権一ヶ月を迎えた今日、長官ケリーが率いるDHS下で2012年のオバマ前大統領による顕著な移民法の大統領令は存続している。 (さらに…)

カリフォルニアを襲った強力な嵐 (更新)

Image result for Images of storm in S. California

カリフォルニア州は昨年暮から記録的な大雨に見舞われているが、18日強力な嵐が南カリフォルニアを襲った。洪水、土砂崩れ、道路の決壊、強風、停電が発生し、少なくとも5人が死亡したと報告されている。 (さらに…)

トランプ大統領に対する歴史的な支持低下の要因

Image result for Images of Trump and signing executive orders

高い定評で知られる主な複数の世論調査機関によると、数日後には就任1カ月を迎えるドナルド.トランプ大統領に対する国民の支持率は歴史的に低い。トランプ氏に対する信頼度は低く、大半の国民は彼の政策のほぼ全てを支持していないことを示唆している。また、ホワイトハウスの内部は混沌としている状況である為、高官及び閣僚の確保にも問題がある。 (さらに…)

全米で「移民のいない日」のプロテストは何を意味?

Image result for Images of Day Without Immigrants in New York

木曜日の16日、トランプ政権の反移民政策に抗議する大規模なプロテストが全米の各地で開催されている。多数の都市で抗議活動を開始した移民及び活動家は仕事を休み、学生は休学することで「移民のいない日」のスローガンを掲げたプロテストを展開している。米国の移民は経済の血流になっていることを表明することが主な目的である。特定国からの移民の入国を禁止し、長年米国に在住している約1,100万の移民を強制送還した場合、移民が消える日のアメリカは経済的に壊滅的な状況になることを幾つかの経済報告が示唆している。 (さらに…)